>ポルシェ(Porsche)

ポルシェがクラシック911のために「昔っぽい」タイヤの提供を開始

投稿日:2016/04/27 更新日:

| ポルシェが過去に製造した車の70%が「今も現役」 |

Porsche

ポルシェは相当に頑丈な車であり、「今までに製造した車の70%が今も路上を走っている」とのことで、これは必ずカタログの最後の方に記されている事実でもあります。
そのポルシェですが、クラシック・ポルシェのために「昔っぽい外観」を持つタイヤの提供を開始。

過去モデルに適合する様々なパーツも続々公開

930あたりだと今っぽいホイールに今っぽいタイヤを装着していてもさほど違和感はありませんが、356あたりになるとさすがに今風のタイヤはマッチせず、ここは今までオーナーさんが苦労していたところかもしれませんね。

今回ポルシェは新たに32種類の推奨タイヤを公開しており、これは1959年から2005年までに製造されたモデルにマッチ。
世代でいうと356Bから996世代までですね。

ポルシェの歴史はタイヤの歴史とも言えるほどポルシェとタイヤは密接な関係にあり、とくにRRという特殊な構造を採用するポルシェにとってリアタイヤは非常に重要で、安全にクラシックモデルを乗るためにもやはりポルシェにとってタイヤは軽視できないパーツなのだと思います。
なお、これらタイヤの開発においてはワルター・ロールも参加しているとのことで、ポルシェの本気を感じるとともにメーカーとしての真摯な姿勢も伝わってきますね。

加えてポルシェは空冷世代のポルシェ向けに、ダッシュボードのラジオのスペースへ違和感なく収まるカーナビゲーションシステムを提供しており、やはり「雰囲気」を大切にしていることもわかります。

ポルシェファン感涙。クラシックポルシェユーザー必携の書「ORIGINALE」発売に加えオンラインでパーツ検索が可能に

ポルシェジャパンがクラシックポルシェのパーツカタログ「ORIGINALE」日本語版をポルシェセンターおよびポルシェクラシックパートナーにて発売。 価格は1,782円、数量限定とのこと。  こ ...

続きを見る

ポルシェがクラシックモデル向けのパーツ供給を拡充。996世代まで”全ての”911のマニュアルを再発行し、ナットやワッシャーに至るまでも再販

| ポルシェはクラシックモデル、そしてそのオーナーを大切にしている | ポルシェのクラシックカー専門部署、「ポルシェクラシック」が700種以上ものドライバーズマニュアル含む説明書を新たに復刻した、と発 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5