ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

Rezvaniより、ポルシェ911GT3よりも高価な「Beast」発売。エンジンはシビック用

投稿日:2015/06/24 更新日:

| レズバニは数少ない、成功した少量生産メーカー |

Rezvaniモータースポーツが「Rezvani Beast」を発表。

カリフォルニアに拠点を置くビルダーですが、Arielアトムをベースにしたもの、とのこと。

北米での価格は1900万円

なお価格は1900万円ほどで、アトムの700万円に比べると異常に高い価格とも言えますね。
ちなみにこの価格は北米でのポルシェ911GT3の価格を大きく超えており、コストパフォーマンスという点では疑問ですが、非常に格好良いスタイルを持っており、この価格を許容できる人もいるかと思います。

ボディはカーボン製で、Samir Sadikhovによるデザインですが、フロントはイタルデザイン・パルクール、リアはランボルギーニに似ているとの評判。
なおエンジンはホンダ・シビックの2.4リッターをスパーチャージャーとターボで加給したもので500馬力を発生。

重量はわずか748キロで、0-100キロ加速は2.7秒、最高速度は時速266キロ。

関連投稿:これを購入する輩が本当にいた。クリス・ブラウンがRezvani Beastを購入

アリエル・アトムをベースとし、カーボンファイバーのボディで覆ったRezvani Beast。

エンジンはホンダ・シビック・タイプRの2.4Lですが、その価格は2000万円程度と非常に高価な車です。

なおエンジンにはターボを追加し最高出力は500馬力に。
0-100キロ加速は2.7秒とされ、価格以上の価値はあるのかもしれませんね。

関連投稿:Rezvaniビースト・スピードスター登場。ボクスターS比で倍の価格

クリス・ブラウンへ納車したことで一気に知名度をあげたRezvani Beast。
アリエル・アトムをベースとし、日常の使用に耐えうるボディ(カーボンファイバー)を架装した車ですが、そのコストがポルシェ911GT3/AMG GT S/BMW i8と同じ、というところでも話題になった車です。

エンジンはクーペモデルの500馬力に対して200馬力でチューンした300馬力。
価格もその分165000ドルから139000ドル、と安くなっています。

なお365馬力のボクスター・スパイダーは北米では82100ドルですが、さすがにパフォーマンスは金額だけのことはあり、0-100キロ加速は3.5秒(ランボルギーニ・ガヤルドと同じくらい)と俊足です。
500馬力のクーペは2.7秒、とアヴェンタドールよりも速く、ポルシェ918スパイダーやマクラーレンP1と同じくらいですね。

おそらくはドライバーズエイドの類はなく、己の技術のみで車をコントロールするタイプだと思われますが、最近のスーパーカーは電子制御の塊のようなもので、こういった車は逆に新鮮に見えますね。

新生TVRも似たような感じと思われますが、ロータス含めてこういった車も一つのカテゴリを形成しそうです。

画像を見るとけっこう細かいところまで作りこんであり、アトムに単に「ガワ」をかぶせただけではないことがわかります。
フルカーボン製でこの品質、このデザインであれば逆に安いのかもしれませんね。


関連投稿:レズバニ・ビーストが「Xパフォーマンス・パッケージ」公開。より過激なルックスに

レズバニが「ビースト」向けにアグレッシブなエアロキット「Xパフォーマンス・パッケージ」を追加。
既存のオーナーもこれを取り付け可能、とのこと。

パッケージにはカーボン製のフロントスポイラー、サイドステップ、リアウイング、エアダクトが含まれますが、とりわけリアウイングはかなり過激。

レズバニ・ビーストは2.4リッターエンジンをスーパーチャージャーで加給して500馬力を発生。
0-100キロ加速を2.7秒というタイムで走ります。
これはランボルギーニ・アヴェンタドールよりも速いタイムですね。
なお限定モデルとして700馬力のツインターボ版(3700万円くらい)もあり、こちらは0-100キロ加速が2.5秒、とブガッティ・シロンなみのタイムを誇ります。

関連投稿:レズバニ・ビーストが「X」を設定。ホンダの2.4Lエンジンを700馬力にチューン


簡素なオープンカーながらもポルシェ911GT3と同等の価格となるレズバニ・ビーストですが、新たに「X」グレードを設定。

5台のみの限定となります、ホンダ製2.4Lエンジンに2基のボルグワーナー製ターボチャージャー、鍛造ピストンやバルブを仕込んで700馬力を発生。
2.4Lという排気量を考えると相当なハイチューンですね。

トランスミッションは6MTで後輪駆動ですが、オプションとしてシーケンシャルATとパドルシフトも用意される模様。

0-100キロ加速はスタンダードのレズバニ(500馬力)よりも0.2秒速い2.5秒。
車重はパワーアップの対価として91キロ重くなり839キロ、とのこと。

シャシーはスチール製ですが外装はカーボン製でサスペンションアーム、スタビライザーはアルミニウム製(サスペンション自体はビルシュタインの10段階調整式)。
ブレーキはアルコン製の4ピストンです。

価格も一気に上昇し、邦貨換算で3900万円ほど。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車
-

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5