ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

【動画】テスラ・サイバートラックは室内もサイバー!試乗記が続々アップ、ドバイ警察は導入を表明し、路上を走る姿も目撃される

投稿日:2019/11/30 更新日:

| 実際に乗った人の驚きっぷりが凄まじい |

まだまだ発表時の熱狂が収まらないテスラ・サイバートラック。
発表の場では招待客向けの試乗会が開催されたようで、数々の試乗レポート動画が公開されることに。
ただ、自身での運転はできず、テスラ社の人が運転するクルマに乗っての「同乗試乗」であったようですが、乗った人の興奮っぷりたるや凄まじく、やはりそのインパクトの強さは只者ではない、ということも見て取れます。

テスラ・サイバートラックは室内もサイバーだった

テスラ・サイバートラックのインテリアは公式画像にてすでに確認済みではあるものの、動画で見るとその異次元っぷりにはあらためて驚かされます。
これまでの「クルマ」という概念を超越した内装を持っており、まさに「サイバー」。
ダッシュボード中央には大きなモニターがあり、モデルSやモデルX同様にこの画面にて車両の設定を行う模様。
動画では起動画面からサイバートラックのグラフィックが表示される様子も確認可能。
なお、後方確認はデジタルミラーで行うようですね。

a3

ドアはサッシュレス。
ドアハンドルはほかのテスラ車同様にポップアップ式です。

a2

車体後部にかけては「かなり」傾斜が強いようですが、実際に乗ると頭上はかなり広々。

a

荷台の内側はこう。
おそらくはステンレスむき出しなので、けっこう反射があるようです(市販までには改良されると思われる)。

a4

テスラ・サイバートラックはそのデザインが色々と批判されることもありますが、著名カーデザイナーも「最高の仕事だ」と評価。
色々なしがらみがある中で、これだけシンプルで、これだけ思い切ったデザインのクルマを発売するのはデザイナーの夢だ、というコメントも見られます。

ドバイ警察もテスラ・サイバートラック導入を表明

そしてランボルギーニ・アヴェンタドールやポルシェ918スパイダーなど、数々のスーパーカー/ハイパーカーを所有するドバイ警察もサイバートラック導入を表明。

dubai-police-tesla-cybertruck-1-768x512

ドバイ警察はすでに「ロボコップ」を導入しており、ほかにも官庁/民間企業によって無人タクシーや空飛ぶ「エアタクシー」実用化も進めるなど、テクノロジー大好きな地域でもあり、まさにサイバートラックが「ぴったり」。
ただ、サイバートラックの生産は2021年からだと言われており、実際に配備されるのは2022年辺りからになるのかも。

ドバイ警察がロボットポリスカーとロボコップ配備。将来的に身長3メートルのロボットも投入

【動画】製造元はライカン・ハイパースポーツをリリースした「Wモータース」!ドバイ警察がまたスーパーなパトカーを導入したぞ

【まとめ】ランボルギーニ、ブガッティ、ポルシェなどスーパーカーを擁するドバイ警察情報

そのほか、路上を走るテスラ・サイバートラックも目撃。
アメリカでは「(ドア)ミラーレス」は認可されていないと言われますが(例外としての措置はある)、一応登録できているようですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->テスラ(TESLA)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5