>ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ(Lamborghini)

友人のランボルギーニ・チェンテナリオが納車に。ユーチューバーがその様子をアップ

投稿日:2017/06/20 更新日:

友人のランボルギーニ・チェンテナリオが納車されたので見に行ってきた、という動画が公開に。
動画をアップしたのはウラカンに乗るユーチューバー、ビークル・ヴァージン氏。
そしてこのチェンテナリオは「アメリカでの納車第二号」とされたイエローの個体だと思われます。

こちらが内装。
外装と同じくイエローがモチーフとして使用されていますね。

ランボルギーニ・チェンテナリオはランボルギーニ創始者、フェルッチョ・ランボルギーニ生誕100周年を記念したモデルで、アヴェンタドールがベース。
クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が生産される予定で、世界各地で納車が始まっています。

ランボルギーニとしては唯一、ボディに「カーボン柄むき出し」となるエクスポーズド・カーボン仕様を(有料で)選べることが特徴であり、そのためこの仕様を選ぶオーナーさんも多く、一方では今回の「イエロー」のように独自色を選ぶ人もいたりして、かなり多くのバリエーションが存在することになりそうです。

価格は3億5000万円程度と言われるものの、ベースがアヴェンタドールなので、ポルシェ918スパイダー、マクラーレンP1、ラ・フェラーリなど「スーパーカー御三家」に比べると維持費は相当に安価だと思われ(スーパーカー御三家は既存ラインアップとの共通性がほぼ無く、消耗品交換なども割高と考えられる)、チェンテナリオは「維持しやすい限定スーパーカー」と言えるのかもしれません。

北米で登録される車には規制の関係で(一定の条件を満たさない場合には)通称”5マイルバンパー”が装着されることになり、ブガッティ・シロンも例外とはならなかったようですが、チェンテナリオに5マイルバンパーは装着されるのかどうかも気になるところ。

なお日本への割当(クーペ)は二台で、一台はGACKTが購入した、と言われていますね。
↓日本でのお披露目の様子はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), >ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5