ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ヴァルキリー

アストンマーティン・ヴァルキリーAMR Proの「顧客向け第一号」が納車!オーダーしたのはレーシングチーム、ボディ色は「チームカラー」に

アストンマーティン・ヴァルキリーAMR Proの「顧客向け第一号」が納車!オーダーしたのはレーシングチーム、ボディ色は「チームカラー」に

| アストンマーティンはヴァるキリーのようなハイパーカープロジェクトを再び実現する気は無いようだ | ヴァルキリーは自動車史的に見ても”非常に稀有な”クルマとして今後語られることになるのかも さて、ア ...

その価格4億円のハイパーカー、アストンマーティン・ヴァルキリーがサーキットにて痛恨のヒット!修理費がいくらになるかが気になって仕方がない

その価格4億円のハイパーカー、アストンマーティン・ヴァルキリーがサーキットにて痛恨のヒット!修理費がいくらになるかが気になって仕方がない

| この車両がアストンマーティンの所有なのか顧客の所有なのかは定かではない | あとちょっとだけコースが広ければなんとか難を逃れられた可能性も さて、その価格が4億円近いとも言われるアストンマーティン ...

【動画】F1に匹敵?バーレーンGPにてアストンマーティンが「ノー・ルール・ハイパーカー」ヴァルキリーAMR Proを走らせる様子を一般公開

【動画】F1に匹敵?バーレーンGPにてアストンマーティンが「ノー・ルール・ハイパーカー」ヴァルキリーAMR Proを走らせる様子を一般公開

| レギュレーションに縛られなければ、クルマはいったいどこまで速く走ることができるのかには非常に興味がある | アストンマーティン・ヴァルキリーAMR Proは訓練を受けていないと失神する速さだという ...

限定台数150台のうち「69番目の」アストンマーティン・ヴァルキリーが納車!ボディカラーは「スーパーノヴァレッド」

限定台数150台のうち「69番目の」アストンマーティン・ヴァルキリーが納車!ボディカラーは「スーパーノヴァレッド」

| なぜかアストンマーティンは公的にヴァルキリーの納車について祝う姿勢を見せていない | 今のところボディカラーは「レッド」が多いようだ さて、アストンマーティン・ヴァルキリーは昨年11月から納車が始 ...

アストンマーティン・ヴァルキリーのデリバリーが(2年以上遅れて)ついに始まる!納車第一号はドイツ、第二号はオーストリアにて

アストンマーティン・ヴァルキリーのデリバリーが(2年以上遅れて)ついに始まる!納車第一号はドイツ、第二号はオーストリアにて

| 納車第二号のアストンマーティン・ヴァルキリーはブラックとレッドのグラデーション | ヴァルキリーはアストンマーティンとレッドブルによる「ただひとつの」コラボレーションとなりそうだ さて、アストンマ ...

アストンマーティンがそのハイパーカー「ヴァルキリー」の市販車第一号の生産が完了したと発表!製造にかかるのは一台2000時間、その後はサーキットで走行テスト

アストンマーティンがそのハイパーカー「ヴァルキリー」の市販車第一号の生産が完了したと発表!製造にかかるのは一台2000時間、その後はサーキットで走行テスト

| 一時はその運転があまりに「困難」なため開発が難航したと伝えられていたが | これから出てくるであろう納車や走行レビューには期待 さて、アストンマーティンが公式に「量産車第一号を完成させた」と発表。 ...

アストンマーティン史上最速オープンカー「ヴァルキリー・スパイダー」発表!1176馬力、最高速350km/h、限定台数は85台

アストンマーティン史上最速オープンカー「ヴァルキリー・スパイダー」発表!1176馬力、最高速350km/h、限定台数は85台

| すでに購入申込みは85台を軽くオーバーしているようだ | 現在鋭意開発中、スペック詳細や価格は不明 さて、アストンマーティンがかねてより予告していたとおり、「ヴァルキリー・スパイダー」を発表。これ ...

アストンマーティンが「ヴァルキリー・ロードスター」の発表を予告!クーペの限定台数「150台」とは別枠にて用意?

アストンマーティンが「ヴァルキリー・ロードスター」の発表を予告!クーペの限定台数「150台」とは別枠にて用意?

| 現時点ではヴァルキリー・ロードスターの詳細は明かされていない | ただしクーペへの「追加」となると、アストンマーティンに相当な利益を落とすことになりそうだ さて、アストンマーティンがペブルビーチ・ ...

このクルマ、これでも合法なんか・・・。あのユーチューバーによる、まさかのアストンマーティン・ヴァルキリーの試乗レビューが公開

【動画】このクルマ、これでも合法なんか・・・。あのユーチューバーによる、まさかのアストンマーティン・ヴァルキリーの試乗レビューが公開

| ただし、いかにShmee150氏といえども自身での運転は許されず、「同乗」にとどまる | そのサウンドは室内から聞いても常識はずれだった さて、おそらくはロードカー史上もっとも過激なクルマ、アスト ...

アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のスペックを発表!エンジンはAMG製V8、前後にモーターを搭載し950馬力を発生する4WD

アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のスペックを発表!エンジンはAMG製V8、前後にモーターを搭載し950馬力を発生する4WD

| モーターを前後に一つづつ搭載するミドシップハイパーカーはなかなかに珍しい | さらにはアストンマーティンらしい「豪華さ」も さて、アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」の市販スペックを ...

謎のアストンマーティンがついに発表、2度の路線変更を経たヴァルキリーAMR Pro

なんだ、ヴァルキリーAMR Proだったのか・・・。謎のアストンマーティンがついに発表、それは2度の路線変更を経たヴァルキリーAMR Pro

| ヴァルキリーAMR Proはル・マンLMP1カー、F1マシンに匹敵する | 残念ながら、アストンマーティンのル・マン24時間レースハイパーカーへの参戦は「無い」ようだ  さて、先般よりアストンマー ...

アストンマーティンの新型ハイパーカー

アストンマーティンが6月28日にヴァルキリーのハードコア版と思われる新型車を発表すると予告!ロードカー版ヴァルキリーは路上テストを開始するも泥沼訴訟が持ち上がる

| アストンマーティンにとってヴァルキリーは「悪夢」となるかもしれない | 開発の難航、レッドブルとの提携解消、資金難・・・。これほど発売までに苦難が続いたクルマも珍しい さて、先日リークされてしまっ ...

アストンマーティン・ヴァルキリーの「超過激バージョン」がリーク

何この極悪エアロ!アストンマーティン・ヴァルキリーの「超過激バージョン」がリーク。一旦は参戦を見送ったル・マン「ハイパーカークラス」に再度挑戦状を叩きつける?

| アストンマーティン・ヴァルキリーは2017年発表、当初の予定であればすでに納車が始まっている頃だが | さすがに派生モデル、今後の計画含めて多額の投資を行っているだけに、ヴァルキリー計画をキャンセ ...

アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開

【動画】アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開に。両者の共通点についても語られる

| アストンマーティンは今、大きな過渡期に差しかかっている | さて、アストンマーティンが2021年シーズンを走るF1マシン「AMR21」とともに、F1マシンと同じアストンマーティン・レーシング・グリ ...

アストンマーティン

アストンマーティンが投資家向けに今後の計画を公開。「ヴァルキリーとDBXに派生モデル」「新型SUV」「フロントエンジン車は全入れ替え」「ヴァンキッシュにはピュアEVも」

| さらに2030年には全ラインナップの90%をエレクトリック化 | さて、現在経営体制を変更して再建中のアストンマーティン。ローレンス・ストロール氏の出資を受け入れ、CEOが元メルセデスAMGのトビ ...

マクラーレンBC-03/スピードテール、アストンマーティン・ヴァルキリー、ブガッティ・シロンSS 300+等の生産枠が一挙転売!法的問題も契約弁護士が解決してくれるようだ

| 売る側にも法的リスクがあるが、買う側にも「メンテナンス」等の不安が残る | マクラーレンがごく少数のみを生産すると言われるハイパーカー、BC-03。最初にこのハイパーカーのウワサが出てきたのは20 ...

どうしてこうなった・・・!アストンマーティンの売り上げが1/3に、そして6.6億もの資金を得たのに1.5億の赤字。自動車会社の経営は難しい

| まさかここまでアストンマーティンが苦境に陥るとは想像していなかった | アストンマーティンが2020年第一四半期に1億4600万ドルもの損失を出した、との報道。アストンマーティンはつい先頃、レーシ ...

アストンマーティンDBX

なんでこんなことに・・・。富豪から700億超の出資を得るもアストンマーティンの資金が「1年以内に尽きる」可能性大。DBXが売れなければまたしても倒産か?

| アストンマーティンはなんとしてもDBXを成功させなければならない | アストンマーティンはカナダの富豪にしてレーシングポイントF1チームのオーナーでもあるローレンス・ストロール氏の出資を受け入れて ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5