ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

米にて納車されて1週間のテスラ・モデルSが炎上!消火に45,425リットルの水を要し、これはガソリン車の24倍、消防車にして6台分

投稿日:

米にて納車されて1週間のテスラ・モデルSが炎上!消火に45,425リットルの水を要し、これはガソリン車の24倍、消防車にして6台分

| EVがガソリン車に比較してよく燃えるのかどうかは意見が分かれるところだが、消火に手間がかかるのは間違いない |

これだけの水が必要なのであれば、場合によっては鎮火が難しい例が出てくるかもしれない

さて、先週アメリカはペンシルベニア州中央部の州間高速道路80号線にてテスラ・モデルSが炎上し、消火するのに合計12,000ガロン(45,425リットル)もの水を要した、とのニュース。

このテスラ・モデルSはその前の週に納車されたばかりだったとも報じられていますが、車両に問題があったわけではなく、道路上の障害物に衝突したことで炎上したとのこと(幸いにもけが人はだれもいなかったようだ)。

やはりEVは燃えだすとちょっと怖い

今回の事故の当事者(テスラ・モデルSの乗員)によると、何かがテスラ・モデルSの車体底面にぶつかったのちに煙が出始め、その後すぐにドライバーはクルマを停止させて乗員3名と愛犬を避難させたそうですが、その後すぐにテスラ・モデルSは画像のとおり大きく炎上。

315082485_2976645645813312_2756104059423240751_n

該当地域を担当するモリス・タウンシップ消防署のメンバーがすぐに駆けつけ消火にあたるも、現場に到着した消防車2台に搭載される水(4000ガロン)では足りず、上述のとおり最終的にはその3倍である12,000ガロンを消費しようやく消火が可能となっています。

なお、通常の車両火災を沈火するには500ガロン(1,893リットル)もあれば足りるとのことなので、今回のテスラ・モデルSにはその24倍もの水が投じられた、ということになりますね。

ちなみに今回の消火のためには「2時間ぶっとおして水をかけ続けた」とのこと。

315769871_2976644749146735_340967024746807746_n

EVの消火については自動車メーカー主導による講習が望まれる

ガソリン車だと火元を消してしまえば消火可能ではあるものの、電気自動車の場合はいったん消化したように見えても、搭載されるリチウムイオンバッテリーが再着火して燃えだすことがあり、よってこれまで報じられているEVの火災だと、いったん消火したクルマを(消防署が)持ち帰ってプールに浸けて再発火を防ぐ処理を行ったという例、どうにも消火できないので地面に穴を掘り、そこへEVを落として水を流し込み、即席プールを作って消火を行ったなどの例が報じられています。

このほか、激しいクラッシュを起こしてしまい、燃え盛るリチウムイオンバッテリーが飛散して周囲に火災を引き起こしたケースも報じられていますが、とにかくEVに関しては今までの常識にあてはまらない燃え方をするようで、このあたりは自動車メーカー主導による(消防署員への)研修などを行う必要がありそうですね。

315055702_2976646495813227_284455937964801766_n

国がEVを推進するのに対して消防署は「EVの事故や火災に対する対処法が不十分」。このままEVが増加すると現場が対応しきれなくなることに

「EV」「ハイブリッドカー」の火災に対するマニュアル拡充が急務この記事のもくじ「EV」「ハイブリッドカー」の火災に対するマニュアル拡充が急務実際にEVの火災は少なくはない中国製バッテリーは危険性をはら ...

続きを見る

なお、EVについては「ガソリン車よりも炎上リスクが高い」という報道もあり、しかし一方では「ガソリン車よりも燃えにくい」という統計もあるようで、これらの差は「どの部分を切り取ったのか」の差だとは思うものの、いったん(EVが)燃えだすと手を付けられない、というのは間違いなさそうですね。

ポルシェ・タイカンのメーター
EVの火災発生率はガソリン車の2倍!かつEVは深刻かつ大規模リコールが多く、メーカーに大きなダメージを与えている模様。消費者にとっては車両コスト高、任意保険高騰など負担増か

| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車メーカーを苦しめ、社会的にも大きな問題を引き起こす可能性がありそうだ |この記事のもくじ| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車 ...

続きを見る

あわせて読みたい、EVと火災関連投稿

【動画】3週間廃車置場に放置していたテスラが突如燃える!EVはガソリン車と違い「乗ってなくても燃える」「燃えると消火が難しい」のが問題だ
【動画】3週間廃車置場に放置していたテスラが突如燃える!EVはガソリン車と違い「乗ってなくても燃える」「燃えると消火が難しい」のが問題だ

| さらには特殊な消化方法が必要となり、消化にかかる手間と時間もガソリン車とは大きく異る |この記事のもくじ| さらには特殊な消化方法が必要となり、消化にかかる手間と時間もガソリン車とは大きく異る | ...

続きを見る

中国にてEVの火災が増加。保険料はガソリン車よりも20%高く、各社とも激化する競争に対応するため開発期間を短縮し発売を急いだことが原因か
中国にてEVの火災が増加。保険料はガソリン車よりも20%高く、各社とも激化する競争に対応するため開発期間を短縮し発売を急いだことが原因か

| 中国だけではなく、世界中で同様の問題が起こりうる |この記事のもくじ| 中国だけではなく、世界中で同様の問題が起こりうる |やはり急激なEVシフトは様々なひずみを生むようだ保険料の高さは「修理コス ...

続きを見る

フォルクスワーゲンID3が炎上
【動画】充電完了直後のVW製EV、ID.3が発火→炎上。閑静な住宅地で他車を巻き込んで燃え尽きるも、こういった場合の補償が「自分持ち」だとちょっと怖い

| 自動車メーカーとしては、完全に過失が証明されない限りは補償を行わないものと思われる |この記事のもくじ| 自動車メーカーとしては、完全に過失が証明されない限りは補償を行わないものと思われる |もし ...

続きを見る

参照:Morris Township Volunteer Fire Company

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5