>パガーニ(PAGANI)

パガーニ・ゾンダ限定モデルがニュルを6:30で周回。918スパイダーより26秒速いタイム

投稿日:2015/11/19 更新日:

image00002

パガーニ・ゾンダ・レボルチオン(公道走行不可)がニュルブルックリンクを6分30秒で周回するという偉業を達成。
市販車ベースの車としてはもちろん最速です。
なお、パガーニとしてそれまで最速だったのは「ゾンダR(サーキット専用)」の6分48秒なので、18秒もタイムを短縮したことに。

ゾンダ・レボルチオンはチタンを織り込んだカーボン製のモノコックをベースに6リッターV12エンジンを搭載。
ウアイラはツインターボですがこちらはNA。
800馬力を発生し6速シーケンシャル・トランスミッションで後輪を駆動します。

各所にダウンフォース強化のためにエアロパーツが装着されますが、ダウンフォースがさほど必要ではない場面のためにF1同様のDRSも装着。

5台のみが生産され、価格は2億8000万円ほど(ゾンダRは15台の生産)。

ニュルブルックリンクでは競技用車だとポルシェ956で6分11秒のタイムがありますが、これは純然たるレーシングカーなので、市販車ベースの車として6分30秒はやはり驚異的といえます。

なお公道走行可能な車だとポルシェ918スパイダーが最速で6分56秒。
以下は現時点でのベスト5。

1.ラディカルSR8LM(1780万円) 6:48:00(2009)
2.ポルシェ918スパイダー(9500万円) 6:56:08(2013)
3.ランボルギーニ・アヴェンタドールSV(5179万円) 6:59:73(2015)
4.日産GT-Rニスモ(1500万円) 7:08:68(2015)
5.グンペルト・アポロ(3800万円?) 7:11:57(2009)

ニュルブルックリンクのラップタイム最新ランキングTop40

image00015

image00005

image00008

image00009

image00011


関連投稿:パンパン言ってる。パガーニ・ゾンダ・レボルチオンの排気音(動画あり)

名称未設定-1

パガーニ・ゾンダ・レボルチオンのエキゾーストノートを収めた動画。
ミサノ・サーキットにおける「ウルトラカー・スポーツクラブ」主催のイベントの様子だそうですが、すさまじい音が出ています。

関連投稿:耐久性も相当なものだった。100万キロ走ったパガーニ・ゾンダが公開

2015-Pagani-Zonda-La-Nonna-0

スーパーカー、ハイパーカーというとその消耗度合いや寿命が懸念の一つですが、なんとパガーニ・ゾンダで100万キロを走行した個体が存在。

これはプロトタイプ2で6リッターもAMG製M120エンジンを備え、392馬力を発生。
生産されたものでは最古のゾンダの部類だそうで、ニックネームは「LaNonnna」。
イタリア語で「おばあちゃん(イタリアでは車は女性名詞)」を意味するそうです。

今回この車両はオラチオ・パガーニ氏の60歳の誕生日を記念してフルレストアされたとのことで、新車と見違えるようなコンディションですね。

2015 Pagani Zonda La Nonna 7

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->パガーニ(PAGANI)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5