ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラのテキサス工場にサイバートラック製造用のギガプレスが少なくとも4基到着!これから設置と設定が必要だが、生産にまた一歩近づいたのは間違いない【動画】

投稿日:2023/01/11 更新日:

テスラのテキサス工場にサイバートラック製造用のギガプレスが少なくとも4基到着!これから設置と設定が必要だが、生産にまた一歩近づいたのは間違いない【動画】

| 現段階において、テスラ復活の鍵は「サイバートラック」しかないだろう |

直近の計画では2023年末に生産を開始する予定だが、今の状態ではそうも言っていられない

さて、テスラ「サイバートラック」を製造するテキサスのギガファクトリーへ、その生産に欠かせない「ギガプレス」が少なくとも4基到着したとの報道。

これはギガファクトリーの「ストーカー」そしてドローン・オペレーターのジョー・テグメイヤー氏自らが撮影したドローン映像に解説を交えてYoutubeへと公開した動画から明らかになったもので、先日のロボット66台とあわせ、サイバートラックの生産に向けてまた一歩近づいたということを意味します。

テスラのテキサス工場にサイバートラック製造用のロボットが66基到着!さらにはテスラ各工場で生産能力が大幅に向上し、受注残がどんどん減少
テスラのテキサス工場にサイバートラック製造用のロボットが66基到着!さらにはテスラ各工場で生産能力が大幅に向上し、受注残がどんどん減少

| 受注残の現象が吉報なのかそうでないのかは年明けの年間生産台数の報告を待つしかない |この記事のもくじ| 受注残の現象が吉報なのかそうでないのかは年明けの年間生産台数の報告を待つしかない |おそらく ...

続きを見る

ギガプレスとはなんぞや

そこで最近よく聞く「ギガプレス」ですが、これは非常に大きなサイズのフレームパーツを作ることができるダイカストマシン。

これまでだと、およ二重数個のパーツを別々に生産し、それを溶接して組み立てる必要があったものが、このギガプレスを使用すれば「一体成型にて」出来上がるというもので、生産の合理化とスピードアップ、車両の耐久性の向上、そしてバッテリーパックをフレームに組み込めるなど構造上の変革を期待することができます。

このダイカストマシンはIRDA社によって生産されており、すでにテスラはこれをモデル3やモデルY用のパーツ製造に使用していますが、これによってすでに大きくコストの削減に成功していると報じられていますね。

テスラ・モデルY
テスラの1台あたり生産コストは2017年に比較して半分以下の43%にまで下がっていた!そのほとんどは製造工程と設計の最適化によってなされている

| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |この記事のもくじ| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |そして、この革命の意味を理解できない自動車メ ...

続きを見る

そしてイーロン・マスクCEO自身も「将来的に、テスラの各モデルには構造上の変化がもたらされる」ともコメントしており、おそらくは今後テスラの各工場へとギガプレスが導入されてゆくと考えていいのかもしれません。

ただ、同じギガプレスといっても、これはそのモデル専用に設計せねばならず、そしてサイバートラックはモデルYに比較してメートルほど車体が長いため、さらに大きなギガプレスが必要になるものと思われ、しかし今回それが到着したものと考えられています。

参考までにですが、トヨタが「現在のe-TNGAプラットフォームではコストが高すぎ、EVのメインストリームにはとうてい(価格的に)太刀打ちできない」と考えた理由もこのあたりにあるのだと思われ、既存の「下請け(サプライヤー)に頼り切って新しい技術の導入に踏み切れなかった」トヨタの判断の甘さが露呈してしまったところなのかもしれません(もしくはサプライヤーに新しい工作機器導入の負担をかけたくなかったのか。いずれにせよ時すでに遅しではある)。

トヨタ・クラウン
どうやらボロが出たようだ。トヨタが「このままEV計画を進めると採算が合わない」として計画の見直しと一部停止。クラウン、コンパクトクルーザーの開発停止も

| ボクは常々、2021年末の「EV新戦略」は株価対策のポーズでしかないと考えていたが |この記事のもくじ| ボクは常々、2021年末の「EV新戦略」は株価対策のポーズでしかないと考えていたが |どう ...

続きを見る

ただしすぐにサイバートラックの生産が開始できるわけではない

ただ、ここで注意を要するのは、サイバートラック用ギガプレスが納入されたからといって、すぐにサイバートラックの生産が開始されるわけではないということ。

機器の設置やテストのプロセスには十分な時間がかかることが予想され、一通りテストが完了しすべてが正常に動作することを確認し、そこでようやくサイバートラックの試作ユニット(プリプロダクションモデル)を製造し問題がないかを確認することになるものと思われ、かつ生産開始初期は作業に関わる人の習熟度が低く生産効率も十分には上がらないと考えてよく、そのため2023年の生産はそう多くないかもしれません。

テスラが「サイバートラックのデザインを微調整した」とコメント。変更は最小限となりそうだがサイバートラックらしさが失われるとちょっと困るな

ただ、現在テスラは「受注が減っている」とも伝えられており、となると160万台の予約があるというサイバートラックの生産を早々に開始することが株価対策としても非常に有用だと思われ、もしかすると予定を前倒しにしてサイバートラックの生産を開始する可能性もありそうです(そのために中国から使節団を招いたとも考えられる)。

テスラ
テスラがテキサス工場の稼働率を工場させるために中国の管理者を招聘。いつの間にアメリカ人は中国人に教えを請わなくてはならなくなったのか

| いつの間にか中国人は勤勉で知られ、高い品質の製品を生産するように |この記事のもくじ| いつの間にか中国人は勤勉で知られ、高い品質の製品を生産するように |まさかアメリカ人が中国人に色々と教わる時 ...

続きを見る

テスラの工場周辺をドローンにて撮影した動画はこちら

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か
テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か

| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |この記事のもくじ| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |ただしまだサイバートラッ ...

続きを見る

テスラ
テスラが公式に「サイバートラックの生産準備に入った」と発表!そしてドイツ市場ではVWグループのEV販売台数を抜いてNo.1に、モデルYはゴルフよりも売れたクルマに

| テスラのクルマは不思議なことに、他メーカーのクルマとは異なって、発売から時間が経つごとに受注が増えてゆく |この記事のもくじ| テスラのクルマは不思議なことに、他メーカーのクルマとは異なって、発売 ...

続きを見る

【動画】テスラ・サイバートラックがテスラ工場内のテストコースを走る姿が激写される!ドローンの普及でこんなスパイ動画も撮れるようになったのか・・・。
【動画】テスラ・サイバートラックがテスラ工場内のテストコースを走る姿が激写される!ドローンの普及でこんなスパイ動画も撮れるようになったのか・・・。

| テスラとしてもサイバートラック生産開始の重要性については重々理解しているはずだが |この記事のもくじ| テスラとしてもサイバートラック生産開始の重要性については重々理解しているはずだが |とにかく ...

続きを見る

参照:Teslarati, Joe Tegtmeyer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5