ウルス

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に

ランボルギーニCEOが近い将来を語る!「2022年にはウラカンとウルスに新モデル」「アヴェンタドール後継は2023年」「ウラカン後継は2024年」「第4のランボは2+2」

| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ | ウルスは2022年にモデルライフ中盤のフェイスリフト+PHEV投入 さて、アヴェンタドールの最終モデルにして「V12ガ ...

ランボルギーニ・ウルスが累計生産15,000台を突破!ランボルギーニ史上「最速」にて「最多」販売を記録

ランボルギーニ・ウルスが累計生産15,000台を突破!ランボルギーニ史上「最速」にて「最多」販売を記録。歴代モデルの販売台数も集めてみた

| ランボルギーニでもっとも販売台数が少ないのは「シルエット」の54台 | ウラカン、アヴェンタドールはいずれも10,000台オーバー さて、ランボルギーニはつい先日、「上半期としては過去最高の販売台 ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニが「2021年前半は史上最高の販売だった」と公表!加えて「夏に新型車を発表」と正式コメント。カウンタックオマージュのシアンか

| 日本市場の販売台数はちょっと前の2位から5位へとダウン | さらにランボルギーニは来年4月までの受注を確保 さて、ランボルギーニが「2021年の上半期は、ランボルギーニの歴史上、もっとも多くのクル ...

ランボルギーニ・ウルス風に改造されたホンダCR-Vの後ろを「本物の」ウルスが走る様子が目撃される

ランボルギーニ・ウルス風に改造されたホンダCR-Vの後ろを「本物の」ウルスが走る様子が目撃される

| これがもし偶然だとするとスゴい確率だ | ランボルギーニ・ウルスはカスタムモチーフとしても大人気 さて、カスタムの中でも定番となっているのが「なんとか風」コンバージョン。やはり人気なのはフェラーリ ...

ランボルギーニが中国にて800キロにおよぶツーリング開催!中国だけあって山脈や草原、砂漠といった雄大な自然を駆け抜ける

ランボルギーニが中国にて800キロにおよぶツーリング開催!中国だけあって山脈や草原、砂漠といった雄大な自然を駆け抜ける

| このツーリングを企画した人は相当に苦労しただろうな | これだけの内容を持つイベントであれば、ちょっと参加してみたい さて、ランボルギーニは中国において2015年から7年間、年例行事として「ランボ ...

全身ベコベコ、バンパーも外れたランボルギーニ・ウルスが販売中

全身ベコベコ、バンパーも外れたランボルギーニ・ウルスが販売中。どう見ても修理は難しそうだが、現在90万円以上の値がつけられ、さらに入札が増え続けそう

| ここまで前後左右がまんべんなく破壊されたランボルギーニ・ウルスも珍しい | おそらくは、時間をかけてでも中古パーツを探し、格安で修理する業者や個人には需要があるのだと思われる さて、事故や火災、水 ...

ランボルギーニ・ウラカンEVOでジムカーナを走ってきた

【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVOでジムカーナを走ってきた!あわやスピンしそうになるもウラカンEVOの電子制御に助けられる

| とにかく姿勢を崩しがちなのは「加速時」。ネット上にあふれるスーパーカーのクラッシュ動画のようにならないように気をつけよう | 一方、そのブレーキングパワーは凄まじい さて、ランボルギーニ大阪/神戸 ...

ランボルギーニ・ウルスでジムカーナを走る

【動画】ランボルギーニ・ウルスでジムカーナを走る!ウラカンよりも楽にタイムを出せそうな車輌制御技術の高さに驚かされる

| ランボルギーニ・ウルスを信頼して思いっきりブレーキを踏めば、それで「絶対に止まる」 | ウルスの基本性能は非常に高く、ある意味ではウラカンを凌駕している さて、ランボルギーニ大阪/神戸さんの主催に ...

ポルシェ・マカンSでジムカーナを走ってきた!SUVといえどもマカンはれっきとした「ポルシェ」であり、ボクはこれまでその実力を見誤っていた

【動画】ポルシェ・マカンSでジムカーナを走ってきた!SUVといえどもマカンはれっきとした「ポルシェ」であり、ボクはこれまでその実力を見誤っていた

| ポルシェ・マカンSの実力は思ったよりもずっと高かった | こういった「クルマの限界」を知る機会はなかなかない さて、先日はランボルギーニ大阪/神戸さん主催のジムカーナ試乗イベントに参加させていただ ...

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

ランボルギーニがこの時点で「2021年の生産キャパ分のほぼすべてを売り切った」とコメント!納車待ちが長くなる?もしくはグループの協力を得て増産?

| ランボルギーニは年初からその好調ぶりに触れていたが | コロナによる「自粛」が逆に有利に働いたようだ さて、ちょっと前にはスイスのクァンタム・グループによる買収報道が複数回出てきたランボルギーニ。 ...

スゴいなこの夫婦!キム・カーダシアンのカスタムしたモッフモフのランボルギーニ・ウルスが「夫であるカニエ・ウエストのウルスよりもキテる」と話題に

スゴいなこの夫婦!キム・カーダシアンのカスタムしたモッフモフのランボルギーニ・ウルスが「夫であるカニエ・ウエストのウルスよりもキテる」と話題に

| プロモーション用のワンオフモデルだそうだが、実際のところかなり細かく作り込まれているようだ | おそらくは(機能的に)走行するのは難しいだろう さて、アメリカのセレブは様々な車のコレクションを持ち ...

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

6月はランボルギーニ・ウラカンEVOとウルスの試乗会!ジムカーナイベントだけあってこの機会を逃すことはできないな。骨折してるけど。

| 当日用意される試乗車はウラカンEVOとウルス、そして走るのはジムカーナ | このチャンスだけは逃すことができない さて、6月中旬には久しぶりにランボルギーニの試乗会があり、今から非常に楽しみにして ...

中東に納車される「内装パープル」のランボルギーニ・ウルス・マンソリーカスタム

中東に納車される「内装パープル」のランボルギーニ・ウルス・マンソリーカスタム!プリンスやジミ・ヘンドリックスが存命であれば喜びそうだ

| おそらくはウルスの新車価格一台分くらいのコストがかかっていそうだが、払える人にとっては満足度が高いかも | インテリアは文字通り「フルカスタム」 さて、過激なチューンとカスタムで知られるマンソリー ...

ランボルギーニ・カウンタック

ランボルギーニ売却話には続きがあった!スイスの持ち株会社が1兆円にて買収を申し出る。影でポルシェ一族暗躍とのウワサ

| まさかランボルギーニの買収がこういった形で具体化するとは | いったんは落ち着いたランボルギーニの身売り話だが さて、年末年始あたりに世を騒がせた「ランボルギーニの身売り話」。これは親会社であるフ ...

NBA選手がカスタムしたC8コルベットがナイス!ボディはベージュにラッピング

NBA選手がカスタムしたC8コルベットがナイス!ボディはベージュにラッピング、そしてホイールはレトロなメッシュ風

| アメリカ西海岸ではベージュラッピングが大人気? | ブラックを効果的に使用してさらに上級なカスタムへ さて、NBA選手、ジョーダン・クラークソンがカスタムしたコルベットが公開に。なお、このコルベッ ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

ランボルギーニは「2024年に全車電動化」。つまりガソリンエンジンで走るスーパースポーツはアヴェンタドール、ウラカンが最後。一つの時代が幕を閉じる

| ランボルギーニはここ数年のうちに、ブランニューモデルを3つも用意しなくてはならない | いまだかつて、ランボルギーニはここまで大きな変化を経験したことはない さて、ランボルギーニは先日「未来に向け ...

ランボルギーニが公式にて「ロッソ・エフェスト」にペイントされたウルスのカスタム仕様を公開

ランボルギーニが公式にて「ロッソ・エフェスト」にペイントされたウルスのカスタム仕様を公開!加えて新しいカーボン製オプションパーツもリリース

| おそらくウルスのオプション装着率は低くない | そのカラーリングは「ウルス・コンセプト」にそっくり さて、ランボルギーニは自社にてパーソナリゼーションプログラム「アドペルソナム」を持ちますが、時お ...

ポルシェは6月末にカイエンにフェイスリフトを実施

ポルシェは6月末にカイエンにフェイスリフトを実施!同時に631馬力のホットバージョンが登場し「GT5」を名乗る?

| 未だその名称は「秘密」、しかしそのスペックの一部が公開される | ヒエラルキーとしてはランボルギーニ・ウルスの「下」、アウディRS Q8の「上」 さて、ポルシェが6月末にカイエンのフェイスリフト( ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5