ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ(PAGANI)

【動画】世界に5台、パガーニ最初の市販車「ゾンダC12」がクラッシュ!事故の原因は不明ながらもフロントのダメージが大きそう

投稿日:2021/10/29 更新日:

【動画】世界に5台、パガーニ最初の市販車「ゾンダC12」がクラッシュ!事故の原因は不明ながらもフロントのダメージが大きそう

| おそらくはパガーニのファクトリーまで運んで修理することになりそうだ |

ゾンダC12にはドライバーズエイドの類はなく、極めて運転が難しいとされる

さて、パガーニ初の市販車、ゾンダC12がクラッシュした姿が目撃に。

これはインスタグラムに動画がアップされたもので、既にクラシュし停止しているゾンダC12が(クルマに乗って通り過ぎるドライバーによって)撮影されています。

「ゾンダ」とはアンデス山脈からアルゼンチンへと吹き下ろす風の名前で(その後継モデル、ウアイラも風の名前)、「C」は創業者であるオラチオ・パガーニ氏の妻であるクリスチーナの頭文字から取ったと言われます。

なお、「12」はパガーニにとって12番めのプロジェクトだと言われますが、このゾンダC12がパガーニにとって初の市販車なので、それまでの「11台」は世に出ていないということになりますね。

ゾンダC12が生産されたのはわずか5台

このパガーニ・ゾンダC12は1999年に発表されており、レーシングカーのようなカーボン製モノコックシャシーを採用したこと、メルセデスAMG製の6リッターV12エンジンを搭載していること、その最高速が(当時)並外れた332km/hであったこと(さらに非常に高価であったこと)などが話題となり、その名を一気に世界へと轟かせることとなっています。

ただ、当時はパガーニが無名であったこと、そして価格が並外れて高額であったためにわずか5台のみが販売されたにとどまり(それでも5台も売れたのか。。。)、2000年には排気量を7リッターにアップして出力を550馬力へと向上させることに。

事故の原因はわかっていない

そして今回の事故ですが、今のところその原因や被害の状態は不明です。

ただし見た感じではさほど深刻ではなく(フロントにはけっこうダメージがありそうだが廃車となるほどではなさそう)、ドライバーもおそらくは無事だと見られ、車体の修復も容易に行えるものと思われます。

ちなみにゾンダにはドライバーズエイドのたぐいはなく、よって「ちょっとしたこと」で簡単にコントロールを失ってしまうことになり、今回の事故についても、(落ち葉など)わずかな路面状況の変化にドライバーが対応できなかった可能性もありそうです。

パガーニはこんな自動車メーカー

なお、パガーニはアルゼンチン出身のオラチオ・パガーニ氏によって設立されていますが、同氏は若かりし頃アルゼンチンからイタリアへとほぼ無一文で渡り、お金がななかったのでテント生活をしながらスーパーカーメーカーに働き口を求めます。

ただしなかなか雇ってくれるところがなく、ようやくランボルギーニに下働きとして潜り込むことに成功し、しかしその後は同社の技術主任にまで上り詰め、カウンタック25thアニバーサリーのスタイリングのほか、カーボンパーツを多用した「カウンタック・エボルツィオーネ」を手掛けることに。

同時に同氏はカーボンファイバーの可能性に惹かれ、ランボルギーニにカーボンフレームを焼成するための窯を導入するように進言するもかなわず、そこでランボルギーニを辞してパガーニ・アウトモビリを設立したという経緯を持っているようですね。

パガーニはなぜ成功することができたのか?一時はテント生活も経験した、オラチオ・パガーニの物語

| なぜパガーニは強豪ひしめく市場で成功を収めたのか |この記事のもくじ| なぜパガーニは強豪ひしめく市場で成功を収めたのか |一時は妻とともにテント生活もランボルギーニ入社後はすぐに頭角を現す自身の ...

続きを見る

そして子供のころは「ミニカーを集める側だったが、今では自分の作ったクルマのミニカーが世界中で売られるようになった」と感慨深げに話す姿が印象的でもあります。

【動画】StayGarage!パガーニ創業者が語る自身のガレージ、子供の頃の夢、そして現在。「いかに困難でも、夢を捨ててはならない」

| オラチオ・パガーニ氏は極貧状態からここまで成功した |この記事のもくじ| オラチオ・パガーニ氏は極貧状態からここまで成功した |オラチオ・パガーニ氏はけっこう色々なクルマやバイクを持っていた各ユー ...

続きを見る

現在パガーニはウアイラの生産をほぼ終了させつつあり、後継モデルの開発にかかっているといいますが、こちらはV12ツインターボ、そして6速マニュアル・トランスミッションを持つといい、ガソリンエンジン世代最後のハイパーカーとして歴史に名を残すことになるのかもしれません。

パガーニ創業者がウアイラ後継モデルについて語る!「900馬力以内、ガソリン+MT。パワーアップより軽量化だ。私の顧客は運転中の感動を重視している」
パガーニ創業者がウアイラ後継モデルについて語る!「900馬力以内、ガソリン+MT。パワーアップより軽量化だ。ドライバーを興奮させるのに2000馬力は必要ない」

| マニュアル・トランスミッションがないという理由でウアイラを買わなかった顧客もいるようだ |この記事のもくじ| マニュアル・トランスミッションがないという理由でウアイラを買わなかった顧客もいるようだ ...

続きを見る

合わせて読みたい、パガーニ関連投稿

パガーニ・ウアイラ
サウジの公的資金がパガーニの株式を購入したとの報道!ただしあくまでも主導権はパガーニにあり、潤沢な資金を用いてさらに魅力的なハイパーカーを開発するようだ

| サウジアラビアにとっては理想的な投資先だとも考えられる |この記事のもくじ| サウジアラビアにとっては理想的な投資先だとも考えられる |エレクトリック化のため多額の開発資金を要するパガーニにとって ...

続きを見る

パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる
パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる

| これだけパガーニを揃えるオーナーも珍しい |この記事のもくじ| これだけパガーニを揃えるオーナーも珍しい |しかもさりげなくブガッティを2台所有パガーニ・ゾンダAYはこんな仕様を持っているこのオー ...

続きを見る

前ゾゾタウン社長、前澤氏のパガーニ・ゾンダとマイバッハがクラッシュ。総額4億円の事故が発生

| 前澤友作氏は生粋のカーガイ |この記事のもくじ| 前澤友作氏は生粋のカーガイ |関連投稿:パガーニ・ゾンダZoZoの画像が追加公開に。リアフェンダーには空力付加物が関連投稿:トラックに追いかけられ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->パガーニ(PAGANI)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5