ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA) >フェラーリ

【動画】もうこのレベルについてこれるクルマはそうそうない!フェラーリSF90ストラダーレ、テスラ・モデルSプラッドが「ドラッグレース5本勝負」を繰り広げる

投稿日:

【動画】もうこのレベルについてこれるクルマはそうそうない!フェラーリSF90ストラダーレ、テスラ・モデルSプラッドが「ドラッグレース5本勝負」を繰り広げる

| フェラーリSF90ストラダーレの圧倒的不利だと思われたが、けっこういい勝負だった |

やはりもう「エレクトリック」でないと加速勝負に勝つことはできない

さて、ドラッグレース専門ユーチューバー、ドラッグタイムス氏が「テスラ・モデルSプラッドとフェラーリSF90ストラダーレ」とのドラッグレースを敢行し動画にて公開。

ボディ形状も価格もレイアウトもパワートレーンも「ほぼ全て」が異なる両者ですが、共通するのは「1000馬力くらい」という出力のみ。

両者がどういった戦いを繰り広げたのかを紹介したいと思います。

ちょっと前まではこんな対決など考えもしなかった

なお、テスラ・モデルSプラッドは4ドアサルーン、そしてピュアEV。

フェラーリSF90ストラダーレはV8エンジンをミドシップマウントするスーパーカーであり、この両者がドラッグレースで同じ土俵に上がる(EVやサルーンがスーパーカーに対抗する)というのは「ちょっと前までは考えられなかった」ことだと思います。

Ferrari-SF90

しかし今や加速競争においてはEVの独壇場になりつつあり、そしてその状況をもたらしたのはテスラ自身で、この意味においてもテスラは革命を起こしたと言って良さそうですね。

まず、テスラ・モデルSプラッドは3モーターを搭載し出力は1020馬力、車体重量2192キロ、価格は1599万9000円。

モーターはフロントに1つ、リアに2つという組み合わせを持ち、駆動方式は4WD、そして0-100km/h加速の公称値は2.1秒、最高速度は時速322キロという、数字的には完全に「スーパーカー(というかハイパーカーのレベル)」。

5

対する(この2者だと、フェラーリのほうがチャレンジャーという認識になってしまうのが恐ろしい)フェラーリSF90ストラダーレは3.8リッターV8ツインターボに3つのエレクトリックモーターを組み合わせて1000馬力を発生し、0-100km/h加速2.5秒、最高速度340km/hというパフォーマンスを誇ります(重量は1570kg)。

ガソリンエンジンのほうは8速デュアルクラッチ・トランスミッションを介して後輪を駆動し、エレクトリックモーターの一つはトランスミッションとエンジンとの間に搭載されてガソリンエンジンのトルクを補いますが、残る2つのエレクトリックモーターはフロントアクスルに搭載されることで左右それぞれのホイールを駆動します(つまり4WD)。

なお、フェラーリSF90ストラダーレの価格は5340万円。

6

テスラ・モデルSプラッドとフェラーリSF90ストラダーレのレースは5本勝負

ドラッグレースは合計で5本勝負となり、最初の2本はテスラ・モデルSプラッドがフライングしてしまうという状況となってしまい、飛び出したテスラ・モデルSプラッドがスタートからゴールまで終始リードすることになりますが、もちろんこれは「無効」扱い。

ただし、フライングを抜きにしてもモデルSプラッドの異常な加速には「笑うしかないか」という感じです。

3

3本目は両者フライング無しの勝負となり、まずリードしたのは好スタートを決めたフェラーリSF90ストラダーレ(それでもテスラ・モデルSプラッドからはそんなに離されていない)。

ただしそこからモデルSプラッドが追い上げてゴール前にて逆転しています。

なお、ガソリン車とEVとのドラッグレースだと、瞬発力に優れるEVがまずリードし、しかしそこから軽量性に優れるガソリン車が追い上げて抜くというパターンが多いように思いますが、この第三レースではまったく逆の展開です。

4

その後の4本目、5本目ではスタートからテスラがリードしており、そのままゴール。

ただ、驚くべきはフェラーリSF90のスタートの力強さで、これまでのガソリン車だとスタート時点ではEVには対抗できなかったものの、ハイブリッドシステムのおかげでEVしかもテスラ・モデルSプラッドに食いつく様子を見せています。

1

なお、フライングなしで走った第4レースでは、テスラ・モデルSプラッドのタイムが9.361秒、終速は147.96mph(238.12kph)、SF90ではそれぞれ147.05mph(236.65kph)で9.592秒。

第5レースではテスラ・モデルSプラッドが時速146.35マイル(時速235.53マイル)と9.619秒、フェラーリSF90ストラダーレは時速149.58マイル(時速240.73マイル)と9.386秒。

つまり、フライングしようとしまいとテスラ・モデルSプラッドがフェラーリSF90ストラダーレを下していて、しかしフェラーリSF90ストラダーレはテスラ・モデルSプラッドに対して「かなりいい勝負をした」ということになり、両者ともいろいろな意味でこれまでの常識を覆した、と考えています。

9

テスラ・モデルSプラッドとフェラーリSF90ストラダーレがドラッグレースを競う動画はこちら

合わせて読みたい、ドラッグレース関連投稿

まさかの「フェラーリSF90とリマック・ネヴェーラとの加速競争」がもう実現
【動画】まさかの「フェラーリSF90とリマック・ネヴェーラとの加速競争」がもう実現!あまりのネヴェーラの速さに「狂気の沙汰だ」

| リマックはすでに各メディアを招いて空港にてイベントを開催していたようだ |この記事のもくじ| リマックはすでに各メディアを招いて空港にてイベントを開催していたようだ |リマックの公称値は「理想値」 ...

続きを見る

「市販車加速王」決定戦!2.6億円のリマック・ネヴェーラ、1350万円のテスラ・モデルSプラッドがガソリン車とは別次元の戦いを繰り広げる
【動画】「市販車加速王」決定戦!2.6億円のリマック・ネヴェーラ、1350万円のテスラ・モデルSプラッドがガソリン車とは別次元の戦いを繰り広げる

| 事実上の市販車加速キング決定戦 |この記事のもくじ| 事実上の市販車加速キング決定戦 |この勝負が市販車加速”最速”1位と2位を決するといっていいだろうリマック・ネヴェーラ、テスラ・モデルSプレッ ...

続きを見る

テスラ・モデルSプレッド
【動画】テスラ・モデルSプラッドは一般道でも「0-60マイル加速1.99秒」を出せるようだ!こんなクルマを普通に売ってもいいものか・・・

| EVは加速に優れるという特徴を持つが、そのうち「加速制限」が導入されそうだ |この記事のもくじ| EVは加速に優れるという特徴を持つが、そのうち「加速制限」が導入されそうだ |それにしてもテスラ・ ...

続きを見る

参照:DragTimes

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA), >フェラーリ
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5