ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ポルシェは718ボクスターの「ケイマンGT4 RS版」、718スパイダーRSを検討中?まだまだ718シリーズにはなんらかの「アイデア」があるもよう

投稿日:2022/02/28 更新日:

ポルシェ

| 次期718シリーズがピュアエレクトリック化されることが決まったといえど、それはすなわち現行718シリーズがすぐに終了するということを意味しない |

問題はポルシェ上層部、親会社のフォルクスワーゲンが「許可するかどうか」

さて、ポルシェはつい先日「718ケイマンGT4 RS」を発表し、これに積まれるのは911GT3に搭載されるものをベースとした500馬力版の4リッター・フラットシックスですが、このエンジンを積んだ718ボクスターが発売される可能性があるもよう。

なお、現行718ボクスターとケイマンは(これまでとは異なり)「クーペかオープンか」という差が与えられただけの”仕様違い”として機能しており、両者とも「ほぼ」同じグレード構成となっています。

ただ、「ほぼ」と書いたとおり一部には違いもあって、「718ケイマンGT4」に対しボクスター版は「718スパイダー」という名称となっていること(エンジンのスペックは同一)、そして718ケイマンGT4 RSの718ボクスター版が存在しないこと。

新型ポルシェ「718ボクスター・スパイダー」発表!出力はケイマンGT4と並ぶ420馬力、エンジンは4リッター自然吸気

続きを見る

ただしポルシェの現場は「可能」と語る

しかし今回、ポルシェのGT部門担当役員であるアンドレアス・プルニンガー氏は、718(ボクスター)スパイダー”RS”について、「そういったイメージがあり、実現可能で面白いアイデアではあるが、まだ確定していない」とコメント。

さらに718と911シリーズのポートフォリオを担当するフランク=シュテフェン・ヴァリザー氏は「技術的に言えば、これは可能です。ただ実際に発売するかどうかはわからない。問題はどのポジションに位置づけるかです」と語っています。

なお、「718スパイダー」が「718ボクスターGT4」と名乗っていないのは、「オープンルーフなので、レギュレーション上、GT4含む主な箱車レースに(レギュレーション上)参戦できないから」だと思われ、「GT4に参加できないのに、718ボクスターGT4と名乗るわけにはゆかない」とポルシェが考えたからだと思われます。

よって、「サーキットに特化した」718ケイマンGT4 RSのボクスター版を作ったとして、それは「サーキット(モータースポーツ)との直接的な関連性を持たない」という矛盾をはらむこととなり、ここがポルシェにとっての悩みどころなのかもしれません。

新型ポルシェ718ケイマンGT4 RS発表!500馬力エンジンに加え数々の専用装備を持ち、完全に「コレクターズアイテム」としての資格を獲得。激しい争奪戦になりそうだ
新型ポルシェ718ケイマンGT4 RS発表!500馬力エンジンに加え数々の専用装備を持ち、完全に「コレクターズアイテム」としての資格を獲得。激しい争奪戦になりそうだ

続きを見る

次期718シリーズは電動化されることが決まっているが

718ケイマンそしてボクスターは次世代モデルにてピュアエレクトリック化されることが決まっていますが、だからといって現行718の改良やモデルレンジ拡張がストップしたわけではなく、フランク=シュテフェン・ヴァリザー氏によれば「我々は718ボクスターとケイマンの高性能バージョンに関するアイデアを持っている」とも。

次世代718シリーズは、ミッションRで予告されたスタイリングへと生まれ変わることになるものの、現行718シリーズとの「入れ替え」になるのか、マカンとマカンEVのように「しばらく併売」となるのかは明確ではなく、まだ余命が短くないのであれば、そしてもし余命僅かだとしても、ガソリンエンジン世代「最後の」記念限定モデルが登場してもおかしくはなく、そこに「718ボクスター・スパイダーRS」が含まれるのかもしれません。

その一方、ポルシェは代替燃料によってガソリンエンジンを生きながらえさせることを検討しており、そのために911は「ピュアエレクトリックに切り替えず」あと10年はガソリンエンジンを維持すると言われます(ただしハイブリッド化はなされるだろう)。

そして合成燃料の未来はあと数年内にはなんらかの方向性が見えてくる可能性もあり、その可能性が排除されない限りは現行718シリーズも継続して販売されるんじゃないか、とも考えています(いったんガソリンエンジンを廃止してしまうと復活させるのが難しそう)。

ぼく個人としては、718ボクスター・スパイダーRSについて、「ベルクスパイダー」として発売してくれたらいいのになあと考えていますが、さすがにこれはちょっと難しそうですね。

【動画】発売されてたら絶対買ってたな。ドアハンドルなし、ドアミラーもない超軽量ポルシェ・ボクスター、「ベルクスパイダー」のレビューが登場
【動画】発売されてたら絶対買ってたな。ドアハンドルなし、ドアミラーもない超軽量ポルシェ・ボクスター、「ベルクスパイダー」のレビューが登場

続きを見る

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェが合成燃料「eフューエル」開発中
ポルシェが開発中の合成燃料。「これが実用化できれば、ガソリエンジン搭載車もEVと同等のクリーンな車になる」。ポルシェの目指すところを考えてみた

続きを見る

ポルシェのホイール
ポルシェが「自社の主力工場を電気自動車の製造に向け」改装を行い、2023年からピュアエレクトリック化された718ケイマン / ボクスターの製造を行うとの報道

続きを見る

ポルシェが新型コンセプトカー「ミッションR」発表!eスポーツと現実世界を融合させたレーシングモデル、しかし「次期ケイマン/ボクスター」を具体的に示唆するディティールも
ポルシェが新型コンセプトカー「ミッションR」発表!eスポーツと現実世界を融合させたレーシングモデル、しかし「次期ケイマン/ボクスター」を具体的に示唆するディティールも

続きを見る

参照:Drive.com.au

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5