ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ウルス

ランボルギーニ・ウルス

ランボルギーニのデザイナー「遅かれ早かれウルスはピュアEV化する。時代は確実に電動化へシフトしており、40年後の若い世代がガソリンエンジンに魅力を感じるかどうかはわからない」

| たしかに、ガソリンエンジンを知らない世代がガソリンエンジンに魅力を感じるとは思えない | 自動車メーカー各社はブランディングとあわせ、今後の判断を迫られる時期に差し掛かっている さて、ランボルギー ...

【動画】650馬力のランボルギーニ・ウルスと490馬力のテスラ・モデル3とのドラッグレース!ほぼ共通点のない両者なるもゼロヨンタイムは「ぴったり同じ」

【動画】650馬力のランボルギーニ・ウルスと490馬力のテスラ・モデル3とのドラッグレース!ほぼ共通点のない両者なるもゼロヨンタイムは「ぴったり同じ」

| やはりテスラのクルマはどれをとっても抜群の速さを持つようだ | 更にテスラは実用性、リセールバリューなど高いレベルでのバランスを保っている さて、いつも様々な内容のドラッグレース動画を公開している ...

【動画】その価格500万円オーバー!ランボルギーニ向けとして宝飾品ユーチューバーが「ゴールド+ダイヤモンド」づくしのエンブレムを製作して公開

【動画】その価格500万円オーバー!ランボルギーニ向けとして宝飾品ユーチューバーが「ゴールド+ダイヤモンド」づくしのエンブレムを製作して公開

| なかなかに魅力的ではあるが、これを装着すると外にクルマを駐車できなくなりそうだ | ランボルギーニ自身も「ダイヤモンド入り」ホイールセンターキャップを発売している さて、宝飾品の加工を専門的に行う ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが「2022年第1四半期は過去最高の販売台数だった」と発表!加えて「毎月、生産キャパ以上の受注がある」「すでに1年以上の受注残がある」とも

| ボクとしては、この勢いでブランドの価値を上げ続け、フェラーリに並んでほしいところ | ただ、フェラーリのように「注文しても2年くらい納車を待つ」ようになるとちょっと困る さて、ランボルギーニが20 ...

【動画】フェラーリの工場から続々新型車が!プロサングエに812コンペティツォーネ、デイトナSP3、謎のプロトタイプも登場

【動画】フェラーリの工場から続々新型車が!プロサングエに812コンペティツォーネ、デイトナSP3、謎のプロトタイプも登場

| フェラーリ・プロサングエのティーザーキャンペーンが開始されるも、未だに謎だらけ | プロサングエは現在でもマセラティ・レヴァンテを取り付けて走行中 さて、何かと話題のフェラーリの新型SUV「プロサ ...

【動画】ランボルギーニ・ウルス、テスラ・モデルX、メルセデスAMG E63(ブラバス850)がウェットにてドラッグレース!やはりテスラ・モデルXは強かった

【動画】ランボルギーニ・ウルス、テスラ・モデルX、メルセデスAMG E63(ブラバス850)がウェットにてドラッグレース!やはりテスラ・モデルXは強かった

| なんだかんだ言いながら、どんな環境でも最大のパフォーマンスを引き出せるテスラ・モデルXはスゴいと思う | 一方でブラバス850にとっては残念な結果に さて、いつも様々なドラッグレース動画を公開して ...

ランボルギーニ・ウルス

ランボルギーニが「新型ウルスは8月に発表」と明言!4月と年末にはウラカンの新バリエーションが発表されるといわれ、今年は忙しい年になりそうだ

| さらに2023年にはアヴェンタドール後継、2024年にはウラカン後継、2027-2028年にはブランニューモデル発売も | 加えて、ウルスもいずれかの段階でフルモデルチェンジを行わねばならない さ ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが改めて「2022年にはウルスに2つ、ウラカンに2つのニューモデルを追加し、それでガソリン車の投入が最後になる」と明言。2023年以降は電車電動化へ

| いつかはこのときがやってくると考えていたが、ついにその瞬間が目前に迫ってきたようだ | いずれのニューモデルも「既定路線」ではあるが、その中でもサプライズを期待したい さて、ランボルギーニは「20 ...

ランボルギーニ

ランボルギーニは2021年に「3つの記録」を達成していた!販売台数13%増、売上高19%増、営業利益は49%増。困難な状況においても最高の数字を記録

| フェラーリが証明しているように、スーパーカーは「ブランド力」によって優劣が分かれる時代に突入 | ただしそのブランド力の構築手段はそれぞれの自動車メーカーによって大きく異なる さて、ランボルギーニ ...

ランボルギーニが2年ぶりにオーナー向け「雪上トレーニング」を開催!場所はアルプスの高級ウインターリゾート、一度はこれに参加してみたい

ランボルギーニが2年ぶりにオーナー向け「雪上トレーニング」を開催!場所はアルプスの高級ウインターリゾート、一度はこれに参加してみたい

| スポーツカーメーカー、スーパーカーメーカーは「自社の製品を存分に理解してもらう」ための機会を用意することが多々あるようだ | これもある意味で「非日常」でもある さて、ランボルギーニが「3年ぶり」 ...

【動画】キム・カーダシアンのカスタムしたランボルギーニ・ウルスとマイバッハがスゴかった!ロールスロイスとあわせて特別に調合したグレーにペイントされる

【動画】キム・カーダシアンのカスタムしたランボルギーニ・ウルスとマイバッハがスゴかった!ロールスロイスとあわせて特別に調合したグレーにペイントされる

| やはりお金があるとどんなカスタムもできて楽しそう | メルセデス・マイバッハは納車前からドアを外してまでのオールペン さて、数々のカスタムカーを所有する米セレブ、キム・カーダシアン。ちょっと前にも ...

【動画】SUV最強モデル、アストンマーティンDBX 707とランボルギーニ・ウルスとのドラッグレース!やっぱり馬力の差がそのまま出たようだ・・・

【動画】SUV最強モデル、アストンマーティンDBX 707とランボルギーニ・ウルスとのドラッグレース!やっぱり馬力の差がそのまま出たようだ・・・

| エンジン形式や搭載位置、駆動方式は同じ、差があるのは出力と重量、そしてトランスミッション | アストンマーティンDBXは名実ともにSUV最強の座に さて、アストンマーティンは先日、707馬力を誇る ...

ランボルギーニより「ウルスが1ヶ月かけて日本列島を6510km走破した」イベントを一冊にまとめた美しい写真集が届く!ウルスは発売から4年、そろそろフェイスリフトの時期に

ランボルギーニより「ウルスが1ヶ月かけて日本列島を6510km走破した」イベントを一冊にまとめた美しい写真集が届く!ウルスは発売から4年、そろそろフェイスリフトの時期に

| ウルスは「スーパーSUV」ながらもどんな風景、そしてどんな路面にもマッチするようだ | フェイスリフトによってその魅力を増すことは間違いない さて、ランボルギーニは昨年、「UNLOCK ANY R ...

ランボルギーニ・ウラカンEVO

ランボルギーニが「ウルスとウラカンをメインに、2021年には前年の2倍以上のアワードを受賞した」と発表。世界中にて高い評価を受ける

| ランボルギーニの「クルマとしての完成度」は非常に高い | エレクトリック時代になったとしても、ランボルギーニは高い評価を受け続けるだろう さて、ランボルギーニが「2021年には、ウルスとウラカンS ...

【動画】ランボルギーニ・チェンテナリオ風のエアロパーツを装着したウルス、すなわち「チェンタウルス」!フロントとリアのインパクトが凶悪そして強烈すぎる

【動画】ランボルギーニ・チェンテナリオ風のエアロパーツを装着したウルス、すなわち「チェンタウルス」!フロントとリアのインパクトが凶悪そして強烈すぎる

| 現在は「バーチャル」なるも実際にこれを作るショップが登場しそうだ | たしかにそのイメージは「チェンテナリオ」 さて、自身の考えるボディパーツを付与したレンダリングを製作しYoutube上に公開す ...

ランボルギーニ

ランボルギーニ初のEVは4座クーペではなく「最低地上高の高い、2+2か4座の、これまでに存在しないセグメントのクルマになる」。CEOが現在の状況を報告

| ある意味、フェラーリ初のSUV、プロサングエのライバルはウルスよりもこちらかも | ここ数年、ランボルギーニはニューモデルのラッシュを迎えそう さて、ランボルギーニは昨年5月に「コル・タウリに向け ...

ランボルギーニ

ランボルギーニCEOが「2022年はウラカンに派生モデル2つ」「ウルスに2種のフェイスリフトモデル」発売と明言!なおウラカンとウルスPHEVは2024年、ウラカン後継にはV10非搭載の可能製

| ウラカン派生モデルは「オフロード版」「地味なSTO」と言われるが、ウルスのフェイスリフトには隠し玉の可能性も | ランボルギーニは2022年以降も積極的にニューモデルを追加 さて、ランボルギーニは ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

【動画】ランボルギーニ大阪を知り尽くす「ワークショップツアー」に参加!美しいボディカラーのウラカンSTOも見てきた

| なかなか見ることができない「ランボルギーニ正規ディーラーの裏側」を見学してきた それにしてもウラカンSTOはいつ見てもハードすぎる さて、ランボルギーニ大阪さん主催の「ワークショップツアー」に呼ん ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5