>ポルシェ・カイエン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連

【動画】ランボルギーニ・ウルス、ポルシェ・カイエン・ターボとの加速勝負。車体とエンジンを共有する血縁対決の行方は?

投稿日:2019/04/10 更新日:

プラットフォーム、エンジンほかドライブトレーン、電装系も共有

ロシアにて開催されたドラッグレースイベントにて、ポルシェ・カイエン・ターボとランボルギーニ・ウルスとの対決。

この二車には共通点があり、ひとつは同じフォルクスワーゲン傘下にあるということ。
そして同じグループに属するということからプラットフォームが同一(MLB Evo)ということ、搭載されるエンジンがポルシェ設計の4リッターV8ツインターボであるということ。

そのほかドライブトレーンの多く、電装系の多くも共通しているということになりますが、これはやはり同じようにフォルクスワーゲングループに属するアウディのQ7、ベントレーではベンテイガもこれらと共有する部分が多数存在することに。

ブランドが違えばチューニングも異なる

ただし、基本設計は同じと言えども各コンポーネントはそれぞれのブランドに合わせてアレンジがなされており、よって性能もそれぞれ異なります。

まずはランボルギーニ・ウルスですが、こちらの4リッターV8ツインターボはランボルギーニの手によって650馬力へ。
これによって0−100キロ加速は3.6秒、最高速度305km/hというスーパーカー並みのパフォーマンスを誇ることになりますが、ランボルギーニいわく、ウルスは「スーパーSUV(SSUV)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、テキスト

一方で対するカイエン・ターボもやはり4リッターV8ツインターボではあるものの、こちらの出力は550馬力(ウルスより100馬力少ない)、0−100キロ加速は4.1秒、そして最高速度は286km/h。

なお、このカイエン・ターボは現時点におけるカイエンのトップグレード。
おそらく今後は「カイエン・ターボS Eハイブリッド」が登場するものと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてここからが動画ですが、両者はハーフマイル(800メートル)を競うことになり、そしてスタート直後からけっこう差が出ることに。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

そしてその差はどんどん広がり・・・

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

とんでもなく差が開いてゴール。
設計が共通していてもここまで差が出るというのはかなりな驚きではありますが、やはり「SUVといえどもランボルギーニはランボルギーニだった」ということですね。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

それでは動画を見てみよう

こちらがランボルギーニ・ウルス、ポルシェ・カイエンターボという血縁対決動画、「650hp Lamborghini Urus vs 550 hp New Porsche Cayenne Turbo. Unlim 500+ highlights.」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ・カイエン関連, >ランボルギーニ・ウルス関連
-, , , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5