EV

ボルボの高級ブランド「ポールスター」が大胆発言。ポルシェと肩を並べるとし、三年かけてカイエン、マカン、タイカンのライバルを発売する計画を公表

ボルボの高級ブランド「ポールスター」が大胆発言。ポルシェと肩を並べるとし、三年かけてカイエン、マカン、タイカンのライバルを発売する計画を公表

| ただしポールスターは中国製、そして全台数がリコールになったことも | 日本市場で売るにはあまりにサイズが大きそうだ 日本ではあまり(というかほとんど)馴染みがありませんが、欧州を中心に展開している ...

ポルシェとバック・トゥ・ザ・フューチャーとが奇跡のコラボ!タイカンの横をデロリアンが走り抜け時間を超える。タイカンを運転するのはあの「市長」

【動画】ポルシェとバック・トゥ・ザ・フューチャーとが奇跡のコラボ!タイカンの横をデロリアンが走り抜け時間を超える。タイカンを運転するのはあの「市長」

| ポルシェの提供する充電ネットワークが「1.21ギガワット」をに達したことからの共同戦線 | ポルシェはタイカンに対し、相当なプロモーション費用を投入しているようだ さて、ポルシェは初の電気自動車「 ...

英新興企業が「ジャガーDB6を、1億円でEV化する」と発表!ボクは貴重なクラシックカーのEV化も「アリ」だと考えている

英新興企業が「ジャガーDB6を、1億円でEV化する」と発表!ボクは貴重なクラシックカーのEV化も「アリ」だと考えている

| Lunaz社はこれまでにも旧いベントレーやロールスロイスを次々EV化 | おそらく今後、こういったEVコンバートは大きな流れとなるのかもしれない 英国のLunazなる会社(2018年創業)がアスト ...

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

2021/10/14    , , , ,

| ホンダは地域や国ごとに別々の展開を行っており、それが「儲からない」原因だと言われている | このままだとホンダeは一代限りで終了しそうだ さて、現在「最大」の電気自動車市場となった中国のマーケット ...

ロータスの新型スーパーカー(予想レンダリング)

ロータスが完全電動となる次期エリーゼについて語る!「2026年登場、軽量性を維持するが、価格は高くなる」。なお1300~1500万円くらいになるようだ・・・

| エントリーモデルのエリーゼでこの価格となると、その上のモデルは当然さらに高価に | この価格帯だと完全に「ポルシェよりも上」のブランドへと移行することになりそうだ さて、ロータスはガソリン時代最後 ...

ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売

ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売

| ホンダは中国にてガソリンエンジン版ヴェゼルを「ヴェゼル」のほか「XR-V」の名称でも販売中 | ガソリン版ヴェゼルよりもフルエレクトリック版ヴェゼルのデザインのほうが自然に見える さて、今年4月、 ...

フェラーリ

メルセデス・ベンツが電気モーター会社を買収→同社はフェラーリ、ケーニグセグにもモーターを供給しており、将来的にこれらのブランドは「同じパワートレーン」を積むことに

| ピュアエレクトリック時代になるともう差別化を出せる部分が少なくなってくる | かつては「エンジン」こそがクルマの中心的価値だったが さて、今後のスーパーカーやハイパーカーにおいては、その中心的価値 ...

アウディのステアリングホイール

アウディCEO「チップ不足はパーフェクトストームのようだ」。しかしそれを乗り切ることに自信を見せ「3年以内にEVをガソリン車よりも利益が出るようにする」

| 現在の自動車会社の経営は今までにはない方面への配慮が要求されそうだ | EVの製造コストが下がる一方、今後ガソリン車の製造コストはどんどん上がりそう さて、現在自動車業界では深刻な「チップ不足」が ...

アルファロメオ

アルファロメオ「2022年から2026年まで毎年1台、新型車を発表する。そして2027年からはすべてのモデルを電動化する」

| ひとまず2022年発表のニューモデルはトナーレとして、残る4台は? | アルファロメオは今後「ドライバビリティ」に特化するとコメントしているが さて、アルファロメオが「2022年以降、2026年ま ...

ポルシェ創業者の曾孫がEVメーカー設立!第一弾のスポーツEV、ピエヒGTは「ポルシェ911への対抗」となりそうだ

ポルシェ創業者の曾孫がEVメーカー設立!第一弾のスポーツEV、ピエヒGTは「ポルシェ911への対抗」となりそうだ

| やはりピエヒ一族はポルシェに対し、強いライバル心を持っているのかもしれない | そのデザインは異なれど、ボディサイズやパフォーマンス、価格はポルシェ911と近いものとなりそう さて、ポルシェ創業者 ...

マツダ

マツダが2022-2023年に5つのニューモデルを発売すると正式発表!CX-50とCX-70/CX-90は北米へ、CX-60/CX-80は欧州と日本へ。2025年には専用設計を持つEVの投入も

2021/10/7    , , , , ,

| 一方、CX-5は改良されながらも継続販売、2022年にはロータリーエンジンを発電機として搭載するEVも | 2022-2023年はマツダにとって大きな転換の年になりそうだ さて、マツダが公式に「2 ...

実現は無理っぽい・・・。中国から「1835馬力、0-100km/h加速1.8秒、最高速420km/h、重量1350kg」という世界トップクラスのスペックを持つEV「ファーノヴァ・オセロ」登場

実現は無理っぽい・・・。中国から「1835馬力、0-100km/h加速1.8秒、最高速420km/h、重量1350kg」という世界トップクラスのスペックを持つEV「ファーノヴァ・オセロ」登場

| ここまで実現が難しそうな数字が並んでしまうと、そもそもの計画自体を疑ってしまう | ただ、中国だけに無理矢理にでも実現させる可能性もゼロではない さて、このところ毎週のように出てくる「新興ハイパー ...

その名は「スペクター」!ロールスロイスがEV初の超高級車を発表、そして「400年の使用を想定し、これから250万キロ走破の旅に出る」。

その名は「スペクター」!ロールスロイスがEV初の超高級車を発表、そして「400年の使用を想定し、これから250万キロ走破の旅に出る」。

| さすがはロールスロイス、考えることのスケールが異なる | そしてネーミングはまた「現実ではない、儚い存在」から さて、ロールスロイスは昨日に「歴史的な発表を行う」と予告し、そして本日発表されたのが ...

テスラ・モデルS

2021年8月のノルウェーでの自動車販売における「電動化比率」は92%!2025年を待たず販売の100%がEVとなる日が来る可能性も。なおその理由は「税制優遇とインフラの充実」

| ちょっと前まではノルウェーのEV販売比率は「70%くらい」だったが | おそらくノルウェーではもうガソリン車に乗る理由が無いものと思われる さて、現段階では「もっともEVの販売比率が高い」国、ノル ...

スバルが初のEV「ソルテラ」のティーザー動画を公開!それにしてもスバルはうまくEVと自社の「冒険」イメージを結びつけたな・・・

スバルが初のEV「ソルテラ」のティーザー動画を公開!それにしてもスバルはうまくEVと自社の「冒険」イメージを結びつけたな・・・

| このプロモーション方法は、世界中探してもスバル以外にはできないだろう | 「環境」と「冒険」を両立できるのはスバルをおいて他にない さて、スバルが「初」となる電気自動車、ソルテラ(SOLTERRA ...

フェラーリがiPhone、Apple Watchのデザイナーと提携発表!2025年発売のEVについてジョニー・アイブ、マーク・ニューソンとデザインを共同にて行う模様

フェラーリがiPhone、Apple Watchのデザイナーと提携発表!2025年発売のEVについてジョニー・アイブ、マーク・ニューソンとデザインを共同にて行う模様

| フェラーリの「異業種との関係性構築」はとどまるところを知らない | フェラーリの新型EVは「アップル」っぽく丸くシンプルな形に? さて、フェラーリが「LoveFrom(ラブフロム)」との複数年に渡 ...

VW ID.3のバッテリーは1年で7.5%の劣化?すべての個体がそうであれば、そして保証の範囲であればVWは大きな出費を強いられることになりそうだ

【動画】VW ID.3のバッテリーは1年で7.5%の劣化?すべての個体がそうであれば、そして保証の範囲であればVWは大きな出費を強いられることになりそうだ

| テスラは過去に「保証の範囲以上にバッテリーが減ってしまい」しかし保証対応しなかったことで裁判になったことも | EVはまだまだ発展途上の製品であり、このまま普及すると自動車メーカーを苦しめることに ...

イギリスよりコンパクトなEVスポーツ「AURA」発表!複数メーカーが結集し、お互いの得意分野を活かしつつ空力性能を極限まで引き上げた意欲作

イギリスよりコンパクトなEVスポーツ「AURA」発表!複数メーカーが結集し、お互いの得意分野を活かしつつ空力性能を極限まで引き上げた意欲作

| ただし現時点ではその販売について実現性は「クエスチョン」 | 現在数え切れないほどの新興EVメーカーが誕生しているが、発売に至るのは「一握り」以下 さて、イギリスにて、いくつかのメーカーが集結して ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5