■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

【動画】タイヤメーカー12社をまとめてテスト!ミシュラン、ピレリ等一流からノキアン、マキシスといった安価なタイヤまで。どれくらい性能が違うのか?

投稿日:2020/08/10 更新日:

| ミシュランよりもグッドイヤーのほうが性能が高いようだ |

さて、先日はグッドイヤー、ピレリ、ミシュランのハイパフォーマンスタイヤをテストした結果を動画にて公開したユーチューバー、Tyre Reviews

今回は「普通のクルマ向けのタイヤ12種類をピックアップし、ドライやウェット性能など様々な角度からテストを行っています。

その銘柄はBFグッドリッチ、ミシュラン、グッドイヤー、ノキアン、ブリジストン、ハンコック、ユニロイヤル、コンチネンタル、グッドライド、マキシス、ファルケン、そしてピレリ。

【動画】スポーツカーはタイヤが命!ミシュラン、ピレリ、グッドイヤーを同条件にて、複数の状況でテストしランク付け

この記事のもくじ1 | 同一のクルマ、同一の条件でテストを行うのは非常に稀 |1.1 テストに使用したのは2セットづつ1.2 タイヤは車の中でもっとも重要なパーツ1.3 経験上、ボクはミシュラン推し ...

続きを見る

やはり各社とも考え方が違う

なお、先日の「ハイパフォーマンスタイヤ版」では「ドライ重視」「オールマイティ」「一瞬のグリップに優れるがすぐタレる」「安定したグリップを発揮する」等様々な違いがみられましたが、今回の汎用タイヤについてもそれは同じ。

まずは快適性ですが、BGグッドリッチ、ミシュラン、グッドイヤーがトップ3です。

4

反面、ドライ状態のハンドリングだとBFグッドリッチやミシュランは低く、しかしグッドイヤーは「優れる」という結果。

9

ウエットブレーキングだとファルケンが上位。

なお、ファルケンはドライハンドリングに優れるものの快適性はあまり高くないようですね。

8

ウエットハンドリングはマキシス、ノキアンといったちょっと安めのタイヤが上位に。

ちなみに3位はグッドイヤーですが、ここまでグッドイヤーは全項目で上位に入っています。

7

一方でノイズだと、ノキアン、マキシス等安価なタイヤはいまひとつ。

ブリジストン、BFグッドリッチ、ピレリ、グッドイヤーという有名どころが上位を占めています。

ミシュランは「快適性」は高いものの「ノイズ」はさほど小さくはなく、しかし他の項目では「中盤くらい」に位置しているようですね。

6

転がり抵抗だとブリジストン、BFグッドリッチ、グッドイヤー、ミシュランが上位。

今回のテストの結果を見ると、BFグッドリッチ、グッドイヤーのバランスが極めて高く、その次のグループがミシュランとブリジストン、といったイメージです。

5

ぼくの中ではミシュランがダントツ、ブリジストンとグッドイヤーはまあまあ、コンチネンタルはダメダメさんといった印象だったのですが、意外やアメリカ勢のパフォーマンスが高いようです。

1

そして動画の最後では各銘柄について「いいところ」、「そうでないところ」をまとめて評価していますが、やはりグッドイヤーはなかなか良いようですね。

ぼくの718ケイマンはそろそろタイヤ交換の時期ですが、今のところミシュランを選ぼうと考えていて、しかしこういった結果を見ると「グッドイヤーも悪くないな」と思ったりします(718ケイマンだとイーグル F1 ASYMMETRICがポルシェの指定タイヤ)。

ポルシェ718ケイマンのタイヤ交換を考える!認証タイヤ制度がちょっと変わって表記が変更になったようだ

| ポルシェのタイヤ交換には「認証タイヤ」以外の選択肢はない | さて、ポルシェ718ケイマンのタイヤ交換を検討開始。ちょっと前までは「まだまだイケル」と認識していたのですが、タイヤというのはいったん ...

続きを見る

参照: Tyre Reviews

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5