>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■そのほか車関連のネタなど

どうしてこうなった・・・!世にも奇妙なスチームパンク風VWビートルが目撃される

投稿日:2021/06/10 更新日:

どうしてこうなった・・・!世にも奇妙なスチームパンク風VWビートルが目撃される

| アメリカでは、こういった「ゴチャっと」したカスタムを好む人も多いようだ |

そして意外と高い工作スキルを持つ人も多い

日本でのカスタムカーというと「ローダウン+エアロ+ボディカラー同色ペイント+LED」といった感じですが、海の向こう(とくに北米と南米)ではオフロード系カスタム、そしてラットロッド系も多く、しばしば秀逸なカスタムカーがネット上を賑わせています。

このフォルクスワーゲン・ビートルもそんな一台ではあるものの、見事なまでのラットロッドですね。

様々なパーツを取り付けている割には全体的なまとまりがよく、スチームパンク風にも見える、と思います。

そのほかにはこんなカスタムカーも

そしてこれに限らず、世界中には様々な人が様々な想いにてカスタムを行っていますが、こちらはDIY感あふれるカスタム。

DIYによるカスタム、そして失敗については、素材や構造、加工方法等について学ぶのに絶好の機会ではあるものの、やはり自動車は実際に走る乗り物だけあって「予想外の」ことが起きやすく、細心の注意が必要だと思います。

こちらもまたビートルのカスタム。

奇想天外と言える範疇ですが、フロントのブーメラン状の物体から両側のフロントフェンダーにつながるパイプ、ルーフ両サイドの(ルーフの弧に沿った)パイプなど、けっこう高い技術力、美的センスが要求されるところも見受けられますね(見れば見るほど、意外とよくできている)。

リアから見るとこう。

1973年型ジープのホットロッド風カスタム。

細部に至るまで、丁寧にカスタムされているということがわかります。

フォグランプ好きすぎ!

全部点灯させると一瞬でバッテリーが上がりそうですね。

ここまで来ると、もう言葉も出てこないほどのラットロッド。

一過性の流行を追い求めるカスタムも

さすがに最近は見飽きてきた、巨大なマフラー風ゴミバケツに木製リアウイングといったカスタム。

北米ではこのカスタムが一時相当に流行ったようですが、なぜ人気が出たのか、その理由は全く不明です。

ドージコイン風フェラーリ・・・。

一応「デュアルプレーン」?

構造やカラーリングとも、意外と凝っているようにも見えますね。

大きすぎるグリルガード!

こちらはフロントにカセットコンポ。

なんともテキサスっぽいホンダCR-Xデルソル。

いったいどこのメーカーのクルマ?

意外とこの系統のカスタムは少なくないようだ・・・。

あわせて読みたい、奇妙なカスタムカー関連投稿

リアにジェットエンジンのようなものが4基も取り付けられた、スター・ウォーズ風なトヨタ・プリウス
リアにジェットエンジンのようなものが4基も取り付けられた、スター・ウォーズ風なトヨタ・プリウスが目撃される

この記事のもくじ1 | プリウスをスター・ウォーズ風にカスタムする例ははじめて見た |1.1 そのほかにはこんなカスタムカーも1.2 合わせて読みたい、奇っ怪なカスタムカー関連投稿1.3 こんな記事も ...

続きを見る

まさかの「サンダーバード風」カスタムを施した車が登場!あのサンダーバード2号を見事に再現
まさかの「サンダーバード風」カスタムを施した車が登場!あのサンダーバード2号を見事に再現

この記事のもくじ1 | なぜ今までサンダーバード風カスタムが出てこなかったのかが不思議 |1.1 そのほかにはこんなカスタムカーも1.2 合わせて読みたい、奇っ怪なカスタムカー関連投稿1.3 こんな記 ...

続きを見る

参照:Reddit

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5