>アウディ(Audi)

【動画】アウディが初のダカールラリー参戦のために開発した「RS Q E-Tron」発表!前後2モーターで車体を駆動、DTM用エンジンを発電機として搭載

投稿日:

アウディが初のダカールラリー参戦のために開発した「RS Q E-Tron」発表

| アウディがモータースポーツで培った知見を生かしたウルトラオフローダー |

いったいどうやったらこんな外観を思いつくのか想像もつかない

さて、アウディがはじめてダカールラリーに参加するためのレーシングカー「RS Q E-Tron」を発表。

なんといってもこれまでのラリー用レーシングカーとはまったく異なるルックスを持ち、そして「エレクトリック時代になっても捨てない」としたシングルフレームグリルも採用されています。

2022-audi-rs-q-e-tron

パワートレーンはフォーミュラEから

なお、このRS Q E-Tronのパワートレーンは2021年仕様のフォーミュラEマシン、Audi e-tron FE07から流用したもので、エレクトリックモーターを前後に搭載するというパッケージを採用。

ただし面白いのはレンジエクステンダー(発電機)としてアウディのDTM用マシンから拝借したTFSIガソリンエンジンを持っており、これによって発電した電力を持ってモーターを駆動することになるようです。

6

つまりこのRS Q E-Tronは「フォーミュラEとDTMマシンとのハイブリッド」のようなレーシングカーであり、アウディの得意な分野を組み合わせ、しかし効率よく仕上げたクルマだと言えそう。

ガソリンエンジンをレンジエクステンダーとして採用するといえど、区分としては「EV」で、このガソリンエンジンは4,500〜6,000RPMというもっとも効率の良い回転数にて作動することになり、バッテリーに供給される1kWhあたりのCO2排出量を200g以下に抑えています。

51

そしてこの2リッター4気筒ターボエンジンは車体ミッドに配置され、ガソリンタンクはフロントアクスル1.1メートル後方に配置。

エネルギーコンバーターには第3のモーター・ジェネレーター・ユニット(MGU)が搭載されており、RS Q E-Tronが走行する間にバッテリーを充電することになりますが、バッテリーパックそのものは50kWhそしてユニット含めて370kgだとアナウンスされています(車体重量はダカールラリーの規定によって2000kg以上)。

5

強大なトルクを活かしてオフロードを攻める

エレクトリックモーターの出力は670馬力だそうですが、ガソリンエンジンに比較すると(ケタ違いに)強烈なトルクを発生させることは間違いなく、オフロード走行との相性がいいのかもしれません。

4

とにかくそのルックスは「異様な風体」としかいいようがなく、「よくこんな形状を考えたな」という印象。

2

おそらくは今年のダカールラリーにおいて「台風の目」となることは間違いないと思われ、その活躍に期待したいところですね。

RS Q E-Tronを紹介する動画はこちら

参照:Audi

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5