■バイク(自転車/自動二輪) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】なぜ出演したッ!ヴィン・ディーゼルが中国製電動スクーターの広告塔に。実際に見てみるとなかなかに楽しめる

投稿日:

| けっこうよく考えられた、優れた広告動画だと言える |

さて、中国のエレクトリックバイク/スクーターメーカーのYAEDAが(ワイルド・スピードシリーズのドミニク役として知られる)ヴィン・ディーゼルをイメージキャラクターとして起用し話題に。

ヴィン・ディーゼルというと身長182センチ、体重102キロのマッスルな俳優として知られますが、劇中では燃費の悪そうなアメリカンマッスルを駆ることが多く、「マッスルカーに乗るマッスル俳優」というイメージがすっかり定着しています(実際にダッジのCMに出演したこともある)。

ヴィン・ディーゼル=マッスルなイメージを逆手に

そのヴィン・ディーゼルが今回乗っているのは環境に優しい「エレクトリックスクーター」。

もちろんエレクトリックスクーターの宣伝に登場するのでそれ以外の選択肢はないようですが、これはデスメタルバンドがボールド(洗剤)のCMに出演するくらいの違和感がある、と思います。

ただ、今回のYaedaについてはそのイメージをうまく逆手に取ったようで、意外やその動画は面白い仕上がりとなっていて、ここでその内容を見てみましょう。

ヴィン・ディーゼル×エレクトリックスクーターはこんな動画

まず冒頭では、ナイトクラブで歌声を披露するヴィン・ディーゼル。

この時点でもう違和感アリアリですね。

18

しかし動画の中でもヴィン・ディーゼルはなんらかのエージェントという設定のようで、黒服の男たちに狙われます。

19

追撃をかわしてナイトクラブの外に脱出!

17

目の前に逃走手段として用意されていたのは・・・

16

YAEDAのスクーター(ドドン)!

15

安全のためにヘルメットをかぶって・・・。

14

いざ逃走開始するも、それを追う黒塗りのクルマたち。

13

そしてインカムからは別のエージェント(女性)の声が聞こえます。

「どう?新しい乗り物は気に入ったかしら?」

「いや、なんだよコレ・・・」

101

「ヤエダの新しい”G5”よ」

「ヤエダG5?」

10

「そう、ヤエダG5。プレミアムスクーター。スクリーンを見るのはやめて、運転に集中して」

9

こういったやり取りを通じ、さりげなくブランド名や商品名、機能や性格を宣伝しているわけですね(G5にはグラフィカルなディスプレイが備わる)。

6

そして女性エージェントはヴィン・ディーゼルを誘導しながらも、「このスクーターはアメリカやドイツを含む77カ国に輸出されているのよ」とブランドアピール。

7

なんとか逃げるヴィン・ディーゼルですが、クルマとのパワー差はいかんともしがたく、やがては追いつかれて挟み撃ちに。

5

そこでガツンとブレーキをかけてクルマをやり過ごし・・・。

3

急ターンにて進路を反対にとって逃げ切ることに成功。

2

そして無事に女性と合流に成功したヴィン・ディーゼル。

「これ、ブラックはあるのか?」とお気に召した様子です。

1

なお、この動画を作成したのは中国ではなくベトナムのYAEDA法人のようですが、あまり知られていないブランドや製品名を周知させたり、特徴(モニターや加速、制動力や旋回性能)をうまくアピールする秀逸な一本だと思います。

参照: YADEA Vietnam

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■バイク(自転車/自動二輪), ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5