EV

テスラ・サイバートラック

本当?テスラが「小型版サイバートラック、そしてサイバートラック市販モデルを3月に同時発表」とのウワサ

| サイバートラックは何かと遅延が報じられるが、テスラだけに「サプライズ発表」をやりかねない | 小型版サイバートラックが発表されれば欧州やアジアでも人気が出そう さて、様々な報道がなされるテスラ・サ ...

ポルシェ

ポルシェがVWに対し131億円の違約金?VWの工場で生産する予定だった旗艦EVをキャンセルし、自社工場で生産することにしたためトラブルに

| ポルシェはそれだけのお金を「捨てて」でも、自分たちの思う通りのクルマを作りたい | そこまでしてできてくるフラッグシップEVには期待 さて、現在ポルシェはフォルクスワーゲングループに属し、一見する ...

一体どうしたブガッティ!「初の二輪」として電動キックボードを発売する。なおABSつき、最高速度は時速30キロ、航続可能距離は35キロ

一体どうしたブガッティ!「初の二輪」として電動キックボードを発売する。なおABSつき、最高速度は時速30キロ、航続可能距離は35キロ

| ブガッティはこういった「関連グッズ」でそのブランド知名度を拡大する戦略に出たようだ | たしかにブガッティのクルマはそうそう売れるものではないけれど さて、ラスベガスにて開催された家電見本市、CE ...

将来、ピュアEVとなるポルシェ911はより「空冷っぽく」なるかもしれないな・・・。そう思わせる「930レストモッド」公開

将来、ピュアEVとなるポルシェ911はより「空冷っぽく」なるかもしれないな・・・。そう思わせる「930レストモッド」公開

| 実際には次世代、またその先のポルシェ911がどうなるかは誰にもわからない | ただ、ここ最近のポルシェの傾向を鑑みるに、「過去」にモチーフを求めることになるだろう カーデザイナー、マッテオ・ジェン ...

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ「Cd値が0.1変わればEVの航続距離は2.5%変わる。ただしお客様はSUVを愛しており、SUVでなんとかCd値を下げるにはクーペスタイルにするしかない」

| EVへのシフトは「効率」「空力」面で自動車業界を大きく変革させることになりそうだ | さらにガソリンエンジンやトランスミッションというレイアウト状の制約がなくなり、車体の形状そのものも変わってゆく ...

GMが期待のニューモデル、「エクイノックスEV」発表!株価でフォードに、販売台数でトヨタに抜かれ、これ以上の失態は許されない

GMが期待のニューモデル、「エクイノックスEV」発表!株価ではフォードに、販売台数ではトヨタに抜かれ、これ以上の失態は許されない

| GMは「ボルト」でエレクトリック化で先鞭をつけつつも、その失敗から電動化には及び腰になっていた | 結果的に電動化の遅れが株価にも反映される形に さて、様々なニューモデルが発表されているラスベガス ...

クライスラーが1934年のビッグネームを復活させた「エアフロー・コンセプト」発表!エアロダイナミクスに加え、コネクティビティや自動運転といった先進機能もアピール

クライスラーが1934年のビッグネームを復活させた「エアフロー・コンセプト」発表!エアロダイナミクスに加え、コネクティビティや自動運転といった先進機能もアピール

| 旧FCAは電動化にて出遅れており、やや差別化要素が弱いかもしれない | そう考えると、賛否両論あれど「BMWの巨大グリル」「マスタングやハマーをEVとして復活」させるのはインパクトが大きい さて、 ...

ポルシェ

2021年の北米においてタイカンはパナメーラ、718ケイマン/ボクスターの「倍」を売り911に迫る人気を獲得。これによってポルシェのEV比率は13.5%、PHEV含む電動化比率は17%に

| まさかタイカンがここまでヒットするとは思ってもみなかった | おそらくポルシェの「EV比率」「電動化比率」は現時点で(他社に比較して)相当に高い さて、ポルシェが「2021年の米国市場にて、タイカ ...

ソニーが電気自動車参入を本格的に検討開始!新会社「ソニーモビリティ」を設立しVISION-S 01そしてSUVの02を発売?

ソニーが電気自動車参入を本格的に検討開始!新会社「ソニーモビリティ」を設立しVISION-S 01そしてSUVの02を発売か

| ソニーらしく、エンターテイメント性を強調した車内空間を持つことになりそうだ | 同時に高度な運転支援装備、安全運転機能を装備 さて、ソニーが米ラスベガスにて開催されている家電見本市、CES2020 ...

BMWが「i」ブランド最強、618馬力のiX M60発表!M専用モーター搭載で驚異のトルク、Mバッジはまさかの「ブラック」

BMWが「i」ブランド最強、618馬力のiX M60発表!M専用モーター搭載で驚異のトルク、Mバッジはまさかの「ブラック」

2022/1/5    , , , ,

| 今後、BMW「M」の主力製品もエレクトリックモデルに移行してゆくことになりそうだ | ただし、いかに航続可能距離とパフォーマンスとを両立させるかが今後の課題に さて、BMWが予告通り「iX M60 ...

テスラ

テスラが発売するという安価・コンパクトな「モデル2(もしくはモデルCかモデルQ)」についてわかっていることやウワサをまとめてみた

2022/1/5    , , , ,

| もしウワサどおりのクルマが発売されるならば、モデル2はとんでもない旋風を巻き起こしそう | テスラだけに、不可能と思えることでも実現してくる可能性もありそうだ さて、2022年の発表が確実視されて ...

EVスタートアップ「アルファ」がまたまた新型車発表!今回はレトロフューチャーなワゴン、そしてオンロード版とオフロード版も

EVスタートアップ「アルファ」がまたまた新型車発表!今回はレトロフューチャーなワゴン、そしてオンロード版とオフロード版も

| アルファ・モータースのEVシリーズはデザイン的にイケてると思う | 問題は「実際に発売されるかどうか」 さて、EVスタートアップ「アルファ・モータース」がその最新モデル「SAGA(サーガ)エステー ...

テスラよりも売れている、中国で大ヒットの「宏光ミニEV」をパクった「風光MINI EV」登場!中国人同士の仁義なき戦いが始まる・・・

テスラよりも売れている、中国で大ヒットの「宏光ミニEV」をパクった「風光MINI EV」登場!中国人同士の仁義なき戦いが始まる・・・

2022/1/3    , , ,

| 中国人を一番信用していないのは中国人自身だとも言われるが | これからは中国のヒット商品をパクるという手法が常套手段となりそうだ さて、とにかく中国で売れていると言われる宏光ミニEV(Hong G ...

マツダMX-30

マツダ初のEV、MX-30 EV Modelが売れてないもよう。原因はおそらく航続距離の短さ、しかしマツダは「その解決策として、ガソリン車をもう一台買い増せばOK」とコメント

| 欧州と日本ではおそらく目標販売台数をクリアしているようだ | ただし北米では他のEVに押されて販売が伸びていない さて、マツダが満を持して発売したMX-30 EV Modelですが、今ひとつ販売が ...

【動画】メルセデス・ベンツが1回の充電で1000キロ走行できる「EQXX」コンセプトを発表するようだ!その実現に向けての物語が公開される

【動画】メルセデス・ベンツが1回の充電で1000キロ走行できる「EQXX」コンセプトを発表するようだ!その実現に向けての物語が公開される

| もしこれをコンセプトカーではなく「市販車」で実現できれば革命的 | ただ、実際には多くの人がまだEVには大きな関心を抱かないだろう さて、メルセデス・ベンツが「一回の満充電あたり航続可能距離100 ...

【動画】もし大雪で電気自動車(EV)が立ち往生してしまったとき、ヒーターを使用したらバッテリーはどれくらい消耗してゆくのか?JAFが過酷なテストを実施

【動画】もし大雪で電気自動車(EV)が立ち往生してしまったとき、ヒーターを使用したらバッテリーはどれくらい消耗してゆくのか?JAFが過酷なテストを実施

| 現時点では、EVはまだまだ「我慢したり、なにかを犠牲にして」乗るクルマであることは否めない | 冬場の立ち往生もキツいが、経験上だと真夏の渋滞もEVにはそうとうにキツい さて、JAFが「電気自動車 ...

市販化希望!シトロエンのマイクロEV「アミ(AMI)」にオフロード風味をプラスしたマイ・アミ・バギー・コンセプトが誕生

市販化希望!シトロエンのマイクロEV「アミ(AMI)」にオフロード風味をプラスしたマイ・アミ・バギー・コンセプトが誕生

| マイクロEVながらも「旅」をイメージし、最大限の荷物を詰めるよう配慮 | やはりフランスの自動車メーカーはいつも面白いコンセプトカーを作るようだ さて、シトロエンが「マイ・アミ・バギー・コンセプト ...

テスラ・モデル3最大のライバル?中国NIOより、最大で航続可能距離1,000kmの「ET5」登場。価格は590万円〜、ARや自動運転も

テスラ・モデル3最大のライバル?中国NIOより、最大で航続可能距離1,000kmの「ET5」登場。価格は590万円〜、ARや自動運転も

2021/12/20    , , , ,

| 数年内に、中国のEVは「あなどれない」レベルにまで進化しそうだ | とくにNIOは最大の成長株だと考えて良さそうだ さて、中国のプレミアムEVメーカー、NIOがコンパクト高級(クーペ風)セダン、E ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5