>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWが新型X3/X4、X3 M/X4 Mを発表!造形はよりシャープでダイナミックに、新型X4 Mにはちょっと心惹かれるぞ

投稿日:

BMWが新型X3/X4、X3 M/X4 Mを発表!造形はよりシャープでダイナミックに

| 新型X4 Mはなかなかにバランスのいいデザインを持つと思う |

新型X3 MとX4 Mの出力は変更なし、ただしトルクが向上して加速も向上

つい先ごろ、BMWはフルモデルチェンジ版となる新型4シリーズ・グランクーペを発表したところですが、間髪入れずに新型X3 M、X4 Mを公開。

ただしこちらはFMCではなくフェイスリフト(マイナーチェンジ)扱いとなるものの、フルモデルチェンジといってもいいほどの外観の変化を持つようです。

ここで機能ともども、その内容を見てみましょう。

BMWが新型4シリーズ・グランクーペ発表!全長は15cmも拡大しドアハンドルはフラッシュマウント
BMWが新型4シリーズ・グランクーペ発表!全長は15cmも拡大しドアハンドルはフラッシュマウント。おなじ「4」といえどクーペとは全く異なる素性を持ちそうだ

| 4シリーズ譲りのスタイリッシュさを持ち、そのユーティリティを大きく向上 | 新型4シリーズ・グランクーペの価格は4シリーズクーペの「ちょっと上」 さて、BMWがフルモデルチェンジ版となる4シリーズ ...

続きを見る

そのデザインは「最新」のBMWデザイン言語へ

まずX4 Mのフロントを見てみると、「キドニーグリルが大きくなり、ヘッドライトが細くなる」という最近のBMWが好んで用いる手法が採用に。

4

何より目を引くのはフロントバンパーの造形で、これまでにないほど「カクカクした」デザインと構造、縦型インテークとU字型モチーフの意匠を持っています(X2のデザインに近い)。

6

サイドから見ると大きな変更はなく、しかし鮮やかなイエローが印象的(M4のイメージカラーと同じ?)。

前後バンパーの「ブラック」部分がサイドからでも伺えるようになったのはひとつのトピックかもしれません。

3

リアバンパーも大きく変更され、両サイド下部には縦型インテークをモチーフにしたと思われるデザインが採用。

2

ナンバープレート周辺の処理も変わり、ブラック部分が拡大しています(テールパイプもブラック)。

7

ボディ同色部分が圧縮されたことで軽快に見え、かつ視覚的な重心が上に移動したようにも感じられ、結果的にウェッジシェイプが強調されることによってスポーティーな外観を獲得したようですね。

テールランプのデザインにも若干の変更が加えられているとアナウンスされていますが、見たところでは従来型と大きな差は無い模様。

5

正直言うとぼくはこれまでのX4 Mについてはあまり魅力を感じていなかったものの、このフェイスリフト後のX4 M(特にこのイエロー)にはかなり惹かれていて、中古市場に出てきたら狙ってみようかとも考えています(それでもBMWを新車で買おうとは思わない)。

1

新型BMW X4 Mのインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型BMW X4のインテリア。

基本的には従来型と同じレイアウトを採用するものの、ダッシュボード中央にあるエアコン吹出口やスイッチ類、モニターが変更され、メインのメーターもフルデジタルに。

メーターの液晶サイズは12.3インチ、そしてインフォテイメントシステムのタッチ式ディスプレイはX3 Mだと10.25インチ、しかしX4 Mではそれよりも大きなサイズが与えられている、とのこと。

8

シートはイルミネーションバッジつきのMスポーツシートが採用。

Mモデルならではのメリノレザーシート、そしてセンターコンソールにはアルカンターラ製ニーパッド、Mマルチファンクションステアリングホイールといった装備も見られ、シートベルトもMカラー。

10

ステアリングホイールやシフトレバーにはMカラーのステッチが採用されています。

9

新型X4 MとX3 Mに搭載されるエンジンは3リッター直6ターボ、出力は473馬力(コンペティションでは503馬力/510PS)。

馬力自体は従来型X3 M/X4 Mと変わりはなく、しかしトルクはそれぞれ13lb-ftと37lb-ftだけ増強され、0−60マイル加速につき、X3 M/X4 Mでは4.1秒から3.9秒、X3 Mコンペティション/X4 Mコンペティションでは4.0秒から3.7秒に向上している、とのこと。

最高時速については紳士協定によって時速250キロに制限されるものの、「Mドライバーズパッケージ」装着にて285キロまで引き上げることが可能です。

新型BMW X3もフェイスリフト

そしてこちらは新型X3(Mモデルではなく通常版)。

フロントバンパーの造形がシャープになっているのは新型X4 Mと同じですが、X3では「出っ張って」いるように見えるのが面白いですね。

bmw-x3-2021

ベースモデルのX3(X4にも)搭載されるエンジンは2リッター/284馬力で、これはフェイスリフト前と同じ数字。

ここ最近、BMW X3 Mではフェイスリフトを行ったとしても出力が向上しない例が多く、これは「もう規制によって出力を上げることができない」「上げることができたとしても、そのために多大なコストを投じる気はない」という状況を反映したものだと思われます。

なお、X3/X4とも、0−60マイル加速は6秒、最高速度は209km/h。

21

新型X4 M440iに(X3 M440iにも)搭載されるエンジンは3リッター直6ターボ、これに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせてシステム合計382馬力を発生します(0−60マイル加速は4.4秒)。

20

なお、新型X3ではテールランプの造形が大きく変更され、かなり立体的な構造を持つようですね。

35

新型X3/X4、X3 M/X4 Mの日本導入時期や価格についてはまだアナウンスがりませんが、北米だと8月以降に生産が開始され、X3 M/X4 Mの価格については「据え置き」となるようです。

新型BMW X3 Mのプロモーション動画はこちら

新型BMW X4 Mのプロモーション動画はこちら

参照:BMW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5