ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■近況について

大阪・舞洲にランボルギーニやダッジ各車、コルベットなどアメリカンマッスルが集い加速とサウンドを披露!ミツオカ サマーフェスティバル2022へ行ってきた【動画】

投稿日:

大阪・舞洲にランボルギーニやダッジ各車、コルベットなどアメリカンマッスルが集い加速とサウンドを披露!ミツオカ サマーフェスティバル2022へ行ってきた【動画】

| 日本においてランボルギーニとアメリカンマッスルとのサウンド対決はなかなか見ることができない |

まさかここまで太っ腹なイベントが大阪で実現しようとは

さて、ランボルギーニ大阪 / 神戸さんのお誘いにて「ミツオカ サマーフェスティバル 2022」へ。

「光岡自動車」というと、”ロックスター”や”バディ”で有名な日本国内9番目の自動車メーカーではありますが、実はディーラー事業も手掛けていて、ランボルギーニ大阪 / 神戸、そしてアメ車初め輸入車を扱う「BUBU」もそのひとつです。

そして今回、本体である光岡自動車、ランボルギーニ大阪 / 神戸、BUBUの3社が合同にて開催したのが上述のミツオカ サマーフェスティバルであり、それぞれのディーラーの顧客が参加する体験型イベントとなっています。

会場は大阪・舞洲「空の広場」で、ここを完全に借り切ることで会場はハイパフォーマンスカー一色、そして法規制に関係なく0−200メートル加速走り放題というプログラムの実現が可能となっているわけですね。

L1460832

【動画】ただいま絶賛爆売れ中、納車2年待ちの「光岡バディ」を見てきた!ハンドメイドだけあって驚きのクオリティを持ち、スーパーカーよりも目立ちそう
【動画】ただいま絶賛爆売れ中、納車2年待ちの「光岡バディ」を見てきた!ハンドメイドだけあって驚きのクオリティを持ち、スーパーカーよりも目立ちそう

| ここまで細部に至るこだわりが反映されているとは思わなかった |この記事のもくじ| ここまで細部に至るこだわりが反映されているとは思わなかった |しかもレトロなだけではなく最新テクノロジーや「キャデ ...

続きを見る

ミツオカ サマーフェスティバル 2022の会場はこんな感じ

そしてまずは会場へと向かいますが、入り口にはこんな感じで「MITSUOKA」と文字が描かれたゲートが設置されており、ここをくぐったところで1台1台記念撮影を行います(今回、事情がありランボルギーニ・ウラカンEVO RWDでは参加できなかった)。

L1460834

そして会場はこんな感じでランボルギーニはもちろん・・・。

L1460835

C8世代含むコルベットカマロなどのシボレー勢や・・・。

L1470003

バイパー、チャレンジャー、チャージャーなどのダッジ勢。

L1470004

そして会場にはダッジ・チャレンジャー、ミツオカ・バディの展示も。

L1470012

世界に一台、ワンオフのランボルギーニ・アヴェンタドールS ロードスターも

こちらは光岡自動車さん所有のランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター。

カラーシフティング塗装(見る角度によって色味が変わる)を持ち、明るいところはグリーン、暗いところだとパープルに見えます。

L1470086

シートバックには「扇子」をモチーフとした刺繍、リアバルクヘッドにはランボルギーニ本社のあるイタリアはボローニャの町並みをあらわす刺繍が入り、「日本とイタリアとの架け橋を表現している」のだそう。

L1470042

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター”THE LOUNGE TOKYO”
世界に一台!「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター”THE LOUNGE TOKYO”」。見る角度によって色味の変わる外装、日本とイタリア双方を表現した内装が特徴

| そのオプション価格を想像すると、ちょっと恐ろしい |この記事のもくじ| そのオプション価格を想像すると、ちょっと恐ろしい |ボディカラーは見る角度によって色味を変える「カメレオンカラー」明るい部分 ...

続きを見る

やはり注目は「アメリカンマッスル」

ちなみにぼくが今回のイベントにてもっとも楽しみにしていたのが「アメリカンマッスル」。

ふだんなかなか見る機会のないクルマたちであり、しかしけっこうな台数が会場に集まり、場を盛り上げてくれています。

L1470114

それにしてもアメ車は独特の世界観があり、なんともいえない雰囲気がありますね(一度は所有してみたい)。

L1470010

最大の目玉はランボルギーニやアメリカンマッスルの「200メートル加速」走り放題

そして今回のミツオカ サマーフェスティバル 2022の最大の目玉は「200メートル加速走り放題」。

L1470123

ランボルギーニ・アヴェンタドール / ウラカン / ウルス、シボレー・コルベット(C7 / C8)、ダッジ・バイパー / チャレンジャー / チャージャーといったクルマが加速とサウンドを披露しますが、ゲーム性を持たせるためにタイムを先に自己申告しておき、それに「いかに近いタイムで走行できるか」を競います。

L1470132

アヴェンタドールの甲高いサウンド、ウラカンの轟音、そしてダッジ・チャレンジャーやチャージャーのシフトチェンジ時のバシっというサウンド、そしてスーパーチャージャーの作動音、バイパーの唸り声などすべてが刺激的。

ランボルギーニ各モデル、そしてアメリカンマッスルのサウンドを聴き比べることができる機会はそうそうあるものでもなく、非常に貴重な体験をさせていただき、あらためてそれぞれのクルマの魅力を再発見できたと思います。

L1470128

このほか、会場ではフリードリンク、そして様々なケータリング(無料)があって美味しい飲み物や食べ物をいただくこともでき、家族も楽しめるように配慮されているのがうれしいところで、さらには抽選会やジャンケン大会勝ち抜いた人には、なんとウラカンEVOもしくはウルスの1泊2日無料レンタル権提供といった太っ腹な景品も。

当日には様々な配慮をいただき、おかげさまで楽しい一日を過ごすことができ感謝しかありませんが、ランボルギーニ大阪 / 神戸さんはじめBUBUさん、光岡自動車のスタッフの方がにはこの場を借りてお礼申し上げます。

L1470135

ミツオカ サマーフェスティバル 2022 関連動画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■近況について
-, , , , , , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5