■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

【動画】アルミホイールとスチールホイール、どちらが頑丈?油圧プレス機で潰してみたら意外な結果に

更新日:

アルミホイールの派手な壊れ方には度肝を抜かれた

なんでも油圧プレス機で潰してみるユーチューバー、 Hydraulic Press Channel が「アルミ製ホイール」と「スチール製ホイール」とをプレスし、破壊状況を比較した動画が公開に。

一般にアルミは鉄の1/3の比重を持ち、つまり重量が1/3ということになりますが、強度としては鉄に劣るとされています。
よって鉄と同等の強度にまで引き上げようとすると結局のところ重量がそれほど(鉄に比べて)軽くならなかったり、容積が大きくなってしまう、ということもあるようですね。

そこがおそらくポルシェが「オールアルミボディに走らず、鉄を使用したボディを使い続けた」理由なのだと思いますが、この動画では「鉄とアルミ」の性質差がよく現れているように思います。

鉄とアルミ、どっちがどっち?

動画ではまずアルミホイールを「縦に」押しつぶしてゆき、約20トンの力がかかったところでスポークがバッキンと折れることに。

wheel5

対して鉄製ホイールでは力をかけてゆくと「折れる」のではなく徐々に変形。
変形し始めるときの圧力は約10トンくらい。

wheel3

そして今度はホイールを寝かした状態で圧力をかけますが、これもアルミホイールだと一定のところでバッカン!とすごい音を立ててスポークが折れ、その衝撃でホイールとタイヤがバウンドするほど。

wheel2

一方で鉄製ホイールはやはり折れることはなく、静かに、かつ「ぺしゃんこに」潰れるという感じ。

wheel

この動画を見るに、アルミホイールは「硬く」、かなり高いところまで圧力に耐えることができるものの、それを超えると一気に破断してしまう、という印象。

逆にスチールホイールは「柔らかく」、衝撃が加わっても折れることはなく、かつ衝撃を吸収して変形する、という感じですね。

つまり双方で全く性質が異なり、場合によってはアルミホイールのほうがいいとも言えますし、その逆もまた然り。

オールアルミボディのパイオニアたるアウディが「オールアルミからスチールとの複合ボディに」戻ってきていることを考えると、近年ではなんでもかんでもアルミではなく「適材適所」的な考え方が主流になっており、それぞれの特性を活かすための研究も進んできていると考えられ、鉄やアルミに配合する金属によっても「期待通りの」効果を得られるようになっているのでしょうね。

それでは動画を見てみよう

こちらがアルミと鉄、それぞれで意外にも異なる壊れ方をするということが分かる動画、「STEEL Vs. ALLOY WHEELS Which One Is Stronger? Hydraulic Press Test!」。

VIA:Hydraulic Press Channel

関連投稿

ブレーキをかけたままで車輪を回し続けるとどうなる→ブレーキシステムが爆発するまでの実験動画

「やってみた」系、かつエクストリーム系動画に「ブレーキ」が登場。
車をジャッキアップした状態でタイヤを外し、ブレーキをかけながら思いっきり車軸を回転させるというものです。
高回転で連続してブレーキローターに摩擦を加えることになりますが、ローターが爆発するまで実験を続けていますね。

実験車両はフォード・フィエスタ、FFなのでフロントをジャッキアップして実験。
そのままブレーキをかけながらガンガン車軸を回す(アクセルをふかす)わけですが、まずはブレーキパッドが発火し煙、そして炎が出てきます。
その時点でブレーキローターもレーシングカーばりに真っ赤になっていますが、意外とこの状態でもローターは耐えており、さすがに「壊れてはいけない」部分だけに頑丈にできていますね。

それでもローターは耐えきれずに一箇所が破断し、その連鎖反応で大爆発状態。
動画ではスローモーションも収録されており、その破壊の瞬間を確認することができます。
実際にこれと同じ状況(ブレーキかけっぱなしの高速運転)はないと思いますが、「もしも」のときを考えると恐ろしくなる動画です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5