■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

【動画】これはアリ?ナシ?今度はロレックス・サブマリーナをスケルトン化、さらにベゼルは鍛造カーボンに

投稿日:2020/02/21 更新日:

| 個人的には「アリ」 |

さて、これまでにもロレックス コスモグラフ デイトナ(116508/116520)のダイヤル/ケースバック両面スケルトン化を行ったジュネーブの腕時計カスタムメゾン、「アルティザン・ドゥ・ジュネーブ(Artisan de Geneve)」。
今回はデイトナに続きサブマリーナ・ノンデイト、114060をベースにしたスケルトンカスタム、The Andrea Pirlo Project(アンドレア・ピルロ・プロジェクト)を公開しています。

なお、アンドレア・ピルロ氏は元イタリア代表も務めたサッカー選手ですが、腕時計コレクターとしても知られており、今回自身のお気に入りのロレックスをカスタムしてもらおうとアルティザン・ドゥ・ジュネーブの扉を叩いたということになります。※下の画像はファン・パブロ・モントーヤの依頼によるゴールドデイトナのカスタム

【動画】これは革命か冒涜か?ロレックス・デイトナの「スケルトンダイヤル/裏スケ」カスタムが登場!

ロレックス・サブマリーナ”アンドレア・ピルロ・プロジェクト”はこんな腕時計

そして今回のカスタム・サブマリーナ「アンドレア・ピルロ・プロジェクト」につき、内容としては単なるスケルトン化だけではなく”フルカスタム”。
ケース側面はノーマル状態だと「ポリッシュ」仕上げとなるものの、アンドレア・ピルロ・プロジェクトではリュウズ周辺をポリッシュ、その他の側面をブラシ仕上げを採用。
これによって、アクセサリーや衣類によって傷つきやすかったロレックスの側面が「傷つきにくい」仕様となっています。
加えて、ケースの上面と側面との境界については新たに「面」が設けられ、これはラグに向かって広がってゆく形状となり、もともとのサブマリーナとはずいぶん表情が変化することに。

ag_apit_packshot

ちなみにこちらが加工前。

professional_watches_submariner_mosaic_0002_2400x1100

ケース裏面はサンドブラスト仕様。
このサンドブラストはアルティザン・ドゥ・ジュネーブが好んで採用する手法です。
スクリューバック外周には「FOR ANDREA PIRLO」の文字。

z4

そしてダイヤルはスケルトン化されていますが、インデックスを取り付ける必要があるため外周だけは残されたデザインに。
なお、なるべく「スケルトン面積」を広く取るためか、インデックスは小型化されているようにも見えますね。
インデックス、針にはローズゴールドを採用しています。

ag_apit_dial_closeup

「ROLEX OYSTER PERPETUAL」の文字はサファイアクリスタル製の風防の”裏面から”印刷されている模様。
なお「SUBMARINER」のレターはナシ。

z7

ベゼルはアンドレア・ピルロの指定にてフォージド(鍛造)カーボンが採用。
ロレックスはケースやベゼル素材にカーボンファイバーを使用していませんが、そのぶん新鮮なルックスに。
加えて、各部のサンドブラストやサテン仕上げと相まって、全体的に「マット」に仕上がっています。

z6

ムーブメントは完全にリビルト

今回、アンドレア・ピルロの希望は「完全スケルトン化」。
この実現にあたっては2年の調査を要したそうですが、実際にスケルトン化するに際してアルティザン・ドゥ・ジュネーブはムーブメント(キャリバー3130)を一旦分解しており、スケルトン仕様に耐えうるビジュアルを与えるとともに、各部をカスタム。

z2

ローターには「ARTISANS DE GENEVE SWITZERLAND」、そして「IL MAESTRO 1995-2017(現役にて活躍した年)」の文字が入ります。

ag_apit_movement_closeup

なお、スケルトン化にもかかわらず防水性能は300メートルを維持しており、ロレックス本来の機能は一切阻害していないようですね。

VIA: Artisans de Genève

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5