ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが6シリーズGT(グランツーリスモ)を公開。5シリーズから豪華になって上位移行

投稿日:2017/06/14 更新日:

 | BMWの車種構成がますます複雑怪奇に |

BMWが「6シリーズ グランツーリスモ(GT)」を発表。
ワールドプレミアは9月のフランクフルトになると思われますが、まずはオンラインでの公開です。
6シリーズが上位(8シリーズ)へ移行するにあたり5シリーズGTが「6シリーズ」へと格上げされた形になりますが、ますますややこしい構成に(3シリーズGTは”3”のままで、4シリーズにはグランクーペがある。となると6シリーズグランクーペや8シリーズグランクーペがどういったシリーズに位置するのか謎)。

関連投稿
BMW6シリーズクーペの生産がこっそり2月に終了。8シリーズ以降への布石?

プラットフォームはもちろんCLARで5シリーズ、7シリーズと共通。
当然ながら軽量化が果たされ、運動性能も向上しているということになります。

ルックスとしては5シリーズをGT化したというのがまさに適当ですが、これまで6シリーズというと「美しいクーペスタイル」というイメージがあり、これを「6シリーズ」として認識できるようになるまではちょっと時間がかかりそう。

ライティングはかなりこだわった部分のようですね。
ドアハンドルからプロジェクターによって最近のBMWがよく用いている特徴的なラインが映し出されます。

テールランプの形状は立体的に(i8のリアエンド風でもある)。

この「立体的」というのは最近の流行であるようで、ポルシェ911も991→991.2で凹凸のあるレンズ形状になり、アウディも最新モデルのQ2では同様に凹凸のある表面を採用しています。

室内は先進的。
「え?これがBMW?」と目を疑うほどですね。

インテリア各部にはアルミパーツを多用。
スピーカーグリルの表面は複雑かつ美しいデザインとなっています。

内装にはアンビエントライト。
これもジャーマンスリーにおける流行ですね。


動画ではライティング含め、各部の動作などを確認できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5