ハイパーカー

あの「トンデモハイパーカー」メーカー、ゼンヴォがニューモデルを用意しているようだ!ガソリンエンジンにこだわり続け、今後は米国と中東に進出も

あの「トンデモハイパーカー」メーカー、ゼンヴォがニューモデルを用意しているようだ!ガソリンエンジンにこだわり続け、今後は米国と中東に進出も

| 現時点ではサンプルが少なすぎてその”実際の”性能がどんなレベルなのかわからない | もしかすると、パガーニやケーニグセグに比肩しうる可能性も デンマークのハイパーカーメーカー、ZENVO(ゼンヴォ ...

以前に「ケーニグセグっぽい」2300馬力のハイパーカーを発表したエレクトロン。今回はまた別の「マクラーレンっぽい」ハイパーカー、1400馬力のトゥルーヴァを発表

以前に「ケーニグセグっぽい」2300馬力のハイパーカーを発表したエレクトロン。今回はまた別の「マクラーレンっぽい」ハイパーカー、1400馬力のトゥルーヴァを発表

| どんどんこういったハイパーカーが登場するが、おそらくそのほとんどが実現できないままに終わるだろう | それでもこういったプロジェクトが次々出ることが理解できない さて、エレクトリックハイパーカーメ ...

解説系ユーチューバー、パガーニ・ゾンダFに乗ってアウトバーンを321km/hで走る!あまりの楽しさに解説を忘れて笑いっぱなしに

【動画】解説系ユーチューバー、パガーニ・ゾンダFに乗ってアウトバーンを321km/hで走る!あまりの楽しさに解説を忘れて笑いっぱなしに

| パガーニ・ゾンダFが実際にこの速度を出せること、そして恐怖が感じられないことには驚きだ | 一度でいいからパガーニでここまでアクセルを踏んでみたいものだ さて、今回我らがShmee150氏がパガー ...

ブガッティが「1台3250万円」のビリヤード台を公開!スーパーヨット内での使用を考慮し、5ミリ秒で台の水平を自動調整するデバイスを内蔵しているようだ・・・

【動画】ブガッティが「1台3250万円」のビリヤード台を公開!スーパーヨット内での使用を考慮し、5ミリ秒で台の水平を自動調整するデバイスを内蔵しているようだ・・・

| この世の中には「想像できない」セレブな生活があるようだ | この「3250万円」が高いのかそうでないのか、ボクにはわからない さて、ブガッティが30台限定、その価格25万ユーロ(3250万円)の「 ...

フェラーリやマクラーレンをデザインした大御所が語る「もっとも優れたデザインを持つアストンマーティン」。さすがにデザイナーの視点は独特だった

【動画】フェラーリやマクラーレンをデザインした大御所が語る「もっとも優れたデザインを持つアストンマーティン」。さすがにデザイナーの視点は独特だった

| アストンマーティンは何ものにも似ていない独自のデザイン、そして存在感が大きな特徴 | 路上での存在感はフェラーリ、ランボルギーニ「以上」だと思う さて、フェラーリ、ミニ、マセラティ、BMW、マクラ ...

カティア・バッシ

ランボルギーニ初の女性役員が中国・紅旗のハイパーカー部門へ!フェラーリやBMWの元重役たちと1400馬力のハイパーカー「S9」を開発

| いかに大金を積まれても、先が見えず、一方的に首を切られたりしそうな中国系企業へと移るのはちょっと怖い | 紅旗はどうやら本気でハイパーカーを発売するようだ さて、中国の自動車ブランド、紅旗がハイパ ...

パリの高級ホテル前にてブガッティ・ディーヴォが「バックしすぎて」後ろのベンツにぶつかる!修理代金はどれくらいなんだろうな・・・

【動画】パリの高級ホテル前にて6.5億円の限定ハイパーカー、ブガッティ・ディーヴォが「バックしすぎて」後ろのベンツにぶつかる!修理代金はどれくらいなんだろうな・・・

| もうちょっとホテルの人がしっかり見てあげていれば良かったのにと思う | 幸いなことに大きなダメージはなさそうだ さて、パリにてブガッティ・ディーヴォが軽微なクラッシュを喫する動画が話題に。これは現 ...

1250馬力、0-100km/h加速1.9秒、最高速432km/hの3Dプリンター製ハイパーカー「ジンガー21C」はこんなクルマ!あの大富豪が紹介してくれるぞ

【動画】1250馬力、0-100km/h加速1.9秒、最高速432km/hの3Dプリンター製ハイパーカー「ジンガー21C」はこんなクルマ!あの大富豪が紹介してくれるぞ

| これだけ思い切った構造、特異なコンセプトを持つハイパーカーも珍しい | ジンガー21Cは数ある新興ハイパーカーの中では飛び抜けた存在だと考えていい さて、昨今は新興ハイパーカーが次々と登場していて ...

走行わずか65km、美しいブルーのマクラーレン・セナGTRが販売中!その価格2億1500万円、なんと新車価格の1.4倍

走行わずか65km、美しいブルーのマクラーレン・セナGTRが販売中!その価格2億1500万円、なんと新車価格の1.4倍

| 日本語のラベルが付いているところを見るに、最初に日本で納車された個体なのかも | それにしてもこのエアロパッケージの過激さには驚かされる マクラーレン正規ディーラー、マクラーレン・フィラデルフィア ...

ポルシェがリリースしたモーターショーのブース予想図にハイパーカーが見える?うっかり配置してしまった可能性があり、918スパイダー後継発売の可能性が高まる

ポルシェがリリースしたモーターショーのブース予想図にハイパーカーが見える?うっかり配置してしまった可能性があり、918スパイダー後継発売の可能性が高まる

| ただし、この様相図には「既存の素材」を使用しただけで、事実とは一致していない可能性も高い さらに、ポルシェはそれを承知でボクらを試しているのかもしれない さて、ポルシェはミュンヘン・モーターショー ...

人気ユーチューバー、ピニンファリーナ・バッティスタに試乗!ドライブモードに合わせて変化する「EVサウンド」には要注目

【動画】人気ユーチューバー、ピニンファリーナ・バッティスタに試乗!ドライブモードに合わせて変化する「EVサウンド」には要注目

| ピュアEVはガソリン車とは異なる世界観をアピールすることで優位性を構築できるか | ハイパーEVがどこまでガソリン車に(人気の面で)迫れるかは要注目 さて、我らがShmee150氏がピニンファリー ...

ブガッティがチェントディエチの風洞実験が終了したと発表。「EB110を意識したスタイルを持つためにシロンとは全く空気の流れが異なる」。さらに+100馬力分の冷却も必要に

ブガッティがチェントディエチの風洞実験が終了したと発表。「EB110を意識したスタイルを持つためにシロンとは全く空気の流れが異なる」。さらに+100馬力分の冷却も必要に

| ブガッティはここ最近、各限定モデルの価格を正当化するためか開発中の様子を積極的に公開している | どのモデルも同じように開発の手間がかかるため、台数が少ないモデルほど価格が高価に さて、ブガッティ ...

登録者667万人、女流スーパーカー系ユーチューバーのスーパーカーブロンディがドバイに「本部」設立!オフィスの中を見てみよう

【動画】登録者667万人、女流スーパーカー系ユーチューバーのスーパーカーブロンディがドバイに「本部」設立!オフィスの中を見てみよう

| ユーチューバーもコロナ禍にてその活動内容が大きく変わってくることになりそうだ | それにしてもスーパーカーブロンディ本部の中には驚かされる さて、女流スーパーカー系ユーチューバーとして世界中からス ...

ブガッティ・シロン

新型ブガッティは1年前から開発が進められていた!12ヶ月以内に有力顧客には案内され、3年後に発売される模様

| ただしこの「新しいブガッティ」がシロン後継なのか、追加バリエーションなのかはわかっていない | さらにはガソリンエンジンを積むのかどうかもわかっていない さて、ここ最近様々なウワサが耐えないのがブ ...

ヘネシー・ヴェノムF5

ヘネシーが「2.3億円、最高速512km/h」のハイパーカー、ヴェノムF5の「最後の3台」が売れたと発表。これでめでたく限定24台を完売

| おそらくは、どこかで加速やラップタイムの「世界最速」記録に挑んでくるだろう | 注文者の60%は米国からだが、アジアや中等、欧州からのオーダーも さて、米チューナー、ヘネシーは「自社オリジナル設計 ...

ポルシェのル・マン「ハイパーカークラス」参戦用マシンはこんな感じに?タイカンGT1 Evoのレンダリングが公開

ポルシェのル・マン「ハイパーカークラス」参戦用マシンはこんな感じに?タイカンGT1 Evoのレンダリングが公開

| ポルシェがエレクトリック化の象徴であるタイカンを「ル・マン ハイパーカー」のデザインモチーフに採用してもおかしくはない | ただし公式にはどんな姿になるのかは明かされていない さて、ポルシェはル・ ...

この人やっぱりブガッティの超限定モデル「ボライド(ボリード)」を買ったのか・・・。プライベートジェットに乗ってハイパーカーを買いに行く

【動画】この人やっぱりブガッティの超限定モデル「ボライド(ボリード)」を買ったのか・・・。プライベートジェットに乗ってハイパーカーを買いに行く

| ブガッティ・ボライドは今後に渡って高い資産価値を誇ることになりそうだ | そのデザインは何度見てもエクストリームすぎる さて、ブガッティ・シロン・エルメス、パガーニ・ウアイラ・エルメス、マクラーレ ...

ブガッティが1850馬力のぶっちぎりハイパーカー、ボライドを販売するとのウワサ。40台限定、価格は6億5000万円くらいになるようだ

なぜスーパーカーメーカーは「サーキット走行専用車」を連発するようになったのか?もはやそこしか差別化できる市場がないのかもしれない

| 数年前までは、ここまで「サーキット走行専用車」が市場にあふれていなかった | もはや「登録可能なクルマ」でライバルに差をつけることが難しい段階に来ている? さて、先日ブガッティはサーキット走行専用 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5