>ブガッティ(BUGATTI) >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】この人、またブガッティを買ったのか・・・。4台目となるヴェイロンが納車に、そしてマクラーレン・セナは売却

投稿日:2020/06/16 更新日:

| さすがに一人で4台もブガッティを所有する人は珍しい |

アメリカ西海岸在住の富豪にしてカーコレクター、マニー・コシュビン氏。

イランからの移民で、スーパーの床掃除とカート集め係からここまでのし上がったという人物です。

そして同氏は「ブガッティ・シロン・エルメス」のオーナーとして知られており、そのほかにもマンソリーによってカスタムされたワンオフのヴェイロン、そして3台のみが生産されたヴェイロン”レンブラント”のオーナーとしても有名ですね。

【動画】これがブガッティ・シロン”エルメス”の納車風景だ!巨大なエルメスの「オレンジ色の箱」に入って届けられる!

この記事のもくじ1 | 一生忘れられない思い出になりそうだ |1.1 ブガッティ・シロン・エルメスが完成するまではこういった道のりがあった1.2 納車されたブガッティ・シロン・エルメスを見てみよう1. ...

続きを見る

一人でブガッティを4台も所有するのはレアケース

つまり同氏は現在3台のブガッティを持っているということになりますが、今回ここにプラスされたのが「4台目の」ブガッティ。

【動画】「なぜオレがブガッティを3台も持ってるかって?それは・・・」スーパーのモップがけから富豪にのし上がったコレクターが語る!

この記事のもくじ1 | 普通に考えると似たようなクルマを3台持つことは理解し難い |1.1 1台目はマンソリーカスタムのヴェイロン1.2 2台めは3台のみ製造された「レンブラント」1.3 トリを飾るの ...

続きを見る

マニー・コシュビン氏はブガッティを「成功と達成のシンボル」だとみなしており、それこそがブガッティを購入する最大の理由だとしています(そして、それぞれに個性があるために複数台所有する意義がある、とも。このあたりブガッティの戦略が奏功している)。

そして今回購入したヴェイロンはこんな感じ。

2006年モデルでホワイトとブルーの美しい個体です。

6

そしてディーラーでヴェイロンを引き取っていざ自宅へ。

5

すでに3台もブガッティを所有しているので、運転も慣れたもの。

3

自宅に到着。

2

マニー・コシュビン氏が他に所有するブガッティはいずれもワンオフもしくは限定モデルとなっていますが、今回のヴェイロンは「通常ラインアップ」。

加えて走行距離23000キロくらいとけっこう走っている個体ですが、もしかすると「足代わりに、常に乗れるブガッティ」として購入したのかもしれませんね(ほかのブガッティは普段乗るにはあまりに希少すぎる。しかし、これだけブガッティが好きなのであれば、常に乗りたいという気持ちもあるに違いない)。

コレクターには様々なタイプが存在する

世の中には様々なカーコレクターが存在しますが、「様々なブランドの、様々なクルマを集める人」もいれば「同じブランドの、同じクルマばかりを集める人」も。

マニー・コシュビン氏はおよそ後者に該当する人だと見え、というのも所有するブランドが集中していたり、メルセデスSLRマクラーレンばかりを5台も保管しているため。

さらに言えば、自身のコレクションに「同じ色ばかり」を選ぶ人もいますが、同氏はそれぞれのクルマに合ったボディカラーや仕様を選ぶ傾向にあり、クルマやブランドの個性を重視しているように見えます。

【動画】パガーニ、ケーニグセグなど多数のハイパーカーを所有する大富豪。「今日は俺が持っている5台のメルセデスSLRマクラーレンを見てってくれ」

どうやらまだ追加でメルセデス・ベンツSLRマクラーレンを買う気らしい パガーニ・ウアイラ・エルメスを注文したことで一躍その名を知られることになったManny Khoshbin(マニー・コシュビン)氏。 ...

続きを見る

なお、ヴェイロンは現在価値が上昇中だとも報じられており、「今買っておけば、売るときに損をしない」という判断も(今回の購入には)あったのかもしれませんね。

ブガッティの中古相場が急上昇!ヴェイロン、EB110の値上がりが激しくEB110は7.3倍に。その理由、そしてブガッティの戦略的思考を考える

この記事のもくじ1 | そこには綿密な戦略があった |1.1 ブガッティの「新車価格」上昇が中古相場を押し上げる1.2 ブガッティの極端な「高価格戦略」がブガッティのブランド価値を上げた1.3 フェラ ...

続きを見る

ただ、ブガッティはその維持費がとんでもなく高額なことでも知られ、マニー・コシュビン氏いわく「乗らなくても年間500万円くらい(1台で)維持費が必要」。

よって、さらにお金のかかるクルマが増えたということになりますが、得られる楽しみに比較すると「どうってことない」のでしょうね(だからこそ、4台目のブガッティを購入したのだと思う)。

【動画】ブガッティ・ヴェイロンを2台所有するオレが維持費を語るぞ。オイル交換は毎年275万円、タイヤは2年に一回で415万円、ホイール交換は1.6万キロごとに550万円だ

この記事のもくじ1 | スーパーカー/ハイパーカーを維持するのも楽じゃない |1.1 エンジンオイル含む油脂類の交換は年に一度1.2 ヴェイロンはタイヤ交換のみで415万円1.3 そのほか、ハイパーカ ...

続きを見る

それでは動画を見てみよう

まずこちらが、今回マニー・コシュビン氏がブガッティ・ヴェイロンの納車を受ける動画。

これだけサクっと気負いなく、ヴェイロンを引き取って乗って帰る人も珍しい、と思います。

こちらは「なぜマクラーレン・セナを売ったのか」。

同氏はオプションに2800万円も突っ込んだセナをあっさりと売りに出していますが、その理由は「スピードテールが来るから」、そして「セナはサーキット走行にフォーカスしたクルマだが、自分は忙しくてサーキットに行く時間がなく、宝の持ち腐れだから」。

販売金額は明らかにされていないものの(マクラーレンの正規ディーラー経由で販売)、このセナはマールボロ仕様ということもあり、将来に渡って高い価値を発揮しそうですね。

【動画】富豪がマクラーレン・セナのオプションを紹介する。「ドリンクボトルは78万円、サイドのナンバー左右だけで340万円」、総額では2800万円

| ただし車両価格に占める割合だと30%以下 | 先日、カスタムメイドのマクラーレン・セナが納車されたマニー・コシュビン氏。アメリカの起業家にして富豪ですが、今回も引き続きマクラーレン・セナを紹介して ...

続きを見る

VIA:Manny Khoshbin

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), >マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5