EV

ルノー5プロトタイプ

ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい | さて、つい先日「ルノーは”5”をEVとして復活させる計画がある」と報じられたばかりですが、イキナリその「ルノー5プロトタイプ」の画像そして実車 ...

EVスタートアップ、Canoo

アップルはEVベンチャー「Canoo」の買収を考えていた!さらには百度やアップルの下請けもEV産業へと参入し、今後の自動車業界の勢力図が大きく変わりそう

| アップルコンピューターは自社での車両製造を考えていた? | さて、ヒュンダイの思わぬ発言によって明るみに出た「アップルカー(AppleCar / iCar)」ですが、今回はさらなる関連情報が登場。 ...

ヒュンダイの新型車、IONIQ5

まるでドット絵!ヒュンダイがカクカクした新型EV「IONIQ(アイオニック)5」を予告!!ボクはこういった理由で「次はヒュンダイ株が買い」だと考えている

| 今までボクは”アンチ”ヒュンダイだったが | さて、ヒュンダイ(ヒョンデ)が最新モデルとなる電気自動車、「IONIQ 5」のティーザー画像/動画を公開。このIONIQ(アイオニック)はヒュンダイの ...

ルノー5ターボ

ルノーが過去の人気モデル名「4」「5」を復活?ヒット作のリバイバルは「有名な原作を映画化」と同じでリスクが少ないことに着目か

2021/1/13    , , ,

| エレクトリック”5ターボ”に期待したい | さて、ルノーが「4(キャトル)」や「5(サンク)」といったビッグネームを蘇らせるのでは?という報道。ただし「EVにて」という条件がつくようですが、ルノー ...

テスラの充電器(スーパーチャージャー)

テスラが中国専売、「260万円の」ニューモデルを投入?成長著しい中国市場にて一気にシェアを獲得し40万台/年の販売を目論むとの報道

2021/1/11    , , ,

| テスラはあらゆる方面でライバルからの攻撃に備える | さて、何かと話題のテスラですが、2022年の早い段階にて「もっとも安価なニューモデル」を投入するとの報道。これによると、中国にて稼働を開始させ ...

アップルカー(AppleCar)

アップルの自動車(AppleCar / iCar)はヒュンダイ製に?ヒュンダイが「アップルとの協業を検討中」と発表→直後にこれを取り消し。週明けにヒュンダイの株が暴落しそう

| いずれにしても、アップルが近い将来、自動車ビジネスに関わるのは間違いがないようだ | さて、再燃し始めたアップルコンピューター製の自動車、通称「アップルカー(Apple Car / iCar」。今 ...

ポルシェ・タイカンのメーター

ドイツではEVの販売が「3倍」となりエレクトリック化が加速!各社の投入したEVが市場拡大を後押しし、このまま行くと世界中で思ったよりも速く電動化が進みそう

| 今までEVが売れなかったのは「選択肢がなかった」から? | さて、続々世界各国各地域での自動車販売状況が公開されていますが、ドイツでは2020年におけるEV販売が前年比3倍を記録し194,000台 ...

トヨタの超小型EV、C+pod(シーポッド)

トヨタの超小型EV、「C+pod(シーポッド)」に対してボクが思うこと!「過去最高に煽られそうなクルマだな・・・」

| クルマ自体に罪はなく、問題なのは世間の認識だ | さて、トヨタが発売したEV、「C+pod(シーポッド)」がなにかと話題に。これは全長2,490ミリ、全幅1,290ミリという軽自動車よりも小さな車 ...

アウディe-tron

世界でもっともEV化が進むノルウェー。2020年のEV販売比率は昨年の42%から54%へ。PHEVを足すと74.8%。10台のうち7~8台が電動化車両という計算に

| いったいなぜノルウェーではそんなにEVが売れるのか | さて、世界で最も電動化が進んでいると言われるノルウェー。2020年11月には「電動車販売最高記録」を打ち立てたばかりですが、12月にはまた記 ...

テスラの充電器(スーパーチャージャー)

株価が1年で7.4倍に達したテスラ!2020年の生産台数は目標「50万台」にわずかに届かない49万9550台だったと発表。ちなみにテスラのクルマは「全部ヒット作」でハズレなし

2021/1/5    , , , ,

| 工場閉鎖期間を考慮すると、この数字は「目標達成」と言っていい | さて、テスラが2020年の生産台数について、49万9550台に達したものの、目標の50万台をわずかに下回った、と発表。ただ、コロナ ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、NIO EP9、ケーニグセグ・アゲーラRのドラッグレース動画

【動画】スマン、思わず笑ってしまった・・・!アヴェンタドールSVJとアゲーラRとのドラッグレース中、撮影用「カメラカー」がぶっちぎりの速さを見せてゴールする

| さすがにヤラセの可能性も否定できない | さて、中国のカーメディア、YiCheが収録したドラッグレース動画にて珍事が発生。この動画はランボルギーニにおける最強モデル「アヴェンタドールSVJ」、そし ...

BMW i4

BMWがちょっとだけエレクトリック化に対して強気になり「2023年に電動化比率を20%にまで高める」。以前に比べて2年の前倒し

| 以前、BMWは「2025年でもエレクトリック化比率は”いいところ20%”」と述べていた | さて、BMWがエレクトリック化を加速させ、「2023年には新車販売の20%をエレクトリック化」するとコメ ...

フェラーリ・ローマ

フェラーリは初のSUV「プロサングエ」を投入したのち、さらに2つのSUV投入を計画していた!コードネームはF244とF245、4モーターを持つピュアEVとなるらしい

| フェラーリは今後、フルラインアップメーカーとして販売台数を追求するのか | フェラーリがブランド初のSUV「プロサングエ」を発売するというのは隠しようもない事実ですが、最新の報道だと、プロサングエ ...

アスパーク・アウル

世界最速、3.6億、車高99cm、2012馬力のハイパーカー、アスパーク・アウルが欧州と北米でも販売開始!大阪にもショールームをオープンさせたようだが

| 一度はアスパーク・アウルの実車を見てみたい | さて、あの「アスパーク・アウル」が欧州と北米でも販売開始。ただしまだまだ拠点は少なく、欧州だとフランスはブルゴーニュ、北米だとフロリダそれぞれ一拠点 ...

テスラ・モデル3

いいぞテスラ!世界人口2番目の市場、インドへ進出との報道。ただしインドとテスラはマッチするのか?

2020/12/31    , , ,

| おそらくインドの人にとってイーロン・マスクは”ヒーロー”に見えるはずだ | さて、テスラがインド市場に参入、との報道。これはロイターが報じたもので、「インドの運輸大臣、ニティン・ガッカーリ氏がイン ...

ベントレー・コンチネンタルGT

21年3月からアウディの管理下に置かれるベントレー。「ポルシェの下でなくて良かった・・・」。なお、今後は少量生産の超高額車生産ブランドに?

| 「バカラル」「ブロワー」等のプロジェクトを見ると、ベントレーは今後方向転換を行いそうだ | さて、ベントレーは2021年3月1日からアウディの管理下に置かれる(フォルクスワーゲンの重役会議の決定に ...

トヨタ・ランドクルーザー

ついに北米からランドクルーザー撤退!新型ランクルの話も見えず、どうなるトヨタ/レクサスのラージSUV戦略

| オフローダーとエレクトリック化は相性があまり良くない。どうなるランクルの電動化 | 米カーメディアによると、北米市場において、トヨタがランドクルーザーの販売を2021年モデル限りで終了させる、との ...

ヒュンダイ(ヒョンデ)ネッソ

ヒュンダイ改め「ヒョンデ」日本へ正式再上陸!販売開始第一号は一番売れそうにない水素自動車「ネッソ」というナゾに迫る

| ヒュンダイ(ヒョンデ)はおそらく3~4年タームでの日本市場展開を考えている | さて、これまでの公式ツイッター開設、9月に開催した代官山でのキャンペーンを経て、ついにヒュンダイが日本市場にて正式に ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f