>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】オイオイそんなに飛んで大丈夫か!新型ディフェンダーがあちこちジャンプ、転んでも起き上がって走行する007とのコラボムービー

投稿日:2020/02/18 更新日:

| クルマって思ったよりも頑丈なんだな |

ランドローバーが新型ディフェンダーの新しいプロモーションビデオを公開。
新型ディフェンダーは(役回り不明ながらも)007の新作映画「ノー・タイム・トゥ・ダイ」に登場することが判明しており、ディフェンダー正式発表以前には撮影現場からその姿がリークされたことも。

そして今回は007とのコラボレーションによって「NO TIME TO DIE and LAND ROVER」なるスペシャルコンテンツを公開し、動画も公開した、というワケですね。

ランドローバー・ディフェンダーはあまりにタフだった

動画では最初っから大ジャンプを見せていますが、「オイオイそんな飛んで大丈夫か」というくらい飛んでいます。

a13

動画では「車両は安全のために改造されています」のキャプション。

a12

ジャンプ台までを使用してビョンビョン飛びます(前から見ると猫が飛んでいるかのようだ)。

a11

フロントが重いので頭からズガンと着地しますが・・・

a10

わずかに姿勢を乱すだけでそのままのペースで走行を継続。

a9

動画ではバイクやヘリコプターも登場し、いかにも「007風」。

a8

とにかく飛ぶ!

a6

まだまだ飛ぶ!

a7

無茶をしすぎてバランスを崩し・・・

a5

ゴロンとひっくり返るも・・・

a4

そのまま回転して・・・。

a2

そのまま起き上がって再走行。
とにかく「ヒャッハー」感しかない爽快な動画となっていて、スーパースポーツがサーキットをぶっ飛ばす動画とはまた別の面白さがありますね。
これに限らずランドローバー/レンジローバーはスタント系の動画を多くリリースしていますが、さすが「世界でも珍しい、オフローダー専門の自動車メーカー」だけはある、と思います。

a

現在日本で選べるのはディフェンダー110のみで、価格については「近日公表」。
エンジンは2リッターガソリンのみ、グレードは「ディフェンダー110」「ディフェンダー110S」「ディフェンダー110SE」「ディフェンダー110HSE」の4つ。
本国ではショートボディの「ディフェンダー90」が選択でき、今年か来年にはロングボディの「ディフェンダー130」が追加するとも言われています。

新型ランドローバー・ディフェンダーは本国価格600万円!公開されたコンフィギュレーターで仕様やオプションを確認してみよう

VIA: Land Rover

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5