>ポルシェ(Porsche)

【動画】ポルシェ911ターボSを1,355馬力にまでチューンしたショップが登場!シャシーダイナモ計測中に火炎を放射、そのサウンドはクルマを超えてもはやジェット機

投稿日:2021/08/01 更新日:

1600馬力にチューンされたポルシェ911

| ポルシェ911ターボがこんな音を出すとは |

正直、ここまでチューンするのはエンジンを壊しそうで遠慮したい

さて、最近ではポルシェ911ターボをチューンするショップも少なくなったように思いますが、その理由としては「クルマそのものがあまりに高度な制御を持つため、容易にはチューニングできない」「そもそもパワーが必要十分以上出ているのでチューンの必要がない」「今のユーザーはかつてのユーザーほど走りに熱心ではない」「チューニングして乗るよりも、大きくパワーアップしたニューモデルに買い替えたほうがいい」といった理由が考えられます。

それでもチューニングはやめられない

そういった状況にあっても一部のショップはけしてチューニングをあきらめることはなく、とことんそのパワーを追求する場合も。

今回はイギリスのチューニングショップがなんと991世代のポルシェ911ターボSを1000馬力オーバーにまでチューンしていますが、ESモータースポーツ社が開発した「ES1200+」パッケージを装着しているようですね。

3

そこでシャシーダイナモにて計測した結果、まず一発目は1,096馬力。

そして2回目はブースト圧を上げることで1,133馬力に達し、3回目の計測ではなんと1,209馬力をマークしています。

さらにESモータースではレース用の燃料を使用できるようにECUを変更することも可能で、実際にこの変更を加えた後に計測を行うとなんと出力は1,355馬力にを記録することになりますが、この仕様ではホイールスピンのために計測値が下がっている(つまり実際はもっと出ている)模様。

4

おそろしいことに、このレース用燃料向けのプログラムにはもうひとつのメニューがあるといい、そちらを使用すると驚愕の1600馬力を発生することも可能だとされ、1600馬力を発生するチューニングメニューが存在することにも驚かされますが、その出力に耐えうるポルシェ911ターボSの耐久性にも驚かされますね。

ポルシェ911ターボSがシャシーダイナモ上にて1,355馬力を発生する動画はこちら

動画を見ると、そのサウンドは「爆音」というよりはもはやジェット機。

いつどこでエンジンブローするかとドキドキハラハラものですが、もちろんエンジンブローすることもなく、しっかりと計測を行っています。

合わせて読みたい、チューンドポルシェ911関連投稿

テックアートが800馬力のポルシェ911チューンドカー「GTストリートR」発表
テックアートが800馬力のポルシェ911チューンドカー「GTストリートR」発表!内外装カーボンだらけ、最高速は350km/h

| ひと目で「チューンドカー」だとわかる外観がさすがテックアート | GTストリートRへのコンバーキョンキット価格は約930万円。意外と安いのかも ポルシェのチューナーとして名高いテックアートが最新「 ...

続きを見る

改造費用は2450万円!ゲンバラがポルシェ911ターボ(993)をチューンした「公道を走るル・マン・レーサー」、GTR600
改造費用は2450万円!ゲンバラがポルシェ911ターボ(993)をチューンした「公道を走るル・マン・レーサー」、GTR600が競売に

| けっこう高く評価されていて、現在1700万円超まで価格が上昇中 | さて、現在「お家騒動」で揺れるゲンバラですが、今回1990年代に製作された「ゲンバラ600GTR」が競売に登場。もともとは「普通 ...

続きを見る

【動画】0-100km/h加速は驚異の2.2秒!ポルシェ911はちょっとチューンすると異常に速くなる。その理由とは

| 「リアエンジン」レイアウトを持つスポーツカーはポルシェ911をおいて他にない | アメリカはジョージア州にてチューニングビジネスを営むCicio Performance。エキゾーストシステムのみを ...

続きを見る

参照:OFFICIALLY GASSED - OG

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5