>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

驚愕!レクサスLFAニュルが競売にて1.75億円で落札され、ヴェイロンよりも高値をつける。レクサスLFAの価値はついにブガッティを超えたのか・・・

投稿日:

驚愕!レクサスLFAニュルが競売にて1.75億円で落札され、ヴェイロンよりも高値をつける。レクサスLFAの価値はついにブガッティを超えたのか・・・

| レクサスLFAは、この数年で倍近いレベルまで価格が上がっている |

もしかすると現在の価格がレクサスLFAの適正な価値を表しているのかも

さて、先日「予想落札価格が1億2000万円という高額に達するだろう」と報じられたレクサスLFA ニュルブルクリンク・パッケージ。

とくにこの個体はワンオフでも特別仕様でもなく、ごく普通にレクサスから購入した個体で、特筆すべき点があるとすれば、レクサスLFA(500台限定)の中でも64台のみしか存在しないニュルブルクリンク・パッケージであること、走行距離が1500キロ以下であること、北米には3台しか存在しない「ブラック」のボディカラーを持つこと(レクサスLFAとしては303番めの製造)。

レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージが競売に登場、予想落札価格はなんと最高で1.2億円。この1年でレクサスLFAは急激に価値を上げ、新車価格の倍以上に
レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージが競売に登場、予想落札価格はなんと最高で1.2億円。この1年でレクサスLFAは急激に価値を上げ、新車価格の倍以上に

| 値上がり率で考慮すると、レクサスLFA、レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージとで大きな差はないようだ | まさかレクサスLFAがここまで市場価値を上げるとは さて、2012年モデルのレクサス ...

続きを見る

Lexus-LFA (2)

落札されたのは1億7500万円

ただしこの「1億2000万円」という予想落札価格は大きく外れ、フタを開けると落札されたのは160万ドル(日本円で約1億7500万円)という超高額。

この160万ドルというのがどれくらいなのかというと、同オークションにて出品された2008年モデルのブガッティ・ヴェイロン(走行距離わずか400キロ)は154万ドルで落札されており、つまりこのレクサスLFAニュルブルクリンク・パッケージは「ブガッティ・ヴェイロンよりも高額で落札された」ということを意味します。

Lexus-LFA (6)

2011年当時、新車のレクサスLFAは標準モデルで37万5000ドル、ニュルブルクリンク・パッケージは「ホワイト、ブラック、オレンジ」だと44万5000ドル、「マットブラック」だと46万5000ドルという値付けがなされていますが、今回のレクサスLFAは「新車の4倍」近い価格にて落札されたわけですね。

Lexus-LFA (4)

レクサスLFAニュルブルクリンクエディションは、通常のLFAと同様に4.8リッターV型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、しかし最高出力はベースモデルより10馬力高い570馬力を発揮し、このほかカーボンファイバー製フロントスプリッター、カーボンファイバー製リアウィング、カーボン製サイドスカート、専用のBBS製マグネシウムホイールなどが採用されています。

Lexus-LFA (11)

レクサスLFAはこの1年で急激に値を上げた

なお、レクサスLFAはこの1年で急激に相場を上げていて、ざっと落札相場を拾ってみると下記の通り(太字はニュルブルクリンクパッケージ)。

これを見るに、通常のレクサスLFAでも2019年に比較して75%くらい値上がりしており、レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージにおいては、2019年に比較して倍に迫ろうかという勢いで落札価格が上昇していることがわかります。

ポイント

  • 1600000ドル/1億7500万円(2021年)
  • 720000ドル/7970万円(2021年)
  • 912500ドル/1億100万円(2019年)
  • 885000ドル/9790万円(2019年)
  • 428125ドル/4740万円(2019年)
  • 434000ドル/4800万円(2018年)
  • 308750ポンド/4725万円(2017年)
  • 319000ドル/3529万円(2013年)
  •  

レクサスLFAは発売当時、「パフォーマンスに比べて価格が高すぎ、誰も買わないだろう。フェラーリやランボルギーニを買ったほうがいい」と(カーメディアにですら)評されたクルマですが、その価値を見誤っていたことが今になって証明されており、本当の価値は当時の値付けよりもずっと高かったということになるのかもしれません(現在の相場が、レクサスLFAの適正な価値を表しているとも考えられる)。※レクサスLFAは利益を追求したクルマではないので、利益度外視の価格設定であったともいえる

Lexus-LFA (12)

レクサスLFAは発売当時「売れない」と言われたのに、なぜ今では新車価格の倍以上の価値を誇るようになったのか
レクサスLFAは発売当時「売れない」と言われたのに、なぜ今では新車価格の倍以上の価値を誇るようになったのか

| 当時、トヨタが「官能的なクルマを作った」と言っても誰も信じるものはいなかった | しかも価格はフェラーリやランボルギーニよりも高く、数字的なパフォーマンスはそれらに劣る さて、ここ最近レクサスLF ...

続きを見る

合わせて読みたい、レクサスLFA関連投稿

レクサスLFAの全開走行&ドリフト動画が公開
【動画】レクサスLFAの全開走行&ドリフト動画が公開!低速ギアではあまりに回転上昇が速く、一瞬でレッドゾーンに

| LFAにマニュアル・トランスミッションの設定があったらオーバーレブ→ブローが続出しそう | モータースポーツマガジンがわずか1分ばかりの短いレクサスLFAの動画を公開。全開にて加速を行った際のメー ...

続きを見る

レクサスLFAの価格は年々上昇して直近では新車価格3750万円の倍以上!今回は走行距離わずか284kmのLFAが中古市場に
レクサスLFAの価格は年々上昇して直近では新車価格3750万円の倍以上!今回は走行距離わずか284kmのLFAが中古市場に

| 乗ったら価値が下がることは理解していても、レクサスLFAに乗らずにいるのはオーナーにとって拷問に近い | それにしてもレクサスLFAの直近の値上がりっぷりは異常 さて、先日は「1億円を超えるであろ ...

続きを見る

レクサスLFAのペーパークラフト
レクサスLFAは登場から10年!当時は「高すぎて誰も買わない」と言われたものの、現在は新車価格を大きく超える価格で取引されているという事実

| レクサスLFAは今なお輝きを失わず。その高い相場が価値を証明している | 早いものでレクサスLFAが登場してもう10年。そして今回レクサスはそれを祝う形で「レクサスLFAのペーパークラフト」をリリ ...

続きを見る

参照:RM Sotheby’s

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5