>その他アメリカ車 >テスラ(TESLA)

上場間もないルシードの株価がこの1月で2倍になり時価総額がGMと並ぶ!上場数日しか経たないリヴィアンに至っては時価総額がテスラ、トヨタに次ぐ「自動車業界3番目」に

上場間もないルシードの株価がこの1月で2倍になり時価総額がGMと並ぶ!上場数日しか経たないリヴィアンに至っては時価総額がテスラ、トヨタに次ぐ「自動車業界3番目」に

| 期待の高さは理解していたが、さすがにここまで株価が上がるとは思わなかった |

ただし、本当の実力が試されるのはこれからだ

さて、テスラの株価はいったん下げた後に上昇へと転じていますが、同時に上昇を続けるのがリヴィアン、ルシードモータースというEV専業メーカーの株価。

とくにリヴィアンは11月10日の上場からわずか取引日ベースで数日後となる15日に「GMの時価総額を超えてテスラ、トヨタに次ぐ第三位の時価総額を持つ自動車メーカー」へと成長を遂げています。

そして今回紹介するルシード(ルーシッド)・モータースについてもこの1ヶ月で株価が2倍になっており、フォードを超えてGMと並ぶ勢いを見せていますが、ここ最近のEV関連銘柄の上昇っぷりには驚きを隠せないといった印象ですね。

テスラ最大のライバルにして天敵、「ルーシッド」
テスラ最大のライバルにして天敵、「ルシード(ルーシッド)」。テスラのエンジニアが設立し、第一号車「エアー」の発売と2.5兆規模の巨大上場が目前に迫る

| テスラとの直接競合を避けるためか、ルーシッドはやや異なる路線で攻めてくるようだ | さて、おそらくは直近でもっともテスラを脅かしそうな存在がルシード(ルーシッド)。このルーシッド・モータースはピー ...

続きを見る

ルシード・モータースは年間2万台の生産規模へ

ルシード・モータースは今年7月に上場を果たしていますが、今回はじめて上場企業として初めての四半期決算を発表し、第3四半期は5億2,440万ドルの純損失を計上した、とコメント。

あわせて年初来の9ヵ月間では15億ドルの損失を計上したものの、受注台数については1万7,000件以上の予約を獲得したことについても言及し、これらの予約は金額に換算すると「13億ドル」に相当します。

さらにルシードの最高財務責任者であるシェリー・ハウス氏は、フォーミュラEとのバッテリー契約のおかげで、第3四半期に23万2,000ドルの収益を計上したもと付け加えており、現段階では好材料が揃っていると考えて良さそう。

2

ルシード社の最高経営責任者であるピーター・ローリンソン氏によると、「私たちは、アリゾナ州の工場で生産を拡大していく中で、受賞歴のあるルーシッド・エアーに大きな需要があり、予約も加速していることを確認しています。2022年には2万台を達成する生産能力にも自信を持っており、この目標は、自動車産業が直面している、サプライチェーンや物流の世界的な混乱などの課題を考えると、リスクがないわけではありません。しかし、これらの課題を軽減するための措置を講じており、2022年までにはルシード・エアーについてグランドツーリング、ツーリング、ピュアの各バージョンを送り出すことを楽しみにしています」とのこと。

ルシード・モータースの株価はこうなっている

そしてルシード・モータースの株価ですが、直近だと10月27日に27ドルから上昇を続け、そこから2倍程度に上昇しています。

もちろんテスラの「1000ドル超」に比較するとまだまだで、加えてその時価総額は「2020年に年間50万台を生産した」テスラに比較して割高なようにも感じられ、ちょっと「期待感先行」「過大評価」といった印象もあり、よって今のところぼくはルシード、リヴィアンともに株を仕込んでいないわけですが、テスラCEO、イーロン・マスク氏が言うように「納車を開始した両社にとって、これからが正念場」でもあり、今後の予断を許さない状況だとは思います(これまでにも様々な問題があったとは思うが、テスラの状況を見る限り、真の試練はここからなのかもしれない)。

1

なお、こういった状況を見るにつけ感じるのが「既存自動車メーカーの存在感の薄さ」。

メルセデス・ベンツはEQにて、フォルクスワーゲンはIDシリーズにて、そしてBMWはiシリーズにてEVを拡充しつつあり、しかし株式市場はこれらをスルーして「新興EVメーカー」へと熱い視線を行っているわけですね。

もちろんこれは、「新興EVメーカーの株価は(まだ)割安」「第二、第三のテスラに化けるかもしれない」という期待感から来ているものだとは思いますが、既存自動車メーカーのEVについては多くが期待しておらず、そしてEV市場でのシェアを拡大するとは推測しつつも、「これから失うもののほうが多い」と多くの投資家が判断しているのかもしれません。

テスラ・ロードスター
EVに関する世論調査。テスラはライバルが増える中でも支持率を上げ、BMWや日産など既発組は「期待はずれ」、トヨタ・スバルなど「未発売組」への期待が高い

| あらためてライバルを寄せ付けないテスラの強さ、そしてトヨタやホンダ、スバルといった日本の自動車メーカーに対する信頼の高さに驚かされる | 一方、アメリカ人は本当にアメ車を信頼していないようだ さて ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車, >テスラ(TESLA)
-, , , , ,