ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

1972年製、当時「革新的だった」フェラーリ365GTC/4が競売に登場!未レストアの完全オリジナルコンディションを持ち2650万円という高額落札

投稿日:2022/02/05 更新日:

| 生産期間はわずか2年、生産台数は500台、それまでのフェラーリとは大きく異るデザインが特徴 |

優雅な曲線を捨て、ウェッジシェイプと角張ったスタイルへとシフト

さて、RMサザビーズが開催したオークションにて、1972年製フェラーリ365GTC/4が201,250ユーロ(日本円で約2650万円)で落札されることに。

このフェラーリ365GTC/4は365GT2+2の後継モデルという位置づけであり、1971年のジュネーブ・モーターショーにて発表されています。

ボディデザインはピニンファリーナによるもので、美しいクーペスタイルを持ちながら後部座席が確保されていることが特徴ですが、この後部座席は「小さな子供しか座れないサイズ」だったといい、しかしバックレストを倒すことで広大なラゲッジスペースが出現し、けっこう使い勝手がよかったようですね。

ちなみにフェラーリ365GTC/4は、1969年にフィアットがフェラーリから市販車部門の経営を引き継いだのちはじめて発売されるV12モデルで、1972年までの短い生産期間の間に500台が生産されています。

Ferrari-365-GTC4 (2)

このフェラーリ365GTC/4は現在までに2オーナー

この車両は1972年5月にイタリアのオーナーへと納車され、その後1996年に今回の売り主であるムッシュー・プチジャンが購入したと紹介されていますが、走行距離は30,597kmとさほど多くはなく、しかし正常に動作させるにはメカニカルな修理が必要とのこと。

Ferrari-365-GTC4 (3)

ボディカラーは「ブルー・オルティス」と呼ばれるネイビーで、ボディパネルはスチール製、しかしボンネットとトランクフードはアルミニウムが採用されて軽量化が図られています。

Ferrari-365-GTC4 (13)

全長は4,550ミリ、全幅は1,780ミリ、全高は1,270ミリ、ホイールベースは2,500ミリ、車体重量は1,450kg。

Ferrari-365-GTC4 (14)

フロントでは、ブラックのラバー製バンパーと、その中に格納されたドライビングランプがデザイン上の特徴となっています。

Ferrari-365-GTC4 (12)

リアだとやはり片側3連テールランプが特徴的。

Ferrari-365-GTC4 (10)

フェラーリ365GTC/4のインテリアはこうなっている

そしてこちらはフェラーリ365GTC/4のインテリア。

Ferrari-365-GTC4 (5)

この個体にはブラックレザー(ペッレ・ネラ・コロゴ・レザー)が使用されていますが、フェラーリのクルマとしては珍しくシート中央にチェック素材を採用したクロスを選ぶこともできたようですね。

Ferrari-365-GTC4 (4)

なお、内外装や機関、ボディは「レストアされていない」つまりオリジナルの状態を保っているといい、それが今回の高額落札に結びついたのかもしれません。

Ferrari-365-GTC4 (7)

メーターの状態はなかなか良好。

Ferrari-365-GTC4 (8)

パワーステアリング、エアコン、パワーウインドウが標準装備されており、当時はかなり「先進的」なフェラーリだったのだと思われます。

Ferrari-365-GTC4 (9)

搭載されるエンジンは「コロンボ」V12、排気量は4.4リッター、出力は320馬力。

組み合わせられるのは5速マニュアル・トランスミッション、もちろん駆動輪は後輪のみで、最高速度は公称値で260km/hだとされています。

Ferrari-365-GTC4 (11)

合わせて読みたい、オークションに登場したフェラーリ関連投稿

マイアミ・バイスに登場した個体と同じ仕様を持つフェラーリ・テスタロッサが競売に登場!高額落札も納得の素晴らしいコンディション
マイアミ・バイスに登場した個体と同じ仕様を持つフェラーリ・テスタロッサが競売に登場!高額落札も納得の素晴らしいコンディション

| これだけのコンディションを持つフェラーリ・テスタロッサはなかなか出てこない |この記事のもくじ| これだけのコンディションを持つフェラーリ・テスタロッサはなかなか出てこない |しかも外装ホワイト、 ...

続きを見る

もっとも安価に購入できそうなフェラーリ308GTBが競売に登場!公道を走れずサーキット走行のみとなるも「最高落札価格は450万円」との予想
もっとも安価に購入できそうなフェラーリ308GTBが競売に登場!公道を走れずサーキット走行のみとなるも「最高落札価格は450万円」との予想

| この価格で購入できるフェラーリはそうそうない |この記事のもくじ| この価格で購入できるフェラーリはそうそうない |ただ、この車両を「公道仕様に」戻すのは相当に困難だと思われる現在の仕様に改装され ...

続きを見る

世界で最も奇妙なフェラーリが競売に!サウジの王族が無限の資金を用いてミケロッティにカスタムさせた「サバンナRX-7風の」フェラーリ・メーラS
世界で最も奇妙なフェラーリが競売に!サウジの王族が無限の資金を用いてミケロッティにカスタムさせた「サバンナRX-7風の」フェラーリ・メーラS

| これまでにも様々なカスタムフェラーリが登場したが、このメーラS(ミーラS)ほど奇妙なクルマはほかに無いだろう |この記事のもくじ| これまでにも様々なカスタムフェラーリが登場したが、このメーラS( ...

続きを見る

参照:RM Sotheby's

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5