>テスラ(TESLA)

【動画】米サーキットに驚異的な速さを誇るテスラ・モデルSが出現して話題騒然!どうやらポルシェ918スパイダー並みのタイムで周回した模様

投稿日:2021/05/21 更新日:

米サーキットに驚異的な速さを誇るテスラ・モデルSが出現して話題騒然

| もともとテスラ・モデルSはサーキットにおけるポテンシャルがかなり高いと言われている |

同様に「モデル3」がサーキットでは高いパフォーマンスを見せたことも

さて、数日前から話題となっている、米ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカ(サーキット)にて、とんでもなく速いテスラ・モデルSが出現したというニュース。

これはテスラが(少なくとも)2台のモデルSプロトタイプを持ち込んで同サーキットのラップレコード更新に挑んだというもので、「1分29秒9で周回した可能性が高い」と報じられたものです。

当然ながらEV最速タイムを記録

なお、現時点ではテスラはこれについて公式にコメントを出しておらず、サーキットを走るモデルSもタイムを「手計測で」図ってみたところ1分29秒9だったというところに留まっています。

ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカを走るモデルSは2台で、赤い方の個体はリアウイングが取り付けられたPlaid(プレッド)もしくは1100馬力のププラッド+、ブラックの個体はデュアルモーターもしくはプレッドだと見られています(両方ともドアハンドル等がブラック仕上げとなっており、フェイスリフト後のモデルということがわかる)。

テスラ・モデルS
テスラが新型モデルS/モデルX発表!モデルS「Plaid+」はなんと1100馬力、0-100km/h加速2.1秒!ステアリングホイールはナイトライダー風に

| 大幅アップデートの割に価格は抑えめ | さて、はじめて通期での黒字を記録したテスラ。今回はモデルS、そしてモデルXのアップデート版を公開しています。なお、今回の改良については比較的「濃い」内容とな ...

続きを見る

そしてこの動画を公開したユーチューバー、The Kilowattsによれば、黒いほうの個体ですら1分32秒6というタイムで周回したとのこと。

Tesla-Model-S

ちなみにこれらのタイプは「EV最速」どころかガソリン車含め「世界最速」のタイムでもあり、さらにはスーパーカー含めても上位にランクされる成績です。

参考までに、下記が現時点におけるウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカの市販車ラップタイムランキング。

ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカのラップタイム(ランキング)

  1. マクラーレン・セナ・・・1分27秒78
  2. ポルシェ911GT2RS(991)・・・1分28秒30
  3. ダッジ・ヴァイパーACR・・・1分28秒65
  4. マクラーレン720S・・・1分29秒78
  5. ポルシェ918スパイダー・・・1分29秒89
  6. ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・・・1分30秒00
  7. マクラーレンP1・・・1分30秒71
  8. フェラーリ488GTB・・・1分31秒68
  9. フェラーリF8トリブート・・・1分32秒27
  10. シボレー・コルベットZR7(C7)・・・1分32秒46

なお、自動車メーカーが公式にウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカにアタックすることはほとんどなく、やはりメーカーがじきじきにそのクルマの戦闘力を誇示するために走るのはニュルブルクリンク。

じゃあこれらラグナセカのタイムは何なのということになりますが、これらのほとんどはカーメディア、モータートレンドがテスト中に記録したものだとされています。

よって、これら「カーメディアが広報車で記録したタイム」と、テスラが「メーカーのバックアップのもとに挑戦したタイム」とを単純に比較することはできず(記録として主張してもあまり意味がない)、よってテスラがここで何をしているのかは「ちょっと謎」。

テスラは再びニュルブルクリンクに挑戦?

なお、テスラはかつてニュルブルクリンクにて「7分を切る」と豪語し、数週間かけてニュルブルクリンクへのアタックを繰り返すも、その結果については公式に語られることはなく、つまり「アピールできるだけのタイムが出なかった」のだと思われます。

テスラ・モデルSが非公式ながらニュルにて7:13を記録したとの報道。ポルシェ・タイカンの記録を30秒短縮し、4ドア最速記録を持つジャガーの記録を5秒短縮

| テスラはもともとニュルブルクリンクを走ることを想定していなかったはずだ | テスラ・モデルSが非公式ながら、ニュルブルクリンクにて「7分13秒」のタイムを記録した模様。これはEVエンスージアスト、 ...

続きを見る

今回のラグナセカでの走行については、ここでタイムを出すことが目的ではなく、最終的にニュルブルクリンクにてタイムを出すための調整を行っているのだと考えればまだ納得がゆきますが、テスラは今後激化するEV市場においてそのプレゼンスを高めるため、再びニュルブルクリンクに挑戦するつもりなのかもしれません。

E1Ybk_5VUAIUb3v

もともとテスラのクルマは遅くない(むしろ速い)

なお、ニュルブルクリンクにて「7分」を切ることができなかったとはいえど、モデルSが記録した「7分17秒」とされるタイムでも相当に速く、4ドア最速の名をほしいままにするジャガーXEプロジェクト8の7分18秒361よりも速い数字。

【随時更新】ニュルブルクリンクのラップタイム最新版。ランキング100位までを見てみよう

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮 ニュルブルクリンクのラップタイム「最新版」。このランキングも当初「ベスト50」から始めるも、なんどか更新してゆくにつれ、ついに「ベスト100 ...

続きを見る

さらにモデル3であってもサーキットでは相当な速さ、そしてエルクテスト(ムーステスト)ではスポーツカーを上回る運動性能を見せており、よってテスラのクルマは「サーキットでも相当に速く」、ここは他社のEVとはまったく異なる部分でもありますね(テスラはやはりここをアピールしたいのだと思う)。

【動画】テスラ・モデル3はサーキットでも速かった!ニュルにて並み居るハイパフォーマンスカーをバンバン抜く驚愕の走りを見せる

実際、テスラ・モデル3がここまで速いとは思わなかった テスラ・モデル3がニュルブルクリンクを走行する動画が公開に。動画に登場するのはモデル3「パフォーマンス」で、前後にモーターを搭載する「デュアルモー ...

続きを見る

テスラがウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカにて驚異的な速さを見せる動画はこちら

参照:The Kilowatts

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5