中国

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

2021/10/14    , , , ,

| ホンダは地域や国ごとに別々の展開を行っており、それが「儲からない」原因だと言われている | このままだとホンダeは一代限りで終了しそうだ さて、現在「最大」の電気自動車市場となった中国のマーケット ...

ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売

ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売

| ホンダは中国にてガソリンエンジン版ヴェゼルを「ヴェゼル」のほか「XR-V」の名称でも販売中 | ガソリン版ヴェゼルよりもフルエレクトリック版ヴェゼルのデザインのほうが自然に見える さて、今年4月、 ...

ボクには見分けがつかない!中国製の「メルセデス・ベンツをマイバッハに見せかける」キットを装着したEクラス・ロングが目撃される

ボクには見分けがつかない!中国製の「メルセデス・ベンツをマイバッハに見せかける」キットを装着したEクラス・ロングが目撃される

| どう見てもメルセデス・マイバッハSクラスにしか見えない | ここまで完全に「偽装」されると真贋を見分けることができる人はほぼいないだろう さて、以前は「BMW 5シリーズを、新型M3風のバーチカル ...

実現は無理っぽい・・・。中国から「1835馬力、0-100km/h加速1.8秒、最高速420km/h、重量1350kg」という世界トップクラスのスペックを持つEV「ファーノヴァ・オセロ」登場

実現は無理っぽい・・・。中国から「1835馬力、0-100km/h加速1.8秒、最高速420km/h、重量1350kg」という世界トップクラスのスペックを持つEV「ファーノヴァ・オセロ」登場

| ここまで実現が難しそうな数字が並んでしまうと、そもそもの計画自体を疑ってしまう | ただ、中国だけに無理矢理にでも実現させる可能性もゼロではない さて、このところ毎週のように出てくる「新興ハイパー ...

違う違うコレじゃない!中国にて「ホンダ・インテグラ」が発売されるも「シビックにスポーティーな外観が与えられた兄弟車」としての展開

違う違うコレじゃない!中国にて「ホンダ・インテグラ」が発売されるも「シビックにスポーティーな外観が与えられた兄弟車」としての展開

| もちろん、北米で発売が予告される「アキュラ・インテグラ」とは別モノ | 中国ではやや特殊なボディカラーが好まれるようだ さて、北米では「アキュラ・インテグラ」の登場がアナウンスされており大きな話題 ...

ホンダがヴェゼルとCR-Vの中間に位置するコンパクトSUV、「BR-V」をフルモデルチェンジ!フロントには最近のホンダが好む「直立グリル」

ホンダがヴェゼルとCR-Vの中間に位置するコンパクトSUV、「BR-V」をフルモデルチェンジ!フロントには最近のホンダが好む「直立グリル」

| 駆動方式はFFのみ、開発コストを切り詰めることで低価格を実現 | 最近のホンダの特徴でもある「直立グリル」を採用 さて、ホンダがインドネシアにてフルモデルチェンジ版となる「BR-V」を発表。BR- ...

中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産

中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産

2021/9/17    , , ,

| 中国の「起業ブーム」「流行に乗る勢い」は凄まじい | それにしても、よく起業のための資金をかき集めることができるものだ さて、中国は「EV生産台数世界No.1」を目指しており、国策としても電気自動 ...

新型マツダCX-5の予想CG登場!流出したマイナーチェンジ版画像をベースにしており、この姿で登場するのは「確定」と考えて良さそう

新型マツダCX-5の予想CG登場!流出したマイナーチェンジ版画像をベースにしており、この姿で登場するのは「確定」と考えて良さそう

| マツダは今後「ラージ商品群」を発売するが、既存車種とどうデザイン的差別化を図るのか? | 現在のデザイン言語は長い間採用されており、そろそろリニューアルしてもいいかもしれない さて、先日は中国の工 ...

カティア・バッシ

ランボルギーニ初の女性役員が中国・紅旗のハイパーカー部門へ!フェラーリやBMWの元重役たちと1400馬力のハイパーカー「S9」を開発

| いかに大金を積まれても、先が見えず、一方的に首を切られたりしそうな中国系企業へと移るのはちょっと怖い | 紅旗はどうやら本気でハイパーカーを発売するようだ さて、中国の自動車ブランド、紅旗がハイパ ...

テスラ・モデルY

テスラの「8月の中国生産と輸出が最高」に。なんだかんだ言って誰もテスラの勢いを止めることができないようだ。誰もが「中国工場は失敗する」と予測していたが

| テスラが中国に工場を作ると言ったとき、だれもが否定的でここまでの成功を予想していなかった | いまのところテスラには決定的な「失敗」はない さて、テスラが8月の中国製(MIC)モデル3/モデルYに ...

今までのスマートはなかったことに!中国資本で生まれ変わった新生スマート「コンセプト#1」が発表

【動画】今までのスマートはなかったことに!中国資本で生まれ変わった新生スマート「コンセプト#1」が発表

| 中国で好まれる「ニュルっとした」スタイルに生まれ変わる | インテリアも中国を意識したと思われる「ゴールド」に さて、コンパクト(マイクロ)カーブランド”スマート”について、現在ダイムラーから中国 ...

ポルシェ・パナメーラGTS

ポルシェが中国に研究開発施設を開設!さらにマレーシアに組立工場を設立し、ついに「東南アジアでの生産」がはじまる

| ポルシェは自社のDNAを守りつつ、しかし多様化への方向を探っているようだ | ただし、さすがにマレーシアでの生産開始にはショックを覚えざるをえない さて、ポルシェは、アジアでの存在感を高めるために ...

ランドクルーザー プラド/ランクル300のライバル(と言われる)中国の「タンク500」正式デビュー!内装はBMWとロールスロイス、ベントレーの寄せ集めのようだった・・・

ランドクルーザー プラド/ランクル300のライバル(と言われる)中国の「タンク500」正式デビュー!内装はBMWとロールスロイス、ベントレーの寄せ集めのようだった・・・

| 一応ボディオンフレーム構造を採用し、本格オフローダーを目指しているようだ | その内外装には「どこかで見た」ディティールが多数 さて、「世界ナンバーワンのSUVメーカー」を目指している中国の長城汽 ...

ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEVの画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・

ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEV(SUV、セダン含む)の画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・

| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う | 中国に建設する子会社の新社屋、新工場は蒸気を逸したレベルを持っている さて、ロータスが中国・武漢に建設している工場と子会 ...

まさかの「インテグラ」復活!ホンダが正式にアキュラブランドからの投入を発表。日本でも発売してくれないものか

ホンダ(アキュラ)「今は新型インテグラのドアの枚数も、ボディ形状も教えられない」。ただしこれが4ドアクーペだろうとボクが思うワケ

| アメリカ、そして中国のトレンドを考慮するに、「4ドアクーペ」以外には考えられない | 加えて、現在アキュラは「クーペ風セダン」を持っていない さて、米国アキュラは「インテグラを復活させる」と発表し ...

中国ORAより、VWビートルの復刻版のような「パンクキャット」発売目前。なおこのデザインは欧州特許庁に登録されているためVWは手出し不可能?

中国ORAより、VWビートルの復刻版のような「パンクキャット」発売目前。なおこのデザインは欧州特許庁に承認されたためVWは手出し不可能?

| さらにORAはホンダEやスマートのコピーのようなクルマを発売して成功を収めている | さすがにこれはフォルクスワーゲンも看過できないだろう さて、中国の自動車メーカー、長城汽車のEVブランド「OR ...

テスラの「低価格EV(260万円くらい)」は思ったよりも早く登場しそうだ!年末にはプロトタイプを生産し環境影響評価を開始する模様

テスラの「低価格EV(270万円くらい)」は思ったよりも早く登場しそうだ!年末にはプロトタイプを生産し環境影響評価を開始する模様

| テスラは計画的に「安くEVを作る方法」を追求し実現してきた | テスラは他の自動車メーカーとはまったく異なる計画を実現してきた さて、テスラは「25,000ドル(270万円くらい)」のコンパクトモ ...

なぜだッ!5ドアのスイフトスポーツの後部ドアを埋め、「3ドア化」したオーナー登場

なぜだッ!5ドアのスイフトスポーツの後部ドアを埋め、「3ドア化」したオーナー登場。たしかにボディ剛性はかなり向上しそうだな

| それにしてもドアを溶接し、パテで埋め、再塗装するとカナルのコストがかかりそうだ | それでもこのオーナーは3ドアにしたかったということに さて、中国にて「5ドアのスイフトスポーツを、3ドアに改造し ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5