ミライ

新型トヨタ・ミライの発表を目前に試作車目撃!まんまMIRAI コンセプトそのままの姿で登場しそう

| なぜトヨタはそこまでFCVにこだわるのか | さて、トヨタは「新型ミライ」の予告を開始したところですが、このデビュー予定は12月。そして今回、その新型ミライと思われるプロトタイプが目撃されることと ...

ローマ教皇が来日の際に使用したトヨタ・ミライの「パパモビル」は2台製造されていた!うち1台がバチカンへと納車されることに

| てっきり1台だけのワンオフかと思ったが | ローマ教皇が世界各国を訪問する際に使用される車両、通称「パパモビル(パパモービレ)」。これは真っ白の外観に「SCV1(ステート・シティ・バチカン1号車= ...

トヨタが”MIRAI Concept”発表!従来のMIRAIのようなエコカールックから「高級セダン」に変身。そのワケとは?

| 高いお金を出すならば、やっぱり高級でないと | トヨタが第46回東京モーターショーにて公開する新型モデル8つのうち、3番めの「MIRAI Concept(ミライ・コンセプト)」を公開。なお、1番目 ...

レクサスLSの燃料電池車と見られる試作車が目撃に。なぜトヨタは高くて不便なFCVにばかり力を入れ、EVには注力しないのか

| トヨタはFCVをもって「世界を変えることができる」と信じている | レクサスLSのフューエルセルつまり燃料電池車と思われるプロトタイプが目撃に。なお、レクサスはLSの発売に先駆けてコンセプトカー「 ...

現時点でFCVは「予定の5.5%」しか売れていないという事実。FCVにこだわるトヨタはEVシフトが必要?

2017/12/18    , , , , ,

| FCVはもうオワコン? | ブルームバーグによると、燃料電池車(FCV)の存在感が薄れつつあり、それによってトヨタは早急にEVへの方向転換を迫られている、とのこと。 これは全世界的な傾向でもあり、 ...

「トヨタはEV開発には及び腰だった」。そのツケが回ってきている現状について考える

東洋経済によると、現在トヨタがEVに注力、とのこと。 記事によれば昨年12月に社長直轄にてEV開発を行う「EV事業企画室を立ち上げたばかりか、そこに参加する人数が7倍になっている」、と報じています。 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5