>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

【動画】ダメだ、涙が止まらない・・・。VWがビートルと共に歩んだ家族、そしてビートルが天に召される動画を公開

更新日:

| フォルクスワーゲンが「ここまでの思い入れがあるクルマ」を販売終了にするとは |

フォルクスワーゲンは「ビートル」の生産を2019年に終了させていますが、ここで哀愁漂う「さよなら」動画、「ザ・ラスト・マイル(The Last Mile)」を公開。

その内容は一人の男性の人生、そして共に歩んできたビートルに焦点を当てたものですが、あまりにも涙を誘うものであり、ここで紹介してみたいと思います。

さよならフォルクスワーゲン・ビートル。最後の一台が生産を終え、80年の歴史に幕を閉じる

物語はビートルが家にやってきたところから始まる

「一人の男とビートル」の物語は、父親がビートルを購入したところからスタート。
少年はこのビートルをたいそう気に入ります。

c7

そして少年は青年へと成長。
クルマの運転もこのビートルから教わることに。

c6

やがて青年は自立。

c5

ヒッピー文化に傾倒し、そこで知り合った女性と結婚。

c4

子供が生まれて家庭を持ち・・・。

c13

子供も自立。

c12

妻に先立たれ・・・

c20

やがてはビートルも手放したようですが、そこで一台のビートルに遭遇。

c10

そのビートルにかつて自分が乗っていたクルマを重ね、そして色々な思い出がフラッシュバックします。

c19

ここから目線はビートルに移り、窓の外には少年だった頃の自分が。

c9

ビートルは多くの人々の感謝を乗せて走り続けます。

c15

多くの人に見送られ、ビートルは老人のもとへ。

c

そして老人はビートルを「ありがとう」という気持ちと共に送り出します。

c21

さよならビートル・・・。

c14

ふわりと宙に浮くビートル。

c8

ビートルは「かぶと虫」に変化し、羽が生えて天に召されることに。
さよならビートル、また会う日まで!

c

クルマはときにクルマ以上の存在にも

こういった動画を見ると、クルマは単なる移動手段ではなく、それを所有する人々の人生、喜怒哀楽を乗せて走るタイムマシンなのかもしれないと思うことも。
そして近い将来、クルマを「シェア」したり「サブスクリプション」にて乗るのが当たり前になってしまった世界では、こういった「思い出を乗せて走る」乗り物ではなくなってしまうのかもしれません。

なお、VWビートルは「EV」にて復活する可能性が高いということがフォルクワーゲン幹部によって語られています。
多くの人々の人生とともに走ってきたクルマだけに、このままその名を歴史から消し去ってしまうのはあまりにも寂しく、新しい時代、新しい家族に向けての「再登場」を楽しみに待ちたいと思います。

VWビートルがEV、しかも4ドアで復活?「RR→FF→EV」と内容を変えながらも存続する珍しいクルマに

VIA:Volkswagen USA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5