>ポルシェ(Porsche)

【動画】ポルシェ911「サファリ」のルーツ?1989年のコンセプトカー「ポルシェ・パナメリカーナ」はこんなクルマ

投稿日:2020/12/18 更新日:

ポルシェ・パナメリカーナ・コンセプト

| 製作したのは後のアストンマーティンCEO、ウルリッヒ・ベッツ |

さて、ポルシェは先般、「市販されなかったコンセプトカー」15台を公開していますが、それより以前にもいくつか”ワイルドな”コンセプトカーを製作しています。

たとえば「カイエンのオープン」「928のワゴン」「911の4シーター」「1.1リッターのFF」などなど。

ただしぼくが考える「もっとも記憶に残るポルシェのコンセプトカー」というとやはりパナメリカーナであり、今回その細部を紹介したいと思います。

ポルシェの考える「コンセプトカー・ベスト5」。なんとカイエンのオープンモデルが存在

ポルシェ公式の「トップ5」シリーズ、今回は「コンセプトカーのトップ5」が公開に。 これまでにも同シリーズは「いい音を出すポルシェ」「レアな市販車」「マイルストーンとなる車」「ワイルドなリアウイングを持 ...

続きを見る

【動画】え?ポルシェが中国向けに1.1リッター、FFの大衆車を提案したことが?「ポルシェC88」はこんなクルマ

| ポルシェが中国政府からの要望を受け、試作車を製作するもその後プロジェクトはキャンセルに | 「え?ポルシェがこんなコンセプトカーを?」思わずそう言いたくなるほど奇妙なデザインを持つのが「ポルシェC ...

続きを見る

今までポルシェ・パナメリカーナをここまで詳しく解説する動画はなかった

このポルシェ・パナメリカーナは1989年のフランクフルトモーターショーで発表されており、ベースは964世代の911カブリオレ。

エンジンは3.6リッター水平対向6気筒(250馬力)、トランスミッションは5速マニュアル、駆動方式は4WD。

そのパフォーマンスは0-100km/h加速5.8秒、最高速は257km/hだと報じられています。

1

ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェ博士の長男であるフェリー・ポルシェ博士へのプレゼントとして1台、そしてポルシェの保管用として1台が製造されたという記録が残っているようですね。

17

このパナメリカーナ・プロジェクトを牽引したのは後に993世代の911を設計することになったウルリッヒ・ベッツ氏(その後、アストンマーティンCEOに転じている)。

デザインを担当したのはスティーブ・マーケットとハーム・ラガーイ、そして見た目は「911のバギー版」といったところですが、そのスタイルは1950年代に開催されていた耐久レース、「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」に参戦していたポルシェにインスパイアされたものだそう。

8

ポルシェ・パナメリカーナはユニークなデザインを持っている

参考までに、911カレラの「カレラ」はこのレース名から取られていますが、「カレラ」の意味そのものは「レース(スペイン語)」。

そしてちょっと面白いのは、レースを表す「カレラ」が、現在では911のエントリーレベルに用いられているということですね。

41


ボディは非常になめらかなラインを持ち、カーボンファイバーにて成形されています。

ルーフからリアフード、そしてタールランプに至るラインなど「非常にシンプル」。

前後フェンダーの「切り欠き」もこのパナメリカーナ固有のデザインだと言えそうですね(ほかのポルシェのコンセプトモデルには見られない意匠)。

2

テールパイプは(当時としては珍しい)バンパーにインテグレートされる形状。

さらに出っ張り具合も「バンパーとツライチ」です。

6

フロントバンパー、ヘッドライト周辺のラインも非常にシンプル。

レンズ内面は独特の(フロッグスキンのような)テクスチャを持っています。

3.24

ドアハンドルは「フラッシュマウント」。

あらゆる部分がなめらかに作られているようですね。

10

なんとタイヤのトレッドはポルシェ・クレスト(エンブレム)!

たしかにこの時代のコンセプトカーには、こういったエンブレムを模したパターンが採用されることが多かったように思います(メルセデス・ベンツのコンセプトカーにも、タイヤに”ベンツマーク”を採用したものがあった)。

9

ルーフはなんと「ジッパー開閉」

驚くべきは、このパナメリカーナのルーフはジッパーにて開閉されるということ。

しかもジッパーラインはパープルです。

12

ルーフを開くとこう。

4

ビニール製のリアウインドウも取り外すと「フルオープン」。

見ての通り、ポルシェ・パナメリカーナは2シーターです。

7

インテリアのカラーは「グリーンをベースにパープルアクセント」。

51

ただし面白いことに、グリーン地の部分にもパープルが散りばめられています。

11

内外装には一部のスキもなく、相当なこだわりそして情熱をもって作られているであろうことがわかります。

020-12-12 8.52.40

ここ最近、ポルシェは「車高をあげた911」、通称ポルシェ911サファリをテスト中ですが、このパナメリカーナはその「はしり」とも言えそうなクルマですね。

ポルシェ911サファリのプロトタイプ
ポルシェは本気で「911サファリ」の発売を?樹脂製フェンダーアーチ、専用ウイングを持つ謎の試作車がABS動作をテスト中

| その外観はほぼ最終形に近いと思われる | さて、先日目撃されて方方に衝撃を与えた「ポルシェ911サファリ」のプロトタイプ。今回はさらに偽装が薄くなり、(おそらくは)市販モデルに近いと思われる試作車 ...

続きを見る

参照: That Nine Eleven Guy

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5