>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ250GTOの現代公道版「スクアーロ」の概要が公開!英GTOエンジニアリング製、重量1,000kg以下、4リッターV12エンジン搭載

投稿日:2021/04/26 更新日:

フェラーリ250GTOの現代公道版「スクアーロ」の概要が公開

| ここまで進めてもフェラーリが何も言ってこないところを見ると、「黙認」状態? |

英国拠点にて、クラシックフェラーリの整備やレストアを中心に業務を行う”フェラーリ・スペシャリスト”、GTOエンジニアリング。

昨年11月には「プロジェクト・モデナ」と題したフェラーリ250GTO風のレプリカ(ただし現代風にアレンジ)を製造する計画を公表していますが、今回はそのプロジェクトが少し進んだことについて報告を行い、そして新たなる画像をいくつか公開することに。

あわせて、その車名が「スクアーロ(サメ)」となることについても触れています。

フェラーリのスペシャリストが250へのオマージュ、「プロジェクト・モデルナ」を発売予定
フェラーリのスペシャリストが250へのオマージュ、「プロジェクト・モデナ」を発売予定!フェラーリに怒られないかはちょっと心配

この記事のもくじ1 | フェラーリはこういったことにかなり厳しい会社でもある |1.1 プロジェクト・モデルナはこんなクルマ1.2 「250GTO」の名称は使用できるが、その姿をコピーすることは許され ...

続きを見る

搭載されるエンジンは自社製V12

なお、このGTOエンジニアリング「スクアーロ」について、搭載されるのは4リッター・クワッドカムV12。

近年見かけなくなった排気量とシリンダー数との組み合わせですが、それもそのはず、このエンジンは他者からの供給を受けるのではなく「完全自社設計」。

参考までにシャシーも自社の設計によるもので、スチールチューブにアルミとカーボンを組み合わせたもの。

サスペンションは4輪独立懸架、そしてホイールは18インチ。

なお、車体重量は1000kgを切ると言われています。

gto-engineering-squalo-side-view

全体的なプロポーションとシルエットはクラシックフェラーリ、しかしヘッドライトやテールランプなどのディティールは現代風という「生まれながらのレストモッド」ではありますが、今後、メジャーな自動車メーカーがハイパワーなガソリン車を作れなくなる中、今後はGTOエンジニアリングのような小規模ショップやコーチビルダーによる「オリジナル車」という新しい需要が生まれるのかもしれません。

ただ、それでも「自動車メーカー」として認可を受けていない会社や組織が作るクルマは「登録できない」国が殆どで、しかしいくつかの国や地域では「キットカー」という逃げ道もあり、いつの世になっても、こういった需要はなくならないのだろう、と考えています。

gto-engineering-squalo-rear-view (1)

GTOエンジニアリング「スクアーロ」の納車開始は2023年

なお、進捗があったといえどもまだまだ解決せねばならない問題は多く(かなりこだわっているようだ)、エクステリア/インテリア、ホイールやタイヤサプライヤーはこれから決定する、とのこと。

よってまだまだ開発と製造には時間がかかり、そのため納車は2023年以降を予定しているようですね。

gto-engineering-squalo-rear-view

合わせて読みたい、関連投稿

こんなことして大丈夫か!英フェラーリ・スペシャリストが250GTのレプリカを「250SWBリバイバル」として販売開始。なお価格は1億円

| ちゃんとエンブレムまでフェラーリだが | イギリス拠点にて活動を行っているフェラーリのスペシャリスト、「GTOエンジニアリング」。今回なんとフェラーリ250GT SWBベルリネッタ・コンペティツォ ...

続きを見る

【競売】6年の現役活動中「無事故」。最も状態が良いフェラーリ250GTOが「77億円」を記録し史上最高額に

| クラシックカーの落札記録が塗り替えられる | フェラーリ250GTOがオークションにて邦貨換算77億円(7000万ドル)で落札され、クラシックカーにおける「競売での落札価格記録」を更新。 これまで ...

続きを見る

フェラーリ元副社長とフェラーリが「250GTO」の商標で争い、フェラーリが負ける・・・。今後250GTOの名称は誰でも使えるように

この記事のもくじ1 | フェラーリにとっては「触れないほうがいい話題」だった |1.1 当然フェラーリは黙っていなかったが1.2 アレス・デザインが作ろうとしていたのはこんなクルマ1.3 こんな記事も ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5