ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ296GTB ■近況について

今日のフェラーリ296GTB納車待ち(139日目)。購入資金の76%までなんとかお金が貯まってきた!必要なのは総額4797万円と推測

投稿日:

フェラーリ296GTB

| 寝かせておいた米国株は円安に乗じて売却、コレクションの一部も売却して現金化 |

けっこう身の回りがすっきりしていい感じになってきた

さて、今日のフェラーリ296GTB納車待ち。

フェラーリは大変に高額な買い物であり、一番の問題は「その購入資金をどうするか」。

ただ、ぼくはフェラーリ296GTBを注文する前からある程度の目算を立てていて、今はそれをチョコチョコと実行している最中なのですが、現時点で購入にかかる総額の76%くらいまで資金が貯まった状態です。

ボクはフェラーリ296GTBの購入金額をこう見積もっている

ここでまず、フェラーリ296GTBの購入にどれくらいのお金がかかるのかということを計算する必要があり、ぼくの見立てではおおよそ「4797万円」。

その内訳は以下の通りです。

フェラーリ296GTB購入費用(予想)

  1. 車両+オプション・・・4,500,000円
  2. 諸経費・・・800,000円
  3. レーダー探知機+ドラレコ・・・70,000円
  4. コーティング・・・200,000円
  5. プロテクションフィルム・・・1,200,000円
    【合計】47,970,000円

思ったよりも早く資金を集めることができているという状況であり、まず、このうちいくらかは「円安」の恩恵で、今までずっと保有し、しかし今後値上がりが大きく見込めそうもない米国株を売却した利益ということですね(円高の時代にけっこう仕込んでいた株がある)。

これらの売却益を再投資してさらに利益を得ることも考えましたが、現在は円安に加えてロシアのウクライナ侵攻、それに起因するサプライチェーンの混乱、インフレ、米国の金利上昇懸念など複数の問題が絡んでおり、2年前にぼくが大量に資金を投入した「コロナ暴落」とは全く事情が異なります。

ポルシェ911
「普通、こんなときに買いませんよ」。それでもボクが暴落時に株を買うのは「ポルシェ911の運転と株式取引は同じだ」と思うから

さて、テスラの株価が最高値を更新しており、現在ぼくの含み資産もこれまでに見たことがないほどの額へ。実際のところぼくはそれほど熱心な投資家ではなく、かつ頻繁に売買するほどの時間も取れないので、「長期的に ...

続きを見る

ちなみにコロナウイルスのパンデミックによる暴落については、そもそも円安ではなかったということ、そしてコロナの影響を受けるのはすべての業種ではないということ、さらに数年というタームをかければこの問題が解消される可能性が高かったため、つまり「一時的」な暴落だったという判断にて、むしろぼくは買いのチャンスだと判断したわけですね。

ただ、今はその時とは異なっていて、同じように株価水準が下がったとしても、あまりに先が見えない、そしてどっちに転ぶかわからない要素が多数あり、ここで積極的に買い進む気にはならず、今は現金化して口座に寝かせておくしかないだろうと考えています(もっと長いタームだと利益を出せるかもしれないが、フェラーリ296GTBの支払い時までに利益を出す自信はない)。

フェラーリ296GTB

ちなみにですが、コロナウイルスのパンデミック時には「株価は下がった」ものの、暗号資産は逆に値上がりしたり、ロレックスはじめとする腕時計、金(きん)相場も大きく上がり、つまりは投資対象が変わっただけで(株式市場からお金が逃げた)、投資マインドそのものは冷え込んでいなかったという認識(まだ、積極的に投資先を探す雰囲気があった。そして実態のない株式や暗号資産から資金を引き上げ、モノに投資するという傾向も見られた)。※加えて様々な投資・投機対象が固有の動きをしていた

ただし現在では株価はもちろん、暗号資産、腕時計、金相場すべてが低迷している状況であり、つまり「投資・投機」に関する対象すべてが奮わず、つまり投資に関して心理的に大きく冷え込んだ状態だと考えてよく、この状況では「上がる」よりも「下がる」確率のほうが低いものと思われ、そこにぼくは一筋の光明も見いだせないわけですね。

そのほか、「モノ」の売却も進行中

こういった「米国株の処分」のほか、現在モノの処分も進めていて、「保有しているが、この先持っていてもあまり使うことがないだろう」というモノも売却中。

具体的には「スウォッチ」と「G-SHOCK」、「スニーカー」で、ぼくはとくにこれらの熱心なコレクターではないのですが、気がつくとスウォッチとG-SHOCKは合計で400本くらいになってしまい、別途借りている保管場所(セキュリティ完備のライゼボックス。最近はここにモノを移している)にも収まらなくなってきたこともあり、現在これらを売却している最中です(もうほとんど残ってない)。

こういったモノの売却益はけっこうな金額にのぼっていて、このおかげもあって予想よりも早期にフェラーリ296GTBの購入資金を全額貯めることができそうですが、まだまだモノの売却については進めてゆくと思います。

ちなみにですが、こういったこともあって銀行口座の残高が一気にふくらみ、そのため銀行から「投資しませんか」という営業の電話がしょっちゅうかかってくるようになってしまい、それはそれでちょっと閉口してしまいます。

合わせて読みたい、関連投稿

フェラーリのショールーム(オートカヴァリーノ)
エンジンルームにはルクレールとサインツの「サイン」入り!フェラーリ296GTBの最終仕様を決定、オプションは総額916万円に・・・

| フェラーリのオプションの豊富さには驚かされるが、その価格の高さにも驚かされる |この記事のもくじ| フェラーリのオプションの豊富さには驚かされるが、その価格の高さにも驚かされる |あとは情報を登録 ...

続きを見る

フェラーリのアプリ「My Ferrari」へオーダーした296GTBの情報が登録されたようだ!今後ここに生産状況が画像とともにアップされ、状況を随時確認できるもよう
フェラーリのアプリ「My Ferrari」へオーダーした296GTBの情報が登録されたようだ!今後ここに生産状況が画像とともにアップされ、状況を随時確認できるもよう

| フェラーリはオーナーやファンに対してはフレンドリーだった |この記事のもくじ| フェラーリはオーナーやファンに対してはフレンドリーだった |以外なことだが、ちゃんと日本語への対応も行っているまだ2 ...

続きを見る

フェラーリ仕様のナンバープレートカバー
フェラーリ296GTB用「ナンバープレートカバー」作成!これで納車後の写真撮影にも気を使うことがなさそうだ

| ボクは納車されるといつもこのナンバープレートカバーを作成する |この記事のもくじ| ボクは納車されるといつもこのナンバープレートカバーを作成する |かなりな低価格にて作ることができる割には満足度が ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ296GTB, ■近況について
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5