>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

投稿日:

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装

世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。
これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。

そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。

このボディカラーは世界にたった一台のみ

このブガッティ・シロンの大きな特徴は「ボディカラー」。
特殊なパウダーを使用して「ラメ」のような輝きを演出していますが、これはこのシロンのオーナーさんの友人が開発されたとのことで、そしてオーナーさんはブガッティ本社にこのパウダーを持ち込んで塗装を依頼し、ブガッティはそれに見事応えた、とのこと。

写真の説明はありません。

ブガッティは「芸術性」をそのブランドのコアバリューに掲げていますが、まさにこれは芸術品だと言って差支えのない仕様ですね。

スーパーカーブロンディさんも「ダイヤモンドの粉を混ぜた塗料を使用したケーニグセグを見たことがあるが、ここまでの輝きではなく、このシロンの美しい輝きはいったいどうやったら出せるのかわからない」とコメント。

ちなみにこのボディカラーは当然ワンオフですが、カラー名はオーナーさんの名が冠された「ヒデト・ブルー」。

多くのスーパーカーメーカーがワンオフカラーに対し、オーダーしたオーナーさんの希望する名称を与えるケースが見られ、米国の実業家であるマイケル・フックス氏の「フックス・イエロー」、日本ではアヴェンタドールやフェラーリF12tdfでお馴染みの「ブロンゾ・マサル」有名どころ。

さらにこのブガッティ・シロンには数々の特別仕様が見られ、ドアミラーにはフレンチトリコロール。

写真の説明はありません。

リアウイングの裏は内装色と同じオレンジで、ブガッティ創業者であるエットーレ・ブガッティのサイン。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)

ホイールはポリッシュ、ブレーキキャリパーはオレンジ。

写真の説明はありません。

そしてスーパーカーブロンディさんはシロンの内装もレポート。
オレンジとブラックとのコンビネーションによる美しいインテリアです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、座ってる

その後エンジンを始動させますが、日本語で流れるETCのアナウンス「カードを確認しました」にびっくり。

もちろん冗談ですが、「私がこのシロンの持ち主ではないから、降りろと言っているのかと思ったわ」。
このジョークの背景には、やはり日本=テクノロジーという認識があるのだと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内

その後はアクセルを踏んで、8リッターW16クワッドターボの咆哮を聴かせてくれます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

それでは動画を見てみよう

こちらが「世界で最も高価なペイント」を身にまとうブガッティ・シロンを紹介する動画、「Bugatti Chiron - The World's Most Expensive Paint Job」。

VIA:Supercar Blondie

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5