■映画や音楽、本、ゲームについて ■服や小物、時計、雑貨など

リーボックが「エイリアンの日」本命スニーカー、”USCMバグスタンパー”サプライズ発売!これで気分はスペース海兵隊

投稿日:2020/04/26 更新日:

| ちゃんと植民地海兵隊=US COLONIAL MARINESのロゴ入り |

reebok-alien

さて、4月26日は映画「エイリアン」の日ですが、毎年リーボックはエイリアンにちなんだシューズを発売しています。

このコラボレーションは、リーボックのシューズがエイリアン2の劇中にて登場人物が着用したことに始まりますが、今年の(これまでにアナウンスがあった)コラボモデルは「クラシックレザー・ストンパーシューズ」のみ。

毎年恒例、4/26”エイリアンの日”。今年のリーボックはエイリアンストンパーと過去の名作とのコラボレーション

この記事のもくじ1 | ただし大々的に映画「エイリアン」を推していない |1.1 今度の「ビショップ」モデルは普通に履ける1.2 そのほかリーボックはこんな新作も1.3 こんな記事も読まれています | ...

続きを見る

ちょっと今年のスペシャルモデルはショボいなあと考えていたところ、リーボックがサプライズにて「U.S.C.M. バグ スタンパー / U.S.C.M. Bug Stomper Shoes(25,300円)」を発売開始。

これは「エイリアン2」にて登場したスペース海兵隊のイメージを、同じく劇中にてリプリーが履いていた「ストンパー(スタンパー)」に落とし込んだものだと紹介されています。

スペース海兵隊のインパクトは抜群だった

なお、スペース海兵隊は正確には「植民地海兵隊」と表記されており、英語だと「US COLONIAL MARINES」=USCM。

今回のシューズにもしっかりUSCMのロゴがワッペンにて再現されていて、これはなかなかの出来なんじゃないかと考えています。

劇中だとスペース海兵隊はミリタリーブーツを着用しているので、実際にはこのシューズを履いていたわけではないものの、かなり雰囲気をよく捉えた一足でもありますね。

なお、リーボックに夜説明は下記の通り。

エイリアンへの勝利に貢献したあのシューズが登場。1986年公開のSF大作で使用されていたシューズがインスピレーションに。脱ぎ履きしやすく、素早いシーン展開に対応するアイコニックなストラップを装備。カモフラージュグラフィックと「Bug Stomper」ラベルがオーセンティックであることを証している。アッパーは柔軟なフルグレインレザーを採用。

Reebok

aq

ちなみにエイリアン2の監督は「エイリアン」のリドリー・スコットに代わってジェームズ・キャメロン。

ジェームズ・キャメロンは他にも「ターミネーター/ターミネーター2」「アバター」を撮っていますが、これらを見てもわかるとおり「メカ大好き」。

とくにエイリアン2においては、前作のエイリアンが「心理的な恐怖を煽るホラー」だったのに対して「ガジェットやメカ満載のSF戦争映画」となってしまい、よってローダー含む数々のメカが登場しています(これはこれで悪くはない。ただ、エイリアン2によってオリジナルの持つ世界観が崩れ去った)。

aa

なお、エイリアン2で印象に残るガジェットといえば「パルスライフル」。

いわゆるケースレスガンで、これでバリバリとエイリアンを掃射しまくる様子は快感でしたね。

aliens_fnais9

そのほかニール・ブロムカンプもこういった「メカ」にこだわる監督であり、銃火器類だと「第9地区」にてテスラライフルやガスジェネレーター、グラビティガンといった印象的なガジェットが登場しています(同監督の”エリジウム”にもいっぱい出てきた)。

14683735391d730c8329e2486a59af4947d8976dc2

VIA:Reebok

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5