ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

北米だと300人もの顧客が実車の発表前にロールス・ロイス・スペクターを注文していた!なぜロールス・ロイスはそこまで大きく支持を集めるのか

投稿日:2022/10/23 更新日:

北米だと300人もの顧客が実車の発表前にロールス・ロイス・スペクターを注文していた!なぜロールス・ロイスはそこまで大きく支持を集めるのか

| ロールス・ロイスは富裕層から絶大な支持を集めている |

そして世界には「ずっとロールス・ロイスを買い続ける」「ロールス・ロイスを複数台所有している」人が多数存在する

さて、ロールス・ロイスは先日「初の」EVであるスペクターを発表していますが、同社CEO、トルステン・ミュラー・エトヴェッシュ氏によれば「アメリカでは、300人以上の顧客が、正式発表前にデポジットを支払っている」。

ただしもちろん、これらの顧客は実車を見ずにお金を支払ったわけではなく、正式発表前にはロールス・ロイス本社を訪れてその詳細を確認していたものと思われます。

ちなみにこのロールス・ロイス・スペクターの北米価格も発表の少しのちに公表され、その価格はなんと41万3000ドル(日本円で約6100万円)。

ロールス・ロイス創業者が120年前に夢見た電気自動車「スペクター」ついに誕生!超高級電動スーパークーペ、同社としては100年ぶりに23インチホイールを装着
ロールス・ロイス創業者が120年前に夢見た電気自動車「スペクター」ついに誕生!超高級電動スーパークーペ、同社としては100年ぶりに23インチホイールを装着

| そのスペックや外観よりも、やはりインテリアが最大の魅力。ロールス・ロイスは「空間に勝る贅沢はない」という信念を持っている |この記事のもくじ| そのスペックや外観よりも、やはりインテリアが最大の魅 ...

続きを見る

ただしロールス・ロイス・スペクターは発表前から大きな興味を集める

ただ、トルステン・ミュラー・エトベッシュCEOによると、このスペクターは発表前から大きな注目を集めており、プライベートビューが実施される前の時点でも「購入希望者が列を作っていた」というので、いかに期待の高いクルマであったかもわかります。

そして実際にスペクターを見た顧客の反応としては「大きな興奮を持って迎え入れられ」、その結果として「オーダーブックは好調」。

しかしながらトルステン・ミュラー・エトベッシュCEOは、このスペクターがロールス・ロイスの「最量販車」になるとは考えておらず、スペクターの好調な受注にもかかわらず「販売台数がもっとも多いのは(SUVの)カリナン、2番目は(リムジンの)ゴースト、そして3番目にこのスペクター」。

その理由としては、やはりまだまだEVはメインストリームになりえないこと、そしてスペクターは2ドアであるということに起因しているのかも。

Rolls-Royce-Spectre (22)

ロールス・ロイス・スペクターは「セカンドカー」需要?

そう考えるとこのスペクターはロールス・ロイスの4ドアモデルを既に所有している人の「セカンドカー」もしくはそれ以降のクルマなのかもしれません。

なお、ロールスロイスは「無理をして買う」「お金を貯めて買う」たぐいのクルマではないと認識しており、つまりはお金がある人が「ポンと買う」のだろうと考えています。

そしてそういった「ロールス・ロイスをポンと」買える人は1台だけではなく何台も買える財力を持っていると考えてよく、よってこれまでにも多くの例が報じられる通り、「何台も持っている」人がたくさんいるのかもしれません。

こんなクルマも持ってたのか・・・。あの米大富豪、「全部ホワイト」なロールスロイスのコレクションを紹介する
【動画】こんなクルマも持ってたのか・・・。あの米大富豪、「全部ホワイト」なロールスロイスのコレクションを紹介する

| しかもボディカラーは全部ホワイト |この記事のもくじ| しかもボディカラーは全部ホワイト |どうやら普段の「足」がロールスロイスらしいいったい何台クルマを持ってるのこの大富豪これほどクルマの好みが ...

続きを見る

ロールスロイスはもともと「小さなものの積み重ねが完璧を作るが、完璧は小さなことではない」というモットーを持っており、そのためどんな細部に至るまでも(シートレールに至るまで・・・)完璧が追求されたクルマ。

よってこういったクルマに乗ってしまうと他のクルマに乗っても満足感を得ることができず、よってロールス・ロイスに乗る人はロールス・ロイスを買い続け(もちろんほかの、路線が異なるクルマも大量に購入しているものと思われる)、そしてロールス・ロイスに対して信頼し、期待を置いているからこそ、新型車に対しても強い興味を示すのかもしれません(そしてロールス・ロイスは耐久性が高く、そしてお金もたんまりあるので、買い替えではなく買い増しになるのだと思われる)。

Rolls-Royce-Spectre (25)

ロールス・ロイス側としては、その顧客の期待に応えるべく(今回のスペクターでは)150万マイル(250万km)に及ぶテストを行い、「ロールス・ロイスである必要」つまり安定性、優れた品質、時代を超越した素材、走行性能、静かな推進力を追求し、ロールス・ロイスが誇るこれらの遺伝子を再現すべく努力を重ねているのでしょうね。

あわせて読みたい、ロールス・ロイス関連投稿

ロールスロイス
さすがはオンライン決済進む中国!1億円のロールス・ロイス限定モデルを「アプリ経由で」ポンと買った猛者が数名も登場

| ロールスロイスがアプリ経由で限定モデルの発売をアナウンスしたところ、その場でオンライン決済を行ったようだ |この記事のもくじ| ロールスロイスがアプリ経由で限定モデルの発売をアナウンスしたところ、 ...

続きを見る

ロールス・ロイスとヒョンデが戦略的パートナーシップ契約を締結!両者の知見を活かし「燃料電池を動力源に」空を目指す
ロールス・ロイスとヒョンデが戦略的パートナーシップ契約を締結!両者の知見を活かし「燃料電池を動力源に」空を目指す

| ただしこのロールス・ロイスは自動車ではなく航空宇宙産業のほうのロールス・ロイス |この記事のもくじ| ただしこのロールス・ロイスは自動車ではなく航空宇宙産業のほうのロールス・ロイス |ちなみにこの ...

続きを見る

100年前のロールス・ロイス・シルヴァーシャドウ9台が「110年前に開催された」公道レースと同じルートを走る!今でも600キロ以上を走ることができるのはまさに驚き
【動画】100年前のロールス・ロイス・シルヴァーゴースト9台が「110年前に開催された」公道レースと同じルートを走る!今でも600キロ以上を走ることができるのはまさに驚き

| さすがは高い耐久性を誇るロールスロイス |この記事のもくじ| さすがは高い耐久性を誇るロールスロイス |しかも実走できるシルヴァーシャドウがこれだけ存在するとは初代ロールスロイス・シルヴァーゴース ...

続きを見る

参照:CNBC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5