ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

カーボン仕様率75%!ノビテックがランボルギーニ・ウラカン向けにカスタムパーツを一挙リリース。純金メッキ仕様のエキゾーストシステムも

投稿日:2022/06/09 更新日:

カーボン仕様率75%!ノビテックがランボルギーニ・ウラカン向けにカスタムパーツを一挙リリース。純金メッキ仕様のエキゾーストシステムも

| 変更内容は地味ではあるが、オーナーの満足度は向上するに違いない |

そしてその価格はきっと「安くない」

さて、一時は勢いを失っていたかのように見えたハイエンドカーブランド向けのチューナーではありますが、最近はマンソリーやブラバス、そして今回紹介するノビテックなど「息を吹き返して」おり、今までにない勢いにて新製品を発表しているように思います(それだけ、既存製品では飽き足らない富裕層が増えたのだと考えられる)。

そして今回ノビテックがリリースしたのがウラカンSTO向けのチューニングメニューであり、「モータースポーツ直結のハードコアモデル」として開発されたウラカンSTOのキャラクターを極限まで強調しているかのようにも思えます。

lamborghini-huracan-sto Novitec (2)

ランボルギーニ・ウラカンSTOのフルコンフィギュレーター公開!ボディカラーは48色、アクセントカラーやステッカーも豊富に揃い、仕様を決めるのに迷いそうだ
ランボルギーニ・ウラカンSTOのフルコンフィギュレーター公開!ボディカラーは48色、アクセントカラーやステッカーも豊富に揃い、仕様を決めるのに迷いそうだ

| ステッカーまで含めると、外板だけで数千もの組み合わせを実現できることに |この記事のもくじ| ステッカーまで含めると、外板だけで数千もの組み合わせを実現できることに |年々ランボルギーニはその内外 ...

続きを見る

ノビテックによるランボルギーニ・ウラカンSTOはこんな仕様を持っている

ウラカンSTOは上述のとおり「モータースポーツ」を強く意識したクルマであり、そのために軽量化を強く意識したスペックを持ちますが、今回ノビテックは得意のカーボンファイバーを大量に投入し、なんとその使用部位が車体の75%にまで拡大しています。

lamborghini-huracan-sto Novitec (7)

もともと前後パネルについてはカーボンファイバー製ではあるものの、ノビテックではサイドステップ、ドアミラー、エアインテークなどをカーボン化。

ただしそのデザイン自体は純正にもとづいており、大きな変更は無いように見えます(パーツの詳細、価格についてはまだ発表されていない)。

lamborghini-huracan-sto Novitec (9)

そしてノビテックだけあって機能パーツも豊富に揃い、エキゾーストシステムだとステンレス製もしくはインコネル製、さらにはフラップ付き、もしくはフラップなし、放熱のために金メッキ加工がされたもの等様々な選択肢も(エキゾーストシステムのフラップはリモコンで開閉ができる)。

カーボン製スリーブが装着されたテールパイプ(110パイ)も用意されていますが、ノビテックは今後「金メッキ仕様」もラインアップする計画を持っているようですね。

lamborghini-huracan-sto Novitec (4)

装着されるホイールはヴォッセンとの共同開発による鍛造「NL4」で、フロントは20インチ(9J)、リアは1インチアップの21インチ(12.5J)。

センターロック構造を持ち、デザインはランボルギーニ純正ホイールに対する敬意が感じられるもので、カラーはブラックの他ゴールド、その他カスタムカラーも選択可能です(これまでの例だと70色以上から選べる)。

lamborghini-huracan-sto Novitec (8)

足回りについてはローダウンスプリングの他、車高と減衰力の調整が可能なサスペンションキットもラインアップ。

減衰力については14段階のセッティングを試すことができ、車高だと最大で3センチのダウンが可能です。

lamborghini-huracan-sto Novitec (3)

ちなみに今回パワートレインのアップグレードについてはリリースされておらず、しかしサブコンなどいくつかの製品が発売されるのではないか、とも推測しています(パワーアップしなくとも、5.2リッターV10/640馬力に不足を感じる人は少ないと思う)。

lamborghini-huracan-sto Novitec (6)

インテリアの画像も公開されており、しかし変更範囲については紹介されていませんが、これまでのノビテックの例からして「どのような顧客の要望にも応える準備」ができており、あらゆるカスタムに対応していると考えて良さそうですね。

lamborghini-huracan-sto Novitec (5)

合わせて読みたい、ノビテック関連投稿

ドアミラーはGT3マシン風!ノヴィテックによるフェラーリF8スパイダーのチューニングキットが発売に。エキゾーストシステムは純銀コーティング、0-100km/h加速は2.6秒
ドアミラーはGT3マシン風!ノヴィテックによるフェラーリF8スパイダーのチューニングキットが発売に。エキゾーストシステムは純銀コーティング、0-100km/h加速は2.6秒

| チューニングメニュー次第にて最高出力は802馬力 |この記事のもくじ| チューニングメニュー次第にて最高出力は802馬力 |全てのパーツを装着すれば1000万円くらいはかかりそうだフェラーリF8ト ...

続きを見る

ノビテックよりランボルギーニ・ウラカンEVO RWD用カスタム/チューニングパーツ登場
【動画】ノビテックよりランボルギーニ・ウラカンEVO RWD用カスタム/チューニングパーツ登場!センターロックホイールは約280万円、インコネル製エキゾーストは120万円

| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD特有の「トンガリ」が強調されているようだ |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD特有の「トンガリ」が強調されているようだ |ノヴィテック ...

続きを見る

ノビテックがフェラーリ・ローマ用のカスタム/チューニングを公開!エアロパーツは純正リスペクト、出力はなんと84馬力もの向上を果たす
ノビテックがフェラーリ・ローマ用のカスタム/チューニングを公開!エアロパーツは純正リスペクト、出力はなんと84馬力もの向上を果たす

| もちろんパワーアップによって加速、最高速ともにパフォーマンスが向上 |この記事のもくじ| もちろんパワーアップによって加速、最高速ともにパフォーマンスが向上 |純正ライクなエアロパーツがなんともカ ...

続きを見る

参照:NOVITEC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5