>ベントレー(Bentley)

これが「2021年版、もっとも優れるインテリアをもつ車」トップ10!1位は安定のベントレー・ベンテイガ、しかしホンダ・シビック、三菱アウトランダーもランクイン

投稿日:

これが「2021年版、もっとも優れるインテリアをもつ車」トップ10!1位は安定のベントレー・ベンテイガ、しかしホンダ・シビック、三菱アウトランダーもランクイン

この記事のもくじ

| 日本車は「極端に高級なインテリア」を表現するのは苦手だが、コスパの優れるインテリアでは右に出る者がいない |

評価軸は多岐にわたり、けっこう公平な結果だと思う

さて、ウォーズオート誌が「2021年のインテリア ベスト10」を発表。

2021年に発売された新型車、もしくは大規模フェイスリフトが施された33台の中からトップ10が選ばれていますが、このうち7台がなんとSUV(今年発売されたクルマの多くがSUVなので仕方がないか・・・)。

採点に際しては、素材、快適性、人間工学、安全性、フィット&フィニッシュ、美学、デザインの調和などが考慮されているようですね。

2021のインテリア トップ10はこうなっている

以下が今回選ばれたインテリア「TOP10」ですが、現在は「ガソリン車からEVに移行する過渡期」でもあり、インフォテイメントシステムの普及も始まったばかりなので、これまでとは大きく変わらないインテリアデザインを持つものが主流。

ただしこれからEVが主流になると、その車体構造に起因して「これまでの概念にとらわれないインテリア」を設計することが可能となり、今後数年でその印象や方向性が大きく変わることになるのかもしれません。

ひとまず「2021年版」を見てみましょう。

ベントレー・ベンテイガ

まず「トップ」はベントレー・ベンテイガ。

これはもう議論の余地はなく、「 素材、快適性、人間工学、安全性、フィット&フィニッシュ、美学、デザインの調和 」すべてにおいて最高レベルと言っても過言ではなさそう。

実際に乗ってみたとき、「このインテリアが手に入るのであれば、この金額は高くはないな・・・」と思ったほどです。

2021-bentley-bentayga-speed-interior

フォードF-150

こちらは「高級感」こそほかには劣るものの、利用可能な室内作業面とフォールドフラットのフロントシートが評価されています。

加えて、今回のトップ10の中では「唯一のピックアップトラック」でもありますね。

2021-ford-f-150-tremor

フォード・マスタング・マッハE

こちらはマスタングの「SUV、そしてEV」版。

ちなみにEVでは最上位に位置していますが、EVらしいすっきりしたミニマルなスタイリングが評価されたため。

ford-mustang-mach-e

GMCユーコン・デナリXL

今年のリストに入った唯一のボディオンフレームのSUVで、チーク材のオープンポアインレイや、メタリックトリムなどが良いアクセントになっているとのこと(調和に優れる)。

2021-gmc-yukon

ホンダ・シビック

このリストの中ではおそらく「もっとも安価」なホンダ・シビック。

ダッシュボードを飾るスタイリッシュなアルミニウムのパーツが素晴らしいとの評価で、より高級感のある外観を実現しているようですね。

なお、先日発表されたシビックSiでは、この部分にアクセントカラーが付与され、一層効果的に機能しています。

2022-honda-civic-first-drive-review

6速MTはシビック・タイプRと同じ!米国にてシビックSiが発表。ホンダが「これまでで最高のハンドリング」と胸を張る仕上がりに
【動画】6速MTはシビック・タイプRと同じ!米国にてシビックSiが発表。ホンダが「これまでで最高のハンドリング」と胸を張る仕上がりに

この記事のもくじ| ホンダは新型シビックSiにかなりの力を入れてきたようだ |さすが、アメリカ人はいつだって「楽しく走る」ことを忘れない新型ホンダ・シビックSiはこんなクルマホンダはシビックSiの細部 ...

続きを見る

ヒュンダイ・ツーソン

ヒュンダイ・ツーソンが評価されたのは充実した機能と操作性で、そのほかステアリングホイール上のボタンやスイッチの感触、全体のレイアウトもうまくまとまっている、という評価です。

2022-hyundai-tucson-interior

ジープ・グランドチェロキーL

新型グランドチェロキーLでは、これまでに比較してインテリアの素材や仕上げを大幅にアップグレードし、ここが高い評点につながった模様。

ウッドとレザーの組み合わせも「豪華」だと評されています。

2021-jeep-grand-cherokee-l-interior

ランドローバー・ディフェンダー

ランドローバー・ディフェンダーについては「美しさ」「高級さ」に欠けるという判断ですが、「機能性がずば抜けて優れる」という評価。

実際に見た印象だと、グローブを装着したままでも操作できる大型スイッチ、グリップなどには滑りどめのラバーが貼られていたり、傷が付きやすいところには「キズが目立ちにくい」加工を施すなど、細部にまでこだわっていることがわかります。

lr_def_20my_interior_100919_21

ランドローバー・ディフェンダー
新型ランドローバー・ディフェンダーの展示会へ!コイツは腕時計に例えるならハイエンドモデルのG-SHOCKだ

この記事のもくじ| 正直、ここまでの完成度とこだわりを持っているとは思わなかった |展示車には141万円相当のオプションが追加新型ディフェンダーのインテリアはこうなっているこんな記事も読まれています ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ Sクラス

現在、ぼくがもっとも高く評価しているのがメルセデス・ベンツのインテリア。

優雅さとテクノロジーが融合し、優れたインフォテイメントシステムや(エアコン吹出口まで光る)アンビエントランプが「イイ」と感じているわけですが、もうちょっと順位が高くてもいいのにな、と思ったりします。

2021-mercedes-benz-s580-4matic-interior-dashboard

三菱アウトランダー

10位はなんと三菱アウトランダー。

「価格の割に素材やデザイン、仕上げに優れる」という評価ですが、これは日本車の美点である、とも考えています(極端に高級なインテリアは苦手だが、コストパフォーマンスの高いインテリアはほかに負けない)。

2022-mitsubishi-outlander-interior

合わせて読みたい、インテリア関連投稿

ボルボ・リチャージ・コンセプト
ボルボが自社の未来と称する「コンセプト・リチャージ」を公開!EVでしか実現できないことを追求し、インテリアは北欧のリビングルームをイメージ

この記事のもくじ| ボルボは「北欧」のシンプルさとクリーンなイメージを最大限に活用するようだ |いつの間にかどの自動車メーカーも、最新コンセプトカーでは「自動運転」をあまり押し出さなくなったこれまでボ ...

続きを見る

アウディ グランドスフィア
アウディがインテリアのデザインについて180度翻意。物理ボタンをなくすとしていたものの「今後も、機械式腕時計のように、操作する楽しみを求めて物理ボタンを残す」

この記事のもくじ| 一時はすべての自動車メーカーが「フルデジタル」へと移行するかのように見えたが |一部の自動車メーカーではデジタルからアナログに戻した例も「操作する楽しみ」をクルマにも実際にアウディ ...

続きを見る

さぞかしいい音を奏でるんだろうな!フェラーリ・テスタロッサのレストモッド続報が届く。レッドゾーンは6800回転から9000回転へ
さぞかしいい音を奏でるんだろうな!フェラーリ・テスタロッサのレストモッド続報が届く。レッドゾーンは6800回転から9000回転へ、インテリアは純正の雰囲気を残しつつ高級仕様へ

この記事のもくじ| まさかここまでの完成度と芸術性を持つとは誰もが想像しなかったはずだ |これはフェラーリのレストモッドの新時代を告げるクルマかもしれないそのアップグレードは全域に渡るそのインテリアは ...

続きを見る

参照:Ward Auto, Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ベントレー(Bentley)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5