ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

生産わずか29台!メルセデス・ベンツ300SL「ライトウエイト」が7億8000万円で落札され「通常仕様」の約4倍の価格を記録。300SLはどんどん相場が上昇中

投稿日:2022/02/05 更新日:

生産わずか29台!メルセデス・ベンツ300SL「ライトウエイト」が7億8000万円で落札!通常版の約4倍の金額を記録

| 通常版メルセデス・ベンツ300SLガルウイングの相場自体も継続して上昇中 |

おそらくは今後もずっとその価格は上がり続けるだろう

さて、先日「世界に二台しか存在しない希少カラーのメルセデス・ベンツ300SLクーペ(ガルウイング)」がオークションに出品されるという話をお届けしましたが、件のメルセデス・ベンツは171万ドル(日本円で約2億円)で落札され、しかし同時に出品された別の(シルバーの)メルセデス・ベンツ300SLクーペが682万5000ドル(約7億8400万円)で落札されて関係者を驚かせることに。

なお、メルセデス・ベンツ300SSLガルウイングは1,400台が製造されていますが、たった2台しか製造されなかったダンケルグレーのほうは171万ドル、逆に530台も製造されたシルバーのほうが682万ドルで落札されていて、これはちょっと奇っ怪な現象です。

Mercedes-300SL-Gullwing (5)

2台しか製造されなかった「ダンケルグレー」のメルセデス・ベンツ300SLガルウイングが競売に登場!予想落札価格は1.9億円
2台しか製造されなかった「ダンケルグレー」のメルセデス・ベンツ300SLガルウイングが競売に登場!予想落札価格は1.9億円

| ここ最近のクラシックカー、スポーツカーの値上がりを見るに、もっと高値で落札されるかもしれない |この記事のもくじ| ここ最近のクラシックカー、スポーツカーの値上がりを見るに、もっと高値で落札される ...

続きを見る

なぜシルバーのメルセデス・ベンツ300SLはとんでもない価格に?

そこでなぜこのシルバーの個体が7億8400万円もの高額落札になったのかという理由ですが、それは「29台しか製造されなかったライトウエイト仕様だった」から。

このライトウエイト仕様は通常のところスチールのボディをアルミ製に、そしてフロントガラス以外のウインドウをすべてプレキシガラス(樹脂)へと置き換えることで95kgの削減に成功しています。

Mercedes-300SL-Gullwing (2)

なお、通常はスチールで作られているボディをアルミニウムに、というのは現代の(プレス機でボディパネルを成形したり、モノコックボディを持つ)クルマでは考えにくいモディファイですが、当時のクルマのボディは手作りだったのでこういった芸当が可能になり、職人が木型に鉄板なりアルミ板なりを当て、その上からハンマーでガンガン叩いて成形していたわけですね。

Mercedes-300SL-Gullwing (3)

よって「鉄板をアルミに置き換えるだけ」ですなわちライトウエイト仕様のできあがりということになり、フェラーリ・デイトナにもアルミボディ仕様、ランボルギーニ・ミウラには鋼板の厚みを薄くした軽量仕様が存在します。

Mercedes-300SL-Gullwing (4)

そして話をこのメルセデス・ベンツ300SLガルウイングに戻すと、そういった軽量化によってアストンマーティンDB3S、マセラティ A6GCS、フェラーリ 750モンツァといったライバルに対する戦闘力を高めることとなったわけですが、さらにこのクルマに積まれる直6エンジンはチューニングされており、専用カムシャフトを採用したうえ圧縮率も高められている、とのこと。

Mercedes-300SL-Gullwing (10)

そのほかセンターロックホイールにノックオフスピナーが標準装備されており、フロントブレーキにはベンチレーションが取り付けられ、スプリングとショックアブソーバーも強化品が装着されている、とのこと。

Mercedes-300SL-Gullwing (7)

なお、このメルセデス・ベンツ300SLガルウイングは新車時にモロッコのカサブランカにあるメルセデス・ベンツの正規ディーラーにて販売され、その納車先はジョセフ・F・ウェッカーレ氏なる人物。

Mercedes-300SL-Gullwing (6)

そしてこの個体はアフリカ大陸で販売された唯一の300SLガルウイングのライトウエイト仕様であったといい、ボディカラーはシルバー、インテリアはブルー、最終減速比は3.42、ベッカー製「カーラジオ」が装備されています。

Mercedes-300SL-Gullwing (9)

ちなみにジョセフ・F・ウェッカーレ氏は1962年にこの車両を売却していますが、もし彼の子孫が今回の落札金額を知ったとなると、「なぜ自分たちの祖先はあのクルマを売ってしまったんだ・・・」とジョセフ・F・ウェッカーレ氏を恨むことになるのかもしれません。

Mercedes-300SL-Gullwing (8)

合わせて読みたい、メルセデス・ベンツ300SL関連投稿

現在価格高騰中のメルセデス・ベンツ300SL!オークションに登場し軽く1億円を突破して価格上昇中

| 新型SLの登場が300SLの価値をさらに上げるかもしれない | メルセデス・ベンツ300SLの中古物件がオークションに登場。この個体は1957年に2月22日に工場をラインオフしたものだとされ、その ...

続きを見る

ボディカラーは「グラファイトグレー」。美しくレストアされた”もっとも価値あるメルセデス・ベンツ”、300SLが競売に登場

| インテリアはライトグレー、なんとなく「イマ風」に | 美しくレストアされたメルセデス・ベンツ300SLが中古市場に登場。メルセデス・ベンツ300SLは1954−1963年の間に製造され、「世界初の ...

続きを見る

【競売】まさかの「メルセデス・ベンツ300SLガルウイング」をAMGがカスタムした車両が登場!内外装は現代基準にアップデート、そして日本人の1オーナー

ホイールとドアミラーが「今風」に 「もっとも価値のあるクラシックカー」のうちの一台、メルセデス300SLガルウイング。生産台数はわずか1,400台(もちろん現存するのはもっと少ない)で、メルセデス・ベ ...

続きを見る

参照: RM Sotheby’s

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5