>パガーニ(PAGANI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

パガーニが新型車を開発中。とても公道走行できなさそうなレーシングカーっぽいルックスを持ち、しかしナンバーは取得済み

更新日:

このリヤディフューザーは自動車史上例を見ない

先日目撃された「パガーニ・ウアイラBCのもっと過激なバージョン」ですが、今回は鮮明な画像にて捉えられることに。

この画像を見ると、ドアミラーやランプを除く「ほぼ全て」のボディパーツがアップデートされているようにも見えます。

リアから見ると最初に目を引くのは巨大な、そしてレーシングカーばりのリアディフューザー。
さらには巨大なリアウイングに加えシャークフィン、ルーフにはシュノーケルも装着されているようですね(テールランプの上にもフラップが追加され、サイドステップ形状も変更に)。

「ウアイラBC」よりも過激なのは間違いない

なお、パガーニはウアイラのハードコアモデル「BC」」をすでに投入。
これはエンジン出力を60馬力アップの789馬力に、そして重量はマイナス132キロ軽量化し1320キロにまでダイエットした過激マシン。

そのほか足回りの変更、トランスミッションの変速スピードを40%速めるなど「考えうる限りの」走りに関する改造を施したモデルであり、3億7000万円という価格にもかかわらず、生産予定台数全て(20台)を一瞬で売り切ってしまったという伝説を持っています。

そして今回目撃された謎のプロトタイプですが、そのエアロパッケージからしてウアイラBCよりも過激なエアロパーツを持ち、更に高いパフォーマンスを誇るのは間違いなさそう。

このプロトタイプが一体何なのかは不明で、考えられるのは個人の「オーダー」による特別仕様車、もしくはル・マンに新設される「ハイパーカー専用」のGTPクラス参戦用車両あたり。

突出したフロントリップ、日常の使用に間違いなく支障をきたすであろうリアディフューザーを見るに「公道走行できない」つまりサーキット専用モデルだとも想像できるものの、テスト用に一応ナンバーは取得しているようで、もし実際に発売される車両も「公道走行可能」であれば、メルセデス・ベンツCLK-GTR、ポルシェ911GT1、アポロ・インテンサ・エモツィオーネと並び、自動車史上もっとも過激なロードカーと呼ばれることになりそうですね。

しかしながら現時点ではパガーニから何のアナウンスもないので「発表まで待つ以外には無い」というのが実情でもあり、「もしかすると」3月のジュネーブ・モーターショーにて何らかの発表があるのかも。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、画像を見るとブレーキキャリパーはブレンボの開発した「新型(従来のブレーキキャリパーに比べて8%軽い)」を装着しているようですね。

View this post on Instagram

THE NEW BEAST!! ?????

On instagram only car.....さん(@iuri.giova)がシェアした投稿 -

VIA:iuri.giova-instagram

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->パガーニ(PAGANI), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5