EV

ファン感涙!ロータスが「JPSカラー」のエヴァイヤを公開。市販モデルの出力は予定より高くなって2000馬力を超えるようだ

| 2000馬力を超えるとなるとテスラ・ロードスター、ピニンファリーナ・バッティスタ、リマックC_Two以上 | ロータスがグッドウッド・スピードウィークに2台のロータス・エヴァイヤを持ち込むと発表し ...

【今日のニュース:EV編】テスラ・モデル3が微妙にマイチェン、中国のiPhone製造工場がEVへと参入etc.

| EV業界は今後あわただしくなりそうだ | さて、今日のニュース、EV編。まずはテスラ・モデル3がアップデートされたという件ですが、外観の変更はごくわずか(サイドギルのデザインがちょっと変わったくら ...

ポルシェ創業者の末裔、BMWやポルシェを追い出された「はみ出し者」たちが展開する新興EVメーカー、ピエヒ。市販モデル「GT2」を発表し、実力が問われる

2020/10/15    , , , , ,

| 一時期は中国から資金提供を受けるのではと言われたが | さて、昨年のジュネーブ・モーターショーにてコンセプトカー「マーク・ゼロ」を発表した新興EVメーカー「ピエヒ」ですが、今回は市販モデル「GT2 ...

ボルボが新型EV「XC20」発売との報道。車体は2800億円を投じて親会社である吉利汽車が開発した「SEA」プラットフォーム

| 吉利汽車はシナジー効果を極限まで高めたい意向だ | ボルボがコンパクトなフルエレクトリックSUV、XC20を発売するとのウワサ(画像はXCクーペ)。※ボルボはすでに、XC10とXC20の商標を出願 ...

国がEVを推進するのに対して消防署は「EVの事故や火災に対する対処法が不十分」。このままEVが増加すると現場が対応しきれなくなることに

「EV」「ハイブリッドカー」の火災に対するマニュアル拡充が急務 ブルームバーグによると、米国では、EVやハイブリッドカーが火災を起こした際、どう対処するかの対応マニュアルがまだ十分には整備されていない ...

メルセデス・ベンツが今後の計画を語る!「マイバッハ拡充」「AMGとマイバッハもエレクトリック化」「EQSとEQEにSUV追加」

| 発表されたばかりのSクラスについても自信を見せる | エントリーモデルからハイエンド、さらにはEVに至るまで積極的にラインアップを拡大し続けるメルセデス・ベンツ。今回は「将来的な展開」についていく ...

アウディがカッコいい新型EV、e-tron GTのティーザー画像と疑似サウンド公開!渾身のサウンドが「掃除機みたいだ」と話題に

2020/10/10    , , , , ,

| なぜ人々はEVに対してこうも冷たいのか・・・ | さて、アウディが「テスラ・モデルS対抗馬」として発売するピュアエレクトリックセダン、e-tron GT市販モデルの情報が徐々に公開。e-tron ...

マツダ社長自らがロータリエンジン復活を明言!ただし「発電機」として。あわせてマツダ電動化の未来を語る

| しかしながらマツダは絶対に隠し玉を持っていると思う | さて、マツダはブランニューモデル「MX-30」を発表したところですが、今回発売されたのはガソリンエンジンを核とした「ハイブリッド」。しかしな ...

MITのEV班がポルシェ911をEV化!モーターは4つ、ミドシップへと大変身

| 64個のバッテリーは前後に分けて搭載 | これまでにもいくつかのポルシェ911「EVコンバート」がネット状を賑わせてきましたが、今回はMIT(マサチューセッツ工科大学)のエレクトリックビークルチー ...

ロールスロイスが同社「初」のエレクトリックモデルを開発中との報道!「ハイブリッドを通り越してイキナリEVだ」

| ロールスロイスは変化することで生き残ってきた | さて、ロールスロイスは現在「初」の量産モデルとなるエレクトリックモデルを開発中、とのこと。これはカーメディア、Automotive News Eu ...

中国生産となったボルボの高級ブランド「ポールスター」。納車開始からわずか2ヶ月の間に「クルマが動かなくなる」クレームが数十件発生

| いかに品質管理を徹底しても”チャイナリスク”はゼロではない | ボルボは高級エレクトリックブランドとして「ポールスター」を保有しており、つい2ヶ月前にはポールスター第二弾となる「ポールスター2」の ...

北京モーターショーでもっとも評価の高い車がこの「HiPhi X(ハイファイX)」だ!最高速300km/hのスーパーEV、価格は1000万円オーバー

| 中国からは実に多数のEVが登場 | さて、北京モーターショーでは多数の新型車が発表されており、パクリあり、レトロあり、未来ありといった感じで百花繚乱。そして他のモーターショーに比べると「エレクトリ ...

その名は「アルテミス・プロジェクト」!アウディが対テスラ精鋭チームを結成し、2024年に次世代EVを発売

さて、フォルクスワーゲングループが年一回の定例ミーティングを開催し、その中でVWグループ会長であるハーバート・ディエス氏がアウディを中心としたエレクトリックカー計画について言及。これによると、まずe- ...

現存するのは世界に7台、リマック「コンセプト・ワン」が1.8億で中古市場に。もしかすると今後もっとも値上がりしそうなクルマ?

| もしリマックがブガッティを買収すれば、コンセプト・ワンの価格は天井知らずに | 今となっては超レアとなってしまった「リマック・コンセプト・ワン」が約1億8000万円にて中古市場に登場。コンセプト・ ...

信じられないが本当だ!欧州ではタイカンがポルシェで最も売れたモデルに。なおパナメーラの客を奪ったようで、こちらは前年比-71%

| たしかに欧州ではタイカンの人気が高く、アウディの工員までもがポルシェでタイカン製造を手伝っているというが | ちょっと信じられないものの、タイカンが「欧州にて、ポルシェでもっとも売れているモデルに ...

高級車最大市場のひとつ、カリフォルニアが「2035年にガソリン車の販売を禁止」!否が応でもEV化を加速させる必要が出てきたぞ

| もうガソリン車は生き残ることが難しそうだ | さて、現在いくつかの国が「ガソリン車の販売」を将来的に禁じる動きに出ていますが、今回は高級車やエキゾチックカーの大きな市場であるカリフォルニア州が「2 ...

テスラが0-100km/h加速世界最速2.1秒のモデルS「プレイド」発売!あわせてニュル挑戦、安価なEV発売にも触れ、自動車業界の「最速から最安」までを支配しそう

| もうテスラには手を付けられない | さて、テスラが以前にちょっとだけその発売を示唆していた「3(トライ)モーター」を採用するモデルSのトップレンジを発売。これは「Plaid(プレイド)」と呼ばれる ...

マツダMX-30を見てきた!どう見てもマツダ車なのにこれまでのマツダ車と全然違う!ボク的「ベスト・オブ・マツダ」

| とくにリヤのデザイン的処理には驚かされる | さて、マツダが発表した新型車、MX-30を見に「マツダ・ブランドスペース大阪」へ。コロナウイルス対策中ということで入館時には連絡先を記入したり手指の消 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5