ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

今度は環境団体が欧州の「広告をジャック」。トヨタとBMWを対象に400枚のネガキャン広告を貼りまくる。とくにトヨタに対しては「二枚舌だ」と厳しく非難

投稿日:2023/01/19 更新日:

今度は環境団体が欧州の「広告をジャック」。トヨタとBMWを対象に400枚のネガキャン広告を貼りまくる。とくにトヨタに対しては「二枚舌だ」と厳しく非難

| それぞれの広告を見ていると、風刺が効いていてなかなかに面白い |

もっと正当な手段にて、誰にも迷惑をかけない抗議活動を行えば耳を貸す人も増えそうだ

さて、このところ何かと派手な抗議活動が報じられる環境保護グループですが、今回は3つの団体が共同し、週末のヨーロッパにて街なかや地下鉄などの広告400枚を「貼り替えた」とのこと。

これら団体とはサバーリスト・インターナショナル(Subvertisers' International)、バンダリズム(Brandalism)、エクスティンクション・リベリオン(Extinction Rebellion)の3つで、いずれもトヨタとBMWを環境破壊企業と認定したネガティブキャンペーンを行っています。

BMWとトヨタはもっとも環境に悪影響を与える自動車メーカーと見做される

今回のキャンペーンは、第100回ブリュッセルモーターショー開催に際し、フランス、ドイツ、イギリス、ベルギーで「クルマの広告が増えたこと」に反対したもので、トヨタとBMWが標的にされているのは「もっとも環境への取り組みに真剣ではない」と環境関連メディアにて判断されためですが、トヨタはグリーンピースからも非難を受けており、環境活動家の間では「気候変動に対して最も妨害的な企業」だと認知されているようですね。

FmqnuHnXkAUJdkD

トヨタ
グリーンピースが「トヨタは自動車メーカー中、もっとも環境保護に真剣ではない」と結論づける。なおワースト2 / 3にはホンダ / 日産が入り、日本勢にとって悪夢のような結果に

| やはり日本は様々な意味でガラパゴス化しており、国際化とは程遠いのかもしれない |この記事のもくじ| やはり日本は様々な意味でガラパゴス化しており、国際化とは程遠いのかもしれない |日本企業の価値も ...

続きを見る

実際のところ、トヨタは電気自動車をラインナップに加えるのが遅れており、2021年には投資家からの圧力もあって姿勢を見直すと約束し「EV拡充計画(実際はポーズだと思われる)」を発表したことも。

FmlGDr-XkAEpQAX

さらにトヨタは2020年の米大統領選挙において、共和党の候補者(その多くは国の環境政策の解体を望んでいる)のキャンペーンに最大の企業献金を行ったという報道もなされており、あれやこれやで「EVの普及に消極的」と見られています。

Fmk4o_wXoAA8y5H

トヨタの株主は豊田章男社長に不満
トヨタの株主は豊田章男社長に不満?同氏の「急激な電動化に待った」発言に対し「豊田章男は、世界で何が起きているのかわかっていない」

| 豊田章男社長の「急激な電動化に待った」発言は、トヨタ自動車単体ではなく、日本の自動車産業全体を考えてのものだと捉えるのが正しい |この記事のもくじ| 豊田章男社長の「急激な電動化に待った」発言は、 ...

続きを見る

環境団体「トヨタの広告は二枚舌だ」

今回広告ジャックを行った団体の一つ、バンダリズムによると、「トヨタは、世界中の政府にロビー活動を行い、大気の質を改善する計画を弱め、住みやすい気候よりも自分たちの利益を守るために熱心であり、一方では形だけの”Beyond Zero”という持続可能性の広告を押し出してきました。彼らの広告は二枚舌です」。

FmmezAwWIAASPep

これら環境団体は、ガソリンを大量に消費するクルマに反対するだけでなく、たとえ電気自動車であっても、大きなSUVの販売に反対しており、その理由としては「大型車は電力消費量が多く、歩行者にとっては危険であり、ヨーロッパの小さな都市を渋滞させる」という理由から。

彼らのいいぶんもわからないでもないですが、あまりに過激であり、そして他者の意見を受け入れないところはまさに「行き過ぎ」としかいいようがありません。

Fmk9VuuWIAQMso0

今度はSUVのタイヤの空気を抜く環境団体が登場。今年だけで1万台以上、2日間で900台の空気を抜いたと宣言し、世界中に支持者を増やしているもよう
今度はSUVのタイヤの空気を抜く迷惑な環境団体が登場。今年だけで1万台以上、2日間で900台の空気を抜いたと宣言し、広く「SUVのエア抜き」を呼びかける

| 対象となるのはガソリン、ディーゼル、EVにかかわらず「SUVのみ」 |この記事のもくじ| 対象となるのはガソリン、ディーゼル、EVにかかわらず「SUVのみ」 |アメリカでこれをやると銃で撃たれても ...

続きを見る

最終的には、これら環境活動家たちはこの偽の広告へと貼り替えることにより、環境を汚染するクルマの広告禁止を要求していますが、「自動車の広告禁止」を実際に行っている地域もあるといい、イギリスだとケンブリッジシャー、ノリッチ、ノース・サマセットなどがそれに該当するのだそう。

FmlGDr-XkAEpQAX

なお、こういった広告を作成したり貼ったりするのにはそうとうな手間がかかりそうですが、今回の大規模キャンペーンは実際にそれだけのことを行う数の構成員がいるということを意味しており、その勢力は侮れないレベルにあると考えていいのかも。

FmlX2SzXoAMtNnY

中にはけっこう風刺が効いていて「なるほどな」と思うものもありますが、惜しむらくは、彼らの行動が違法かつ多くの人に迷惑をかけていることであり、自分たちの主張が正しいと思うのであれば、もっと”正当な手段で”訴えかけるべきだろうとも考えます(アートイベントなどで、アートとして出展すればそれなりに評価を受けそうだ)。

FmmdLGnX0AEpRTf

合わせて読みたい、環境団体関連投稿

ゴッホの次はアストンマーティン!同じ環境団体が高級車ディーラーにペンキをぶちまける。この2週間、ロンドンでは過激なエコテロリズムが横行中
ゴッホの次はアストンマーティン!同じ環境団体が高級車ディーラーにペンキをぶちまける。この2週間、ロンドンでは過激なエコテロリズムが横行中

| どう考えても第三者を巻き込み、傷つけ破壊する行為には賛同しかねる |この記事のもくじ| どう考えても第三者を巻き込み、傷つけ破壊する行為には賛同しかねる |本当に環境を変えたいのならば、もっと別の ...

続きを見る

器物破損とかで逮捕できないの?今度はアンディ・ウォーホルがペイントしたBMW M1に環境活動家が小麦粉8kgをぶちまけ、その前に堂々と居座る
器物破損とかで逮捕できないの?今度はアンディ・ウォーホルがペイントしたBMW M1に環境活動家が小麦粉8kgをぶちまけ、その前に堂々と居座る

| こういった行為がまかり通りことがちょっと信じられない |この記事のもくじ| こういった行為がまかり通りことがちょっと信じられない |アメリカでこれをやると一般人柄の逆襲を食らいそうだ気候変動活動家 ...

続きを見る

なんとかしてこの人たち・・・。今度はフェラーリやポルシェに自分たちを接着して抗議を行い、しかし「トイレの準備をしてくれない「食べ物をくれない」などワガママ放題
なんとかしてこの人たち・・・。今度はフェラーリやポルシェに自分たちを接着して抗議を行い、しかし「トイレの準備をしてくれない「食べ物をくれない」などワガママ放題

| 抗議のために他人の資産を破壊してもいいと考えている連中の権利は保証しなくてもいいと思う |この記事のもくじ| 抗議のために他人の資産を破壊してもいいと考えている連中の権利は保証しなくてもいいと思う ...

続きを見る

参照:Brandalism, Spelling Mistakes Cost Lives, etc.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5