>ポルシェ(Porsche)

1980年のル・マンで2位を記録したポルシェ935 JLP-2が競売に!価格は2.2億なるもポルシェのモータースポーツ史を共有できるなら高くはない

投稿日:2021/01/22 更新日:

ポルシェ935JLPがオークションに登場

| このポルシェ935 JLP-2は数々の名ドライバーが運転してきた |

1980年のル・マン24時間レースにて、「クラス2位、総合9位」という輝かしい成績でフィニッシュしたポルシェ935 JLP-2が、RMサザビーズのプライベートセールに登場。

その価格は210万ドル(約2億9000万円)と安くはありませんが、ポルシェのモータースポーツの歴史の一部を共有できるのであれば高い買い物ではないのかもしれません。

ポルシェ935 JLP-2のベースはポルシェ911カレラRSR

このポルシェ935 JLP-2のベースはカレラRSR(930ターボベースもほうが有名かも)で、デビユーイヤーは1976年(グループ5にて)。

ブライアン・レッドマン、ジョン・ポール/ジョン・ポール・ジュニアといった著名ドライバーが搭乗した経歴を持っている、と紹介されています。

porsche-935-JLP (3)

シャシーナンバーは00900043、1994年から1995年にかけてレストアが行われており、見るからに程度は上々。

porsche-935-JLP (2)

935には相当数の(出場するレースごとに)バリエーションが存在しますが、いずれも「ローノーズ」が特徴。

porsche-935-JLP (14)

ただしリアウイングやテール形状は”ぞれぞれ”異なるようで、この935 JLP-2には幅の狭い、独特なリアウイングが装着されています。

porsche-935-JLP (11)

ただしリアフェンダー端にもフラップが設けられ、ダウンフォースに対しては万全の配慮がなされているようですね。

porsche-935-JLP (10)

フロントフェンダーももちろんワイド。

上部は「(直進安定性を向上させるため?)フィン」形状を持っています。

porsche-935-JLP (4)

ポルシェ935 JLP-2のインテリアはこうなっている

こちらはポルシェ935 JLP-2のインテリア。

強固なロールケージがガッチリ組まれます。

porsche-935-JLP (12)

ステアリングホイールはディープコーン。

とにかくあちこちを軽くしようというポルシェの意図が伝わってくる「仕事場」ですね。

現代のレーシングカーとは異なり相当に過酷な環境であったこともわかりますが、これで(ドライバーが交代するとはいえど)24時間を走り切るのはまさに苦行と言えるかもしれません。

porsche-935-JLP (16)

ポルシェはこんなところまで軽量化していた!「超軽量キー/キーシリンダー」

| ポルシェの軽量化に対する情熱は尋常ではなかった | ポルシェがその伝説的レーシングカー、「917K」に採用されるキーを紹介。 ポルシェ曰く「モータースポーツ史上、もっとも含蓄に富んだキー」と表現す ...

続きを見る

シフトレバーは新たに設置されたフレームにてガッチリ組まれます。

porsche-935-JLP (17)

ポルシェ935 JLP-2のエンジンはこうなっている

こちらはこのポルシェ935 JLP-2のエンジン。

ファンのケーシングには薄い(光が透けて見えるほどの)グラスファイバーが用いられ、やはり軽量化に力を入れているということがわかります(ポルシェはレース用車両につき、ボルト一本に至るまで軽量化したという)。

porsche-935-JLP (13)

ポルシェはボルト一本にもここまでこだわっていた!1970年のル・マン優勝の裏にあった開発者の物語

熱膨張率、強度、冷却を考慮した素材の選択から表面のコーティングまで ポルシェがオーナー向け機関誌「クリストフォーラス」にて、1970年のル・マンにて総合優勝を成し遂げたポルシェ917に関する裏話を公開 ...

続きを見る

RMサザビーズによる、ポルシェ935JLP-2の動画はこちら

参照:RM Sotheby's

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f