>テスラ(TESLA)

テスラ・モデルXにカーボン製ワイドボディキットを装着。内外装は「ブラック×オレンジ」で統一

投稿日:2019/03/22 更新日:

テスラはカスタムするとここまで格好良くなる

テスラのチューン&カスタムが得意な「Tスポーツライン(T Sportline)」がその最新作を公開。

これはテスラ・モデルX P100Dをベースにワイドボディキット「T Largo」を装着したもので、そのオーバーフェンダーは「片側5センチプラス」。
キットそのものにはオーバーフェンダーの他にフロントエプロン、バンパー、サイドスカート、リアディフューザー、リアウイングが含まれ、それらはすべてカーボンファイバー製。

内外装は「ブラック×オレンジ」

今回発表されたテスラ・モデルXのテーマは「ブラック×オレンジ」。
ホイールも22インチサイズのサテンブラック仕上げとなり、もともとボディに付与されるメッキパーツやモールもオールブラックへ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

フロントのテスラエンブレム(T)もブラックに。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ブレーキキャリパーはオレンジ。

写真の説明はありません。

インテリアはこんな感じでブラック×オレンジ。
エクステリアとは逆に、オレンジの面積が大きくなっています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ステアリングホイールなど内装パーツのいくつかはカーボン製に。

写真の説明はありません。

シート下部もカーボンファイバー製。
相当数のパーツがカーボン製へと変更され、かなりなコストがかかっていることがわかります。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

センターコンソールもカーボン製。

写真の説明はありません。

リアの「P100D」エンブレムもオレンジとブラックに。

写真の説明はありません。

「T スポーツライン」はほかにこんなカスタムを手がけている

Tスポーツラインはこれまでにもいくつかそのカスタムを披露していますが、いずれもカスタムレベルは非常に高いのが特徴。

これらはすべて「顧客の要望にしたがって」カスタムしたとのことですが、その仕様は「無限大」であるようですね。

こちらは内外装共「スーパーマン仕様」へとカスタムしたモデルS。
外装だとモールやエンブレムなど細かいところまで、内装だと「総張り替え」といったレベルです。

【動画】テスラ・モデルS「スーパーマン仕様」登場!内外装をフルカスタム

そしてこちらはブラック×ホワイトのシンプルな仕様。

テスラはもはやその販売規模がポルシェと同程度にまで膨らんでおり、プレミアムカーセグメントではメルセデス・ベンツやBMW、アウディをしのぐほど。

つまり、もはや「珍しい」存在ではなく、これからのテスラオーナーは差別化のために「カスタム」を求める可能性があり、よってTスポーツラインのようなショップは今後重宝されるのかもしれません。

加えてテスラのようなEV(電気自動車)はその走行性能をチューンすることは難しく、その意味でも「弄ろうとすると」モーターやバッテリーではなく、内外装の「見た目」カスタムへと矛先が向くのでしょうね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5