>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■そのほか車関連のネタなど

これは朗報?ブレーキダストを減少させる装置を取り付けたVWゴルフがテスト中。試算だとブレーキダストはドイツだけで年1万トンを排出し、環境や人体に影響を与える可能性も

投稿日:2019/05/01 更新日:

ぜひブレーキダストの出ないブレーキをどの車にも標準化してほしい

ホイールとブレーキに奇妙なデバイスを装備したフォルクスワーゲン・ゴルフが目撃に。
これはどうやら「ブレーキダストフィルター」を装着し、ブレーキダストを出さないようにする装置とのこと。

これには理由があって、ドイツのフィルターメーカー、MANN+HUMMELによれば、1年間にドイツ中のクルマが発生させているブレーキダストはなんと1万トン。

これまで問題視されなかったのが不思議かも

さらにMANN+HUMMELによると、ブレーキダストは(人体の)肺の中に入り込み、深刻な病を引き起こす可能性もある、としています。

つまりEVは「ゼロエミッション」といいつつも「ブレーキダストを出す」限りはゼロではないということになり(他もタイヤダストなどもありますが)、一部で「ブレーキダストを出さない」、文字通りゼロエミッションへの研究が進んでいるようですね。

そしてこのVWゴルフがその車両ということになりますが、ホイールハウス前後にはダクトテープで固定されたコードが見え、これはセンサーとデータロガーとを繋ぐ配線のようです。

そしてブレーキローター下側に目立たないように装着されているのが「ブレーキダスト回収装置」。
このフィルターはブレーキダストの80%を回収できる、とされています。

ただ、ここでぼくが思うのは、「ブレーキダストがホイールを汚さなくなるのはありがたい」ということと同時に、「バネ下重量が増すので嫌だなあ」「結局このブレーキダスト回収装置内のフィルターも定期交換しないといけないのでメンテナンスコストが増える」ということ。

たしかにブレーキダストは深刻な(健康と美観両方においての)問題であり、これを解決してほしいとは思いますが、であればクルマの性能を同時に向上させたり、根本から「ダストが出ない」方法を考えてもらえるとたいへん助かる、と思うわけですね。

▲ポルシェ718ケイマンのブレーキダストの多さには閉口する

たとえば軽量でブレーキダストが出ず、交換の必要もほとんどないカーボンセラミックディスクの採用はその一案(高価ですが、国が補助金を出してスチールブレーキ並みの価格にしてほしい)。

加えてポルシェが最近開発した、「ブレーキダストの出ない」PSCB(ポルシェ・サーフェス・コーテッド・ブレーキ)の技術を転用したブレーキなどが普及すれば「根本の解決」になるのかもしれません。

VIA:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5