>テスラ(TESLA)

【動画】同じテスラ・モデルYを2台用意し、「19インチホイール」「20インチホイール」を装着して同じルートを走ってみた!なんと7%も走行距離に差が出るという結果に

投稿日:2021/09/16 更新日:

同じテスラ・モデルYを2台用意し、「19インチホイール」「20インチホイール」を装着して同じルートを走ってみた!なんと7%も走行距離に差が出るという結果に

| たった1インチの違いでもけっこうな電費の差があるようだ |

トータルでの航続距離にあてはめると、満充電状態からの航続距離で36キロもの差が出るようだ

さて、テスラオーナーにしてユーチューバー、「テスラ・カナック」氏が非常に興味深い動画を公開。

簡単に言うと、2台のテスラ・モデルYを用意し、片方には標準の19インチホイール/タイヤ、もう片方にはオプションの20インチホイール/タイヤを装着して同じルートを走り、どれくらい航続可能距離に差が出るかということを調べた内容となっています。

思ったよりもホイールによる「差」は大きかった

そしてテストの方法としては、同時にこの2台を「全く同じルート」にて走らせるというものですが、そうすると気温や交通状況などの外的要因による差を排除でき、全くの同条件にてテストを行えるということに。

車両は両方とももちろんテスラ・モデルY、そしてグレードも同じ「ロングレンジ」ですが、唯一の違いはホイールで、上述の通り19インチ(ジェミニ)、そして20インチ(インダクション)。

そしてまったく同じ条件下にて、同じ速度で走行したところ意外やその差は大きく、20インチホイール装着車は(19インチ装着車に比較して)7%効率性(電費)が劣っていたといい、これはけっこう大きな差だと思います。

19

なお、ホイールやタイヤがそのクルマの走行性能に大きな影響を与えることはよく知られていますが、同じ車でホイールサイズが大きくなると、(タイヤ外形を大きくすることはできないので)一般に扁平率が下がって接地面積が増えることになり、さらにはホイール自体の重量が増えることになるため「路面抵抗」「慣性重量」が増えることに。

これがつまり負担となって電費の悪化を招くわけですが、テスラ・モデルYの場合はそれが「7%」ということになりますね(モデルYには21インチホイール装着の”パフォーマンス”グレードも存在する)。

そして今回のテストにおける走行距離は50キロちょっとではありますが、この「7%」をテスラ・モデルYロングレンジの(1回の満充電あたり)航続可能距離に当てはめると、バッテリー残量100%から0%まで走ったと仮定すると、19インチと20インチでは、36kmもの差が走行距離にあわらわれる計算になる模様。

参考までに、19インチと20インチの場合、タイヤ幅に差があるかどうかについては言及されておらず、しかしモデル3だと19~21インチまでいずれのホイールを装着してもタイヤ幅が同じ(255)なので、おそらくはモデルYも同様なのだと思われます(モデルYのタイヤサイズを調べたが、データが出てこない)。

なぜそれでもホイールサイズを大きくするのか?

こういった数字だけを見ると、ホイールサイズを大きくする意味はないようにも思えますが、インチアップのメリットとしては一般に「扁平率が下がるので接地面積が増え、グリップが増してコーナリング性能が向上し、制動距離も短くなる」「サイドウォールのたわみが少なくなりクルマの挙動が安定する」「見た目がカッコいい」といったところ。

デメリットしては「(タイヤが薄く硬くなるので)乗り心地悪化」「(転がり抵抗が増えるので)燃費の悪化」「ホイールが大きくなるために重量が増加」「(接地面積が増えるので)ロードノイズが大きくなる」など。

こういったメリットとデメリットとを合わせて考え、自動車メーカーはそのクルマに「最適な」ホイールサイズを設定しているということになりますが、近年のクルマはモデルチェンジのたびに「タイヤ外形」も拡大しており、このメリットとしては「タイヤ内の空気の量が多くなるので乗り心地が良くなる」「外形が大きいために衝撃吸収性能が高くなる」等のメリットがあって、しかし逆に「重くなる」「車両側の居住スペースを侵食する」というデメリットも存在し、これもまた自動車メーカーが車両にあわせて最適解を探すことになります(一般にEVはタイヤの配置について自由度が高いため、タイヤを車両の四隅に押しやれば(タイヤ外径を大きくしても)室内空間を犠牲にしなくてもすむということがあり、ガソリン車に比較してタイヤ外径を大きく設定する傾向がある)。

テスラ・モデルYにて「タイヤの差」による電費の違いを説明する動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

同じミシュラン・パイロットスポーツ4Sでも「一般向けタイヤ」と「BMW認証タイヤ」はこう違う
【動画】同じミシュラン・パイロットスポーツ4Sでも「一般向けタイヤ」と「BMW認証タイヤ」はこう違う!ハンドリング、サーキットでのラップタイムにも差があった

| やっぱり「専用」と銘打たれているからには、専用タイヤを装着すべき | 加えてタイヤは常に進化し、そして製造されたタイヤは劣化してゆく さて、スーパーカーはじめハイパフォーマンスカーでよく聞くのが「 ...

続きを見る

鍛造ホイールと鋳造ホイールの重量を測ってみた→18インチで1本4.5キロの差が。結局、鍛造/鋳造って何?

| ホイールは鍛造であるに越したことはない | よくホイールで「鍛造」や「鋳造」という言葉を聞きますよね。ですが、この差は一体何?と考えるかもしれません。今回、ユーチューバーmilanmastracc ...

続きを見る

参照:Tesla Canuck (YouTube)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5