ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランドローバーは新型ディフェンダーに自信。「その前ではメルセデスGクラスなど注目すらされないだろう」

投稿日:2018/04/02 更新日:

| ランドローバーは新型ディフェンダーに自信 |

新型ランドローバー・ディフェンダーは「じき」発表されるだろう、というウワサ。
これはジュネーブ・モーターショー開催中、ランドローバーのデザイン・ディレクターであるリチャード・ウーリー氏がAutomotive Newsのインタビューに対して語ったもので、新型ディフェンダーは現行モデルとは異なる種類の車になる、とも述べています。

実際に新型メルセデス・ベンツGクラスもチェック

彼自身は新型ディフェンダーを1月のデトロイト・モーターショーで公開したかったと語っており、つまりは「もう公開できるレベル、もしくはそれに近い段階にある」ということに。
なお今年のデトロイト・モーターショーでは「新型メルセデス・ベンツGクラス」が発表されていますが、そこで同氏は新型Gクラスを仔細にチェックする機会を得、外観は先代とほぼ同じであるのに、ボディパネルの全てが新しいものに切り替わっていたことも確認。

それでもリチャード・ウーリー氏が思ったのは「新型ディフェンダーの前では新型メルセデス・ベンツGクラスですら空気になる」ということで、これについては相当な自信があるようですね。

なお新型ディフェンダーはDC100コンセプト(画像)とは異なるルックスになると言われ、しかし同時に現行のレトロなルックスとも異なる、とされています。
ランドローバー曰く「旧来のファンも満足でき、新しいファンも取り込める」ものだとしていますが、そのデザインはいまだ謎のまま。

発表は「年末まで」にあるとされていて、しかしいつ発表されるのかは現在のところ言及なし。
2018年後半にはランドローバーの70周年記念イベントが開催されると言われ、モーターショーではなくその場で発表される可能性も大。

もちろんスペックも不明ですが、ホイールベースは複数用意され、ハードトップとソフトトップがあり、モデルライフ後半にはピックアップトラックも追加となり、プラットフォームにはアルミを使用することで重量が飛躍的に軽くなる、とも言われています。

あわせて読みたい、新型ランドローバー・ディフェンダー関連投稿

チョロQみたいなレンジローバーが目撃。これは新型ディフェンダー?
新型ディフェンダーの発表は12ヶ月以内。加えて「フルエレクトリック」ディフェンダーも登場と報道される
新型ランドローバー・ディフェンダーのデビューは2019年。デザイナーは中国によるコピーを懸念
ランドローバー・ディフェンダーもじき新型へ。デザイナー「旧来のファン、新規顧客にもアピール可能」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5